デキる男の部屋に共通する「5つのこと」

整理整頓ができる、生活感をなくす、ものを置かない…部屋をセンスよく見せるのは、一見難しいことではないようにみえます。
でも、本当にデキる男は、常識と逆のことをしているもの。もちろん自分を形づくる部屋のあり方だって同じこと。彼らにはどんな共通点があるのでしょう?

01.
整理整頓にこだわらない
だが、自分なりの秩序がある

意外かもしれませんが、デキる男の部屋は、必ずしも整然としているわけではありません。むしろワークデスクには、本や資料、筆記具にメモなど、様々なもので溢れていることが多いのです。実際、スティーブ・ジョブズ、アルベルト・アインシュタインといった、天才と呼ばれる人たちの机は散らかっていたそう。

彼らの部屋には、自分なりの秩序があります。一見雑然としているように見えても、必要なものを必要なときに取り出すことができるのは、そこに明確なロジックがあるから。その場所に、そのものがある意味を説明できるのであれば、整理整頓を行き届かせることは、必ずしも重要ではないのです。

02.
不要なものだって
許容する

仕事に関係のない小説や雑誌のスクラップ、友人にもらった海外土産の置き物…。部屋の中に一見不要なものが置いてあるのも、デキる男の共通点です。

よくビジネスの現場でも、ロジックに加えて、直感力が重視されることがあります。デキる男の部屋にある“一見不要なもの”たちは、いわばその直感の部分。自分自身が理屈抜きで気に入っているものを身近に置いておくことで、感覚的な部分を残しているのです。

03.
「運」を招くものがある

プレゼンがうまくいって、大きな商談がまとまったとき。力を尽くしたプロジェクトが無事成功したとき…。デキる男の多くは、それを忘れないため、戦利品をかたちにして残します。
例えば、プロジェクト進行中によく使っていた万年筆や、勝負時に締めていたタイ。それを部屋の見えるところにレイアウトするのが、ポイントのひとつ。

なぜなら、勝利や成功を収めたとき傍らにあったものには、「運」が宿っていると考えられるから。こんなちょっとした験担ぎが、自分を成功に導いてくれるのかもしれません。

04.
見せられないものを
持たない

cf83ae6b4ece836f1bcc4b9b1a4c64eec8a20525

世の中には収納術に関する本やテクニックが溢れていますが、そもそもデキる男は、人様に見せられないようなものは持っていません。もちろん見せるべきでないものは、しまっておく必要があります。しかし仕事道具や本・趣味のアイテムなどは、すべて自分のアイデンティティとなるもの。隠す必要なんてないはず。

考えるべきは、いかに「しまう」かではなく、いかに「魅せる」か。デキる男の部屋には、魅せるにふさわしい家具が備えてあるものです。

05.
自分が認めたものだけが、
その部屋にはある

部屋は、そこに住む人間の心の中と同じ。心の中は、必要なものとそうでないものが、一緒くたになっています。デキる男は自分に必要なものが何かを理解し、きちんと心の中でより分けているもの。

それは部屋も同じ。デキる男の部屋には、自分が認めた本当に必要なものしか置いていません。手に入れた金額がいくらかではなく、将来を見据え、10年後の自分ですら必要とするものを持つことが大事なのではないでしょうか?

btn_otsukakagu_151008

Sponsored by 大塚家具

「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
ヒモ男が持つ特徴に母性本能がくすぐられて、いつのまにか貢いでしまう女性も。好きな男性に尽くすことで、男性が女性を幸せにすることは何の問題もありません。が、...
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
生きていると「世の中は平等ではない」と思うこともありますよね。周りは幸せなのに、なんで自分だけ上手くいかないんだろう…と。でも、嘆くより前にやるべきことが...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
少し古風な言い回しですが、現代にも「粋な男」というのは十分に褒め言葉として通用します。ただし、その定義は漠然としたもの。 ここでは、一般的に「こんなところ...