男が持てる「かわいいライター」。

男っぽい無骨なオイル式か、いわゆる使い捨てかの2択になりがちなライター。そのなかにあって、この「ペリカン」はかわいいルックスが新鮮です。しかも、いかにも女性っぽいかわいいじゃなくて、男性でも持てるかわいい。

もとはオーストリアの〈IMCO(イムコ)〉が1968年に発売した「バード」というモデルで、日本の〈拓製作所〉がブランドを引き継ぎ2013年に復活させたものになります。お値段も2,000円〜3,000円ぐらい。

オリジナルはオイルライターで、こちらはフリント式ガスライターなど変更点はありますが、特徴的なデザインはオリジナルのままです。微妙な色味とか、アメリカや日本のそれと違う、ヨーロッパっぽいニュアンスを感じます。

見ての通り、置いているだけで絵になるヤツですが、使ってみるとこの形状も握りやすくていい。手のなかにピタッとおさまります。

とはいえ、あくまで日用品なので、どこでどう使うという話じゃありません。

ただただカワイイよね? どうせ持つならコイツはどうでしょう? といったアイテムですね。

写真のオレンジ以外のカラーも発売しているので、興味のある人は「IMCO ペリカン」で検索してみてください。

E6b1246f340b352bf09bef778d8c0077312c37d1358112ef16acd52cfbc194fd1906d62e551f31648272ee4fdeab8df2746fe54c5a333f2b907e0da4

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

昔から〈BIC〉ライターが好きで、タバコ屋さんへ行くと、つい手が伸びてしまうんです。アイスキャンディのような、ポップな色合いがかわいいですよね。僕は、買う...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
「本当になりたい自分」のビジョンを心のどこかに描いている人もいるのではないだろうか。そしてそれは、今の自分ではない。「そろそろ本腰を入れてやろう」と思いつ...
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉による巾着タイプのバッグ。上部はパラフィンを染み込ませたのコットン、下部は馬革という贅沢な作りは、ユニセ...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
これは、カリフォルニアで生まれ育った女性ライター、Samira Behrouzanが、自身の経験から男性の意見を代弁したもの。参考にしてみてね♪彼らが心か...
18世紀オーストリアにおいて絶大な政治力をもった女帝マリア・テレジア。あのマリー・アントワネットの母親です。大のコーヒー好きだったとされるマリアを、この国...
社会現象となった昨年夏の「アイスバケットチャレンジ」。各界の著名人から市井の人々まで、だれもが頭から氷水をかぶりました。「Elite Daily」に掲載さ...
マメにメールしてくれる男性もいれば、まったくしない男性もいます。むしろ後者のほうが多数派かもしれません。女性からしてみれば「メールが返ってこないのは私に気...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
これまでにもレトロなテープライターや固形ペンキなど、手持ちのアイテムをアレンジできるものを紹介してきましたが、コイツもちょっとしたDIYが楽しめる商品。〈...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...