週一回でプライベートも充実!?英語が好きな女性に知ってもらいたい「仕事」って?

「子どもと接するのが好き」「やっぱり好きな英語を活かした仕事をしてみたい」と、密かに思っている女性にオススメしたいのが「ECCジュニア」のホームティーチャー。

実は副業の選択肢としても、キャリアアップのための取り組みとしてもピッタリなんですよ。

ただの「英語の先生」
ではありません

7983bf329c35dba15790ed10d8c98a1c1ddfc5d2

ホームティーチャーの醍醐味は、子どもたちに学ぶ楽しさを教えつつ、自分自身も学ぶ「機会」が持てること。

子どもたちと心を通わせることで、今まで気づかなかった新しい自分に出会えたり、ピュアな気持ちで“好きな仕事”をするマインドをキープできたりする。

子どもに英語を教える。それは、ある意味、自分をリセットしてくれるという側面も含んでいるのです。

また、「ECCジュニア」には、英語以外に算数や漢字のコースもあるので、自分の得意分野を活かしながら、“教える楽しさ”を実践することも可能なんです。

なんと言っても、子どもの成長を支えることって、自分自身を大きく成長させることに繋がるんですよね。

働き方は自由!
ナント週1日でもOK

34f43548c82c6feade4832a1465418e84454ed4c

他の仕事と両立させたり、子育てしながら時間を調整したり、あるいは、会社勤めや子育てが一段落した後の再スタートに…

ホームティーチャーの働き方は、ライフスタイルに合わせて様々な設定が可能。実際、なかには週1日という人だっています。

自分の時間や家族との時間を大切にしながら、他の仕事をしながらでも、長く続けられる。ホームティーチャーには、そんな側面もあるんですね。

英語以外のスキルアップも
のぞめます!

B3f4d13adba1994910ffd17339d04d7925f71b5d

多くのサブワークは、収入源のひとつと位置づけられることが多いようです。ホームティーチャーも仕事である以上、収入源ではありますが、コミュニケーション力や経営センスなどの側面でも“上”を目指すことができるというメリットも!

まず、普通では知り合えない、さまざまな職種や年齢のママやパパとの出会いがあります。日々のやり取りでコミュニケーション力が磨かれ、先輩ママから人生のヒントをもらったりすることもできます。

また、「目指す収入・生徒数」「どれくらいの経費をかけるか」はすべて自分次第。理想の教室像への計画を立て、能動的に動いていくことで、経営者としての視点を養うことも可能です。

自己鍛錬の心構えと経営視点。この二つをスキルアップできるサブワークは、貴重と言えそうです。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

プライベートでの
付き合いも幅広く!?

049a6cb807f93cdad5fb8bc6cbeb10be428559c1

言うまでもなく、地域での人と人とのつながりは、プライベートにおいても重要です。コミュニティへの参加や顔見知りの有無というのは、暮らしやすさに直結しています。

その点、ホームティーチャーは地域に根ざした仕事です。

子どもたちに英語を教えるという仕事を通じて、地域コミュニティとも密接につながることができます。教え子たちの両親だけでなく、教室運営にあたって関わる多くの人との交流を通して、仕事だけでなく生活全体が充実してくるはずですよ。

現役ホームティーチャーが口にする
意外なメリット

C838c5123ad789f910df64cec5ecbba7995c5f19

現役のホームティーチャーの中には、小さなお子さんを持つ方もたくさんいます。

そんな彼らからは「教室内での経験から、子育ての学びや気づきが得られました!」という意見がよく聞かれます。

というのも、「ECCジュニア」の対象年齢は、2歳から中学生まで。とても幅広いんです。そのためにさまざまなタイプの子どもたちに日常的に触れることができます。育児という面においても、自身が学ぶ絶好の機会とも言えそうですね。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by 株式会社ECC
仕事もプライベートもどちらも充実させるのは難しいこと!と思っていませんか? そう考えた時点で、あなたにとってはずっと難しいものになってしまいます。でも実は...
仕事もプライベートも充実させて、自分らしく楽しい人生を送りたいものですよね。でも、実際、仕事は多少つらくても頑張る、その分プライベートでは息抜き…なんて思...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
さて、質問。アナタは「cute」と「pretty」の違いを説明できますか?おそらく、自信を持って「できます!」と言える人は少ないはず。ここでは、書籍『cu...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
普段何気なく使っている日本語が、いかに奥深いものであるか。なんとなくは分かっていたものの、改めて“特殊な言語”を扱っていることに気づかされます。「Othe...
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
毎朝、出勤ギリギリの時間に起きて、朝ごはんを食べる余裕もなく、バタバタと身の回りの準備をして、家を出る。こんな生活を続けていては「素敵な女性」になるチャン...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...