恋人との付き合いを考え直すべき「7つのサイン」

恋人との日常にイマイチ手応えが感じられず、自分に自身がない人たちへ。この記事で伝えたいことは、「付き合う相手を間違えているかもしれない」というサインの見分け方です。もしかしたら、すでにふたりの関係は終わりを迎えているのかも?

01.
なぜかいつも自分だけ
家事分担がフェアじゃない

Depressed housewife and an iron.

付き合っている相手よりも、自分の方が多く努力しているように感じませんか?たとえば、普段の生活のなかで自分だけ料理や洗濯をしているにも関わらず、パートナーは寝転がってテレビを見ているだけ。あなただけに責任がある訳ではありません。そこを全く理解していないような相手だと…。

02.
満たされるはずが、
エネルギーを消耗する

一緒にいるだけで、何かと疲れてしまう。それは決していいことじゃありません。愛している人といる時には、胸が高鳴ったり、安心感を与えてくれるもの。そうした感情は新たなエネルギーをくれるものですよね。それが、充電できずに放出してしまうというのは問題。ストレスや疲れを感じるのは、心がどこかでムリをしている証拠です。

03.
相手を「楽しませなきゃ…」
気を使うばかり

000024336638_Medium

これが典型的なサインですが、一緒にいるだけで“楽しい”という感情が、もしも薄れてきているのなら、共に寄り添うパートナーではないのかも。楽しさを見出せないと、「自分が相手を楽しませなければいけない」と演じるあまり、次第にムリが生じて不安がつきまとうようになるからです。

04.
一緒にいても
ドキドキ感が薄れてきた

出会った頃のドキドキするような情熱、それをキープし続けることは至難の技。付き合っていくうちに、どうしたって薄れてきます。それでも恋愛は、ワクワクしたり、やる気を起こさせてくれるもの。これが「最近感じられない」と思うようならば考えもの。毎日がつまらないなんて、そんなの恋愛じゃありません!

05.
二人の未来のイメージが
湧いてこない

_000016495366_Medium

5年後、10年後の二人の姿をイメージすることができますか?これだけは覚えておいてくださいね。人生において、あなたが恋人との未来を思い描くことができないのならば、そのパートナーとはいい関係にあるとは言えないのです。あなたに相応しい相手とならば、たとえおぼろげであったとしても、将来の二人を意識するはず。

06.
相手のためだから…
自分を犠牲にすることがある

もしも、愛する人に遠慮して「自分を犠牲にしている」と感じる節が少しでもあるのなら、別れた方が賢明でしょう。愛には遠慮なんて不要です。ましてや、自分を犠牲にしてまで守らねばならない恋愛がありますか?

07.
家族や友だちに
会わせるのが不安

This day is dragging

休日にどちらかの実家に一緒に帰ったり、あなたの親友たちとみんなで飲みに出かけることがありますか?恋人をあなたの大切な人たちと合わせることに、少しでも不安や抵抗感、恥じらいを感じているのなら、付き合いを見直すべきです。一番身近な人たちに合わせられない相手だとしたら、今一度、自分の心に聞いてみましょう。「本当にこの人で間違いない?」って。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
なんとなく上手くいっていないと感じていても、とりあえず関係を続けてしまう。そんな経験、誰しも一度はありますよね。もしかすると、「現在進行形」の人だっている...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか...
「Collective Evolution」でライターのMark DeNicola氏が、今の恋人とこれからも付き合っていくべき8つのサインを紹介しています...
「刺激的な関係だけが、恋愛ではない。恋人がいるお陰で、生活が楽しくなり毎日感謝できるようになる。それこそが本当の恋だ」。そう独自の恋愛論を展開するのは、「...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
「Elite Daily」の女性ライターGigi Engle氏が、恋愛に関して「大人の意見」を述べています。今回は「浮気された経験」すらポジティブに捉えて...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
アメリカ人ブロガーJordan Gray氏は、Amazonのベストセラー作家のひとりににも選出された、いま売れに売れている人気恋愛作家。その彼が自身のブロ...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
海外に熱狂的なファンを持つ、恋愛の伝道師ポール・ハドソンさん。彼が「Elite Daily」に書いたのは、女性たちから多くの共感を得たこんな記事。本当に大...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...