ダンクシュートに憧れ続けた少年の、半年間の「成長記録」が話題に

豪快なダンクシュートは、すべてのバスケ少年にとっての悲願。ここで登場するマルテ君とて例外ではない。

とはいえ、身長173cmの彼にとっては相当に高いハードル。だって、始めはリングに触れることすらできなかったのだから。

しかし、そこからの半年間で彼が描く成長曲線は驚異的。以下の動画からは、継続的な努力とそれに比例した進化が目に見えて感じられる。

イイワケなんか、
してる場合じゃない。

Week 1〜2

トレーニング開始からはじめの2週間はリングに触れることもできず。

Week 3

B6a23022186197a078b75e82aa4fa0f1c78f8988

やっと片手でリングを掴めるように。

Week 5

22738e59077c2530cc5f95587484f9f55e75c6dc

両手で触れることができるようになり、

Week 6

9ede11b29e4a0c66c31a8eb12058d3d0725ecef7

両手でガッシリ掴めるように。

 Week 12

9d18f2ffb827e1feb07fe31fcb618e7bfb4dcc3904aea4487324e88d955399aa5f0275e27b482e91

ここからボールを使った実践トレーニング。ジャンプと同時にボールを投げてもらい、ダンクシュートのイメージを膨らませる。

ボールを小さなものに変えて
トレーニング

Week 15

6738c1cc3c574fca161135f88ac955387c8c1949

徐々に型ができ始め、

Week 17

7a6043b5da619be741660480f5f479009cad6daf

小さなボールではダンクシュートができるように。

ここでボールを元に戻す

Week 20

5e36350294aecb7e31a6ffd9e3e9b1c248b5b02a

かなり体に染み込んできた模様。

Week 23

Ba3127d041ffeef45ef24b102abfc4856c3b43ef604caa666e266140118748954f07d0d3feb5a47bFc458f14dbe7d4ad4ce6309ca3d5c63fa453b877

そして迎えた
Week 25

ついに完璧なダンクシュートに成功。

8100257c941d287aa4a93c89010c64406d61714d2ad2ba668f3e1ddd85bf89856074ac52c5386576Ff9fc32b77cb0062bd635e67de1de9863968bf84

動画の最後には、彼からのこんなメッセージが。その内容は、バスケットボールプレーヤーであろうとなかろうと、多くの人の胸に響くはずだ。

「一生懸命努力を続ければ、生まれ持った身体能力なんか関係ない。イイワケなんか、目標達成の邪魔にしかならないよ」

Licensed material used with permission by Road To
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
遺伝子疾患で生まれた真っ白いグレートデーン。「きっと長くは生きられない」と獣医から告げられた日から、飼い主は子犬との別れの日までを映像に残すことに決めまし...
「失恋 海 哀しい」なんともおセンチな検索ワードからはじまる、非モテ男の成長記録をお届け。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国の青い海を舞台に本物の...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
プロカメラマンの父(ジョーンズさん)のもと、カメラの取り方を習得した息子のスタンリーくん。1歳半の子どもならでは視点で撮影された写真は、大きな反響を呼びま...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
Instagramで約20万人のフォロワーを持つアカウント@reagandoodleは、アメリカ・ポートランドに住む3歳の少年と、愛犬の成長を記録したもの...
ロシアで話題のイケメンYouTuber、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...