本当は断りたいのに「YES」と言ってしまいそうなとき。これを思い出して!

仕事でもプライベートでも、相手を喜ばせたくて、つい「YES」と言ってしまうことってありますよね。嫌われることを恐れて仕事を引き受けてしまったために睡眠不足に陥って、結果的にミスをしてしまったり。

「誰かを幸せにしてあげたい」というのは、きっと誰もが持っている素晴らしい感情です。でも、もしあなたが本当は引き受けたくないことに「YES」と言ってしまいそうになったら、これから挙げる5つのことを思い出してください。

01.
他人の感情に
責任を感じる必要はない

795d7b18cc73b964707e73cf8c9fb6705017a49e

友人や同僚、家族の頼みを引き受け喜んでもらうためには、時間をかけ、責任を持つ必要があります。誰もが自分の「感情」を持っていますが、他人の「感情」を感じることはできません。

それは喜びだけでなく、怒りや失望のようなマイナス面でも同じです。ネガティブな気持ちになっている他人を守ることは、あなたの義務ではないのです。

02.
相手を喜ばせなくてもいい

多くの人が、周りからの要求に対して「YES」と答えます。そうすることで、簡単に相手を喜ばせることができるからです。そして、頼みごとをしてきた相手はこう言うでしょう。

「これをあなたに頼むのは心苦しいけど、他の誰にも頼めないの。あなたはとてもいい友人だから!」

相手を喜ばせることは、簡単です。でもそこに責任を感じる必要はありません。

03.
どの選択をしたとしても
全員を満足させることは無理

66eceeecd62e3f49c4fa5feac92b84ca7ead7dc9

たとえば誰かが「この商品は最高だ」と言ったとしても、そうは思わない人も確実に存在します。

それは、ビジネスでも同じこと。あなたが休日の予定のことを考えていても、仕事で使うソフトの更新のことを考えていても、いずれにせよ「不満を言う人」と「満足する人」がいるでしょう。すべての人に喜んでもらうことなんてできないんです。

04.
誰かの役に立つには
「代償」が必要

みんな本心では「誰かの役に立ちたい」と思っています。相手を動揺させたり、傷つけたいわけじゃなく、自分の気持ちを伝えるために、時間や神経を消耗しているんです。

悩んだり、沈黙したり、あとから発言を訂正することは、あなたをどんどん不利にしていきます。もしそれだけの時間とエネルギーを他のことに費やしたら、もっと充実した日々が送れるはず。

05.
「喜ばせたい」という思いは
ただの自己満足かも

Cfcfb106e4d819bce49a163e8aea3768a922fad8

「NO」と言えない、もっとも一般的な理由は、相手から「自己中心的だ」と思われたくないからです。しかし本当は、相手に好かれたいという思いで「YES」と言うことは、自己満足でしかないのです。

簡単に「YES」と言うことで、結果的にあなたは友好関係を傷つけてしまうかもしれません。

【自分の価値観を大切に…】

誰かを喜ばせようということばかりに気を使っていると、自分の価値観や信念を見失ってしまう可能性があります。目標を達成するために多忙になり、友人や仲間も疲弊してしまうでしょう。

発言や行動は、あなたの信念に沿ったものでなくてはいけません。

Licensed material used with permission by Amy Morin,LCSW
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
せっかく飲み会に誘ってもらったのに、どうしても参加できない。「なんだか、断るの申し訳ないなぁ…」なんて状況はよくあることですよね。でも、これくらいウィット...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
就職してしばらく経って、自分ではそれなりに経験を積んできたつもりなのに、なぜかまだ「新人」「若手」扱いされちゃう、なんてことありませんか?その原因は、あな...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
仕事がつまらない…。と、感じることはありませんか?私は長年同じ職場に勤めましたが「仕事に飽きた」ことはいちどもありませんでした。少しの気付きで、モチベーシ...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...