あまり深く考えず、とりあえず流されてみる。思考をやわらかくする11の方法

自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、どんな人でも思考はどんどん固くなっている。

思考を自由にするために、日常を壊そう!
なにをやっても続かない。飽きっぽい。それもひとつの才能かもしれない。

01.
知らない世界をどれだけ目撃するかによって、人生の満足度が決まる。

どれだけ外見にお金をかけたとしても、好奇心のあふれている人の魅力には勝てない。

thinking

02.
旅のように生きる。

自分のやっていることのなにが駄目で、なにが有益か。リミットを決めたときに初めてわかることもある。

03.
定期的に“引っ越し”をしながら人生を創っていこう。

いちど組み立てたブロックをいつまでも大事そうに眺めている子どもより、すぐに飽きて壊して、新しい作品を創りはじめる子どもの方が成長が早い。

classes

04.
ふだんから意識的に「いつも選ばない方」を選んでいないと、いざというときに冒険できない。

自分の自由は、自分から与えるもの。毎日同じ銘柄のペットボトルを買い続ける理由はどこにもない。

05.
自分にいくら才能があったとしても自分が知らない場所では、発揮することができない。

きみがのんびり寝転んでいる間にも、世界のいたるところでとんでもなくおもしろい化学反応が起きている。

thinking

06.
自分から変わる人には自由があるが、変化を邪魔する人には自由がない。

「変えるべきではない理由」を挙げはじめたらきりがない。つべこべ言わずにまずはやってみること。

07.
あまり深く考えず、とりあえず流されてみる。

合わないと思ったらただちにやめればいい。合わないと確認できただけでも、流されてみた価値はある。

thinking

08.
ディテールを自分の目で確かめる。

旅の魅力は、その土地を身体で感じることで初めてわかる。

09.
順調なときこそ、次の準備をする。

「いいとき」が続くほど、「悪いとき」の想像ができる人は強い。

thinking

10.
1時間考え込むよりも、10分移動した方がクリエイティブだ。

一カ所に固まるよりも、移動しながら仕事をした方が効率はいい。アイデアに行き詰まったら、まずは外に出てみることだ。

思考をやわらかくする授業
コンテンツ提供元:本田 直之

 

考えれば考えるほど深みにはまり、負のスパイラルに…。考えすぎは、結局時間をムダにしているだけかも。その打開策をライターのEevee G氏が「I Heart...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
人生において「面倒くさいこと」というのは、放置すればするほど大きくなっていきますが、「小さな面倒」をクリアにしておくと、負の連鎖から抜け出し、日々のストレ...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
生きていれば、良いことも悪いこともあります。ここで注目したいのは後者に直面したとき、つまりピンチのときについて。「Elite Daily」の女性ライター、...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...
失敗、挫折、失恋…、一度悪く考えてしまうと、どんどん負のスパイラルの深みに嵌まることがあります。いわゆる“ヘコんだ”とき、実はこのときが、「最も危険な負の...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
考えすぎて疲れることがよくある。物事を決める時に、あれこれと思考を巡らせすぎて時間がかかる。周囲の環境に影響されやすい。友達に「気にするな」と突っ込まれる...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...