就職したい若者の4人に1人が「スーツを持ってない」って知っていますか?

現在、日本には200万人以上の
「若年無業者」が存在する

若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題があると決めつけられてしまうのが今の日本の風潮だ。
ニートや貧困家庭の若者就業支援は新しい社会問題であるため、現在、日本の政府・行政のなかに若者支援を行う部署まだない。

dont have suitsReference:政策提言「若者の仕事」

現在、若年無業者の数は200万人以上に。
そして、一人の若者が仕事に就けないままでいることと、働くことができるようになることとのコストギャップは1億5000万円とも試算されている。
この幅や対象者数を考えても、いち早く彼らがよりよい形で社会に(再)参入し、働けるようにすることは、社会が抱えるさまざまな問題を解決に導く最善策と言える

そこで立ち上がったのが、若者と社会をつなぐ活動をしているNPO法人育て上げネットだ。彼らは今、若年無理業者の実態を詳細に分析した、第二弾『若年無業者白書』を出版しようとしている。

■第一回の白書から出てきた新たな課題

2013年に出版された「若年無業者白書ーその実態と社会経済構造分析ー」。本の内容は、無業の若者が多数存在し、その状態から抜け出せないという課題を「社会問題」として訴えるというものだった。そこから、若年無業者は以下3つのパターンに分かれるという分析もできた。

求職型:無業者(通学、有配偶者を除く)のうち、就業希望を表明し、求職活動をしている非求職型:無業者(通学、有配偶者を除く)のうち、就業希望を表明しながら、求職活動はしていない非希望型:無業者(通学、有配偶者を除く)のうち、就業希望を表明していない

特に非求職型および非希望型の"暮らし向き"が、求職型と比較してあまりよくないことも分かった。

例えば、若年無業者のうち就職活動用のスーツを持っていない割合は4人に1人ということがわかった。その他、携帯電話、運転免許証、パソコンの保有割合も若年無業者は低く、求職型、非求職型、非希望型となるにつれて低下する。

実際、日本ではじめて若年無業者の実態を明示したこの作品は、多くのメディアに取り上げられ、話題となった。

しかし、それぞれの若者が抱える「課題」や「問題」の本質を明らかにするところまでは踏み込めてはいない。第2回目となる今回の出版プロジェクトは、そんな課題から生まれたものだ。

■新たな若年無業者白書での取り組み

readyfor2

NPO法人育て上げネットが明らかにしようとしているのは、上記3パターンごとの分析。例えば、「男女」「学歴」「年齢」「無業期間」「暮らし向き」など。
これまでは、彼らをどう支援していいのか、さらに、支援している団体がいても、その具体的な活動が明らかにされる機会はなかった。若年無業者に共通する要素がより明確化されれば、解決はもちろん、予防も可能となるはずだ。

■日本政府に若者支援担当部署を設置させたい!

彼らのゴールは、日本政府・行政のなかに若者支援を専門に行う部署を設立させること。分析結果をまとめた無業者白書を提出することで、硬直している現状を打破しようと考えているのだ。

■この活動は日本だけでなく、海外の若年無業者も救う

毎年、日本にはさまざまな国から若者支援に関わる専門家や研究者、メディアが視察に訪れる。「第一回若者無業者白書」は韓国で翻訳出版されるまでに至った。
この取り組みを海外へ発信することもまた、政府の役割である。とプロジェクトマネージャーの工藤さんは言う。
今回制作する白書を彼ら自身で英語訳し、海外の若者支援活動への貢献もしていきたいと考えている。

現在、NPO法人育て上げネットは白書の制作費をREADYFORで募っている。これからの未来を作る若者のために、是非協力をお願いしたい。

btn_sony_150417

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
西きょうじ/Nishi Kyouji東進ハイスクール英語講師。執筆参考書多数、なかでも『ポレポレ英文読解プロセス50』は20年以上”上位受験生のバイブル”...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...