失礼な敬語5つ。あなたも気づかぬうちに使っている?

現代日本人は「いただく」が大好きである。しかし、無闇に使っては敬意を表す気持ちが失われてしまって本末転倒だ。ここでは、よく使われているわりに誤用の多い「いただく」について解説する。

01.
「いただく」

142786210

「いただく」という敬語が、正しく使われているとは言いがたい。スーパーの食品売り場からもおかしな「いただく」が聞こえてきた。

「どうぞー。お味見もいただいておりますよー」

この文言は、「味見ももらっている」と言っているのである。これは日本語として通用しない。言いたいのは「味見してみてください」ということだろうが、それならばわざわざ「いただく」を使う必要はない。「どうぞ召し上がってみてください」「ご試食、いかがですか」など、他の表現はたくさんある。「いただく」さえ使っていれば上品だということはないのである。

02.
「~していただいてもよろしいですか」

1651625138216212

最近は「~していただく」という言葉もよく聞く。「~していただきました」(~したのは目上であるあなた)とはすなわち、「私はあなたに~してもらった」であり、これが意味するのは「あなたが~した。私はうれしかった」ということだ。

「~してもらえないか」と言えば、人に何かを依頼したり、命令したりできる。しかし、最近では「~してもらってもいいですか」を「~してください」の意味で使う人が増えた。聞き手に対して「~してほしい」と言いたいときに「~してもらっていいですか」と言うようになったのである。これは依頼の表現「~してください」の敬意の度合いが下がって、命令のようにも聞こえるということで、使いづらくなったためだろう。

「~てください」に代わる言い方として、「~してもらえますか/いただけますか」「~してくださいますか」などいろいろあるが、皆申し合わせたかのように、「~してもらってもいいですか/いただいてもよろしいでしょうか」を使うようになった。不思議な現象だ。

03.
「先生がご説明いただいた」

281874086

「~してもらう」と「~していただく」の違いは敬語かどうかということだけだが、「~してもらう」を使った文にはまず見られない文法上の誤りが、なぜか敬語の「~していただく」のときには頻繁に表れるようになった。それは助詞の間違いである。

「先ほど先生がこのことをご説明いただいたんですけど」

もちろんこの文の場合、「先生が」ではなく「先生に」が正しい。「~してもらう」「~してくれる」を使った文では「が」と「に」を混同する人はいないと思うが、敬語の「いただく」「くださる」になると混同する人が出てくる。

「くださる」と「いただく」がほとんど同じように使われる場面もある。デパートやスーパーなどでよく聞かれるアナウンスがそれだ。

「本日は、ご来店くださいまして、まことにありがとうございます」
「本日は、ご来店いただきまして、まことにありがとうございます」

アナウンスでは「誰が」「誰に」が表れていないため、いざ助詞が必要になったときによくわからなくなる。助詞の誤用の元となったのが、このようなアナウンスであると言える。

04.
「買ってきてもらってありがとう」

Woman opening a present

「もらう」と「くれる」の違いだが、「くれる」のほうが与えた人の意志性や親切心がよりはっきりと出る。「友達がお弁当を買ってきてくれた」なら「友達が私の分までお弁当を買ってきた。私はうれしかった」となり、「友達にお弁当を買ってきてもらった」だと「私が友達に頼んだ結果、友達が私のためにお弁当を買ってきた。私は友達に感謝している」ということになる。「買ってきてくれてありがとう」は言えるが、「買ってきてもらってありがとう」は不自然だ。

しかし、「くれる」と「もらう」のそれぞれの敬語を使ったアナウンスになると、その差はほとんど感じられない。「ご来店くださいまして、ありがとうございます」と「ご来店いただきまして、ありがとうございます」とでは前者のほうが本来は自然な日本語であったのだろうが、現在は後者を不自然だと見なす人はいない。

『明鏡国語辞典』を真似て書くと、「もらった側を主語にとる『いただく』のほうが、私たちの喜びや感謝の気持ちがよりはっきりと出る」と感じる人が多くなっているのだろう。

05.
「お名前様をちょうだいしても
よろしいでしょうか」

220246945

相手の名前を尋ねる際にも、おかしな「いただく」が使われている。「お名前様をちょうだいしてもよろしいでしょうか」これはシンプルな敬体に直すと「名前をもらってもいいですか」となる。

「お名前様」は過剰敬語というより完全な誤用である。「お名前」だけで目の前の相手はもちろん、目上の第三者の名前のことにもなる。「ご職業を教えていただけますか」の代わりに「ご職業様をちょうだいできますか」などと言う人はいない。「ちょうだいしてもよろしいでしょうか」、すなわち「もらってもいいですか」を「教えてください」の代わりに使うことはできないのである。

へりくだって丁重に話すときに重宝される「いただく」であるが、用いる際には元の「もらう」の意味を思い出して、適切に使っているか注意を払ったほうがよいだろう。謙虚な気持ちから使った「いただく」が、その機能を果たさないどころか、逆効果になってしまう。

失礼な敬語 誤用例から学ぶ、正しい使い方
コンテンツ提供元:光文社

野口恵子/Keiko Noguchi

日本語・フランス語教師。青山学院大学文学部フランス文学科卒業後、パリ第八大学に留学。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。フランス語通訳ガイドを経て1990年より大学非常勤講師になる。著書に『かなり気がかりな日本語』(集英社新書)『バカ丁寧化する日本語』(光文社新書)など。

謙譲の表現というと「させていただく」を思い浮かべる人は少なくないと思うが、使いこなすことが相当難しい表現である。それでは「させていただく」について解説して...
大勢の人がコピーする「マニュアル敬語」、ちょっとおかしい「コピペ語」など、周りの人の言葉づかいにつられ、あなたもつい使ってるのでは?ここで、流行語化した語...
「とりあえず丁寧に言っておけばいいだろう」「なんか違うような気もするけど、みんなが使ってるからいいか」こうした考えの人が増えると、過剰敬語や誤用が氾濫する...
言葉は変わるものである。しかし、あまりにも安易に、あまりにも速く、あまりにも間違った方向に変わるのを、のんきに眺めているわけにはいかない。それでは、巷にあ...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
謙虚な人って、なんだかんだで、みんなから好かれている。目立たないけど、人当たりも良くて嫌がられない。自分もあんなふうになりたいな、と思ったことはありません...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
地位が高いわけでもなく、経験や知識があるわけでもないのに、自分で勘違いして他者への優位を示そうとする人がいます。つまりは「上から目線」ということですが、そ...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
メール、業務日報、プレゼン資料など、ビジネスにおいて文章を「書く力」が求められるシーンはたくさんあります。ベストセラー『女性の品格』でおなじみ、坂東眞理子...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
幸せオーラに包まれた憧れの「愛され女子」になるには、どうしたらよいのでしょうか。「愛され女子」に共通する特徴や行動などを10項目に厳選し、ご紹介していきま...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
年上女性にアプローチしたくても、どうやったら良いのか分からない!という男性も多いのではないでしょうか?そこには、「自分よりも年上だから、経験があり見る目が...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
失敗、挫折、失恋…、一度悪く考えてしまうと、どんどん負のスパイラルの深みに嵌まることがあります。いわゆる“ヘコんだ”とき、実はこのときが、「最も危険な負の...