ロンドンの街路樹に添えられた「Dear Everyone」から始まるメッセージ

ロンドンのオックスフォード・ストリート。クリスマスが近づくと色とりどりのネオンがきらめく街路樹、その一角に1本だけ背の低いカエデの木が植わっています。いま、この木が道行くロンドナーたちの心をほっこり温めているんだとか。

細い幹にくくりつけられたメッセージを読むと、その理由が分かるはずです。

お小遣いで買った植木の成長を
みんなで見守って!

Medium 2ee2b079fade21e4c6f710048c57198e245d187a
Dear Everyone
 
My name is Arrabella Cornelius, I am 7.
 
I have planted this tree here for everyone to watch it grow and enjoy. 
Please respect it as I bought it with my own money. Plus my Daddy risked getting arrested planting it!
 
Arrabella xx
 
みなさんへ
わたしは7歳のArrabella Corneliusです。
街行くみんなに成長を楽しんでもらおうと思い、おこずかいの中からこの木を買い、ここに植えました。パパも逮捕されちゃうかもしれないリスクを冒して、木を植える手伝いをしてくれました。だから、みんなもやさしくしてください。
 
Arrabellaより
 
Medium b7608a4706a755720afa467905155be56a11a316

つけひげをしておどける、この子がArrabellaちゃん。お父さん(Neil Cornelius)と一緒にカエデの木を植えた張本人です。彼女のいてもたってもいられない気持ち、分かるなあ。

ある日、仕事帰りに暴漢たちによって、街路樹がいたずらにポキンと折られるのを見かけたNeilさん。オックスフォード・ストリートといえば、世界屈指のショッピングエリアです。無残に折られた木は、やがて市が撤去したものの、その後一向に新しい街路樹が植わる様子なかったんだとか。

Arrabellaちゃんにこの話をしたところ、「パパ、私たちで植えよう。夜暗いうちにやちゃおう!」7歳の子どもらしい発想。だけどNeilさんは「パパ、捕まっちゃうかもしれないよ」と、いったんは娘の提案を退けました。

ところが、Arrabellaちゃんの正義感は本物。

翌日、父親を引きずるように車に乗せホームセンターへと走らせ、自分のおこずかいでカエデの苗木を購入。そして、人通りが少なくなった夜、Neilさんに手伝ってもらいながら、空いたままになっていた道の脇にこの木を植えてしまいました。

もしかしたら、また誰かに悪さをされてしまうかもしれない。そこでArrabellaちゃんは、まだか細いカエデの幹に前述のメッセージをくくりつけた、という訳です。

街の美観をまもる
“ゲリラ・ガーデナー”親子

じつはこの親子、ゲリラ的な植樹はこれが初めてではないんです。以前にも同じウェストミンスターのメリルボーン地区の枯れた木の根元にヒマワリやトマトの寄せ植えをしたことも。

父と娘の植樹が街行く人達の目に止まり、それがSNSで拡散される。いつしか親子についたあだ名が「ゲリラガーデナー」。じつにうまい言い回し!

人々の反応も上々のようでThe Telegraphは、「とっても励まされる」、「この親子がウェストミンスターの美観を守ってくれている」といった声を紹介。地域のコミュニティはこういうところからも広がっていくんでしょうね。

Licensed material used with permission by Neil Cornelius, Gemma O'Brien
樹木が、募金を集める?あなたも、一度は募金をしたことがあると思う。どこの国にも募金を集めて、そのお金で活動している小さな環境保護団体はたくさんいる。しかし...
家の近くに立っている一本の樹に強い愛情を注ぐ女性日差しが強い日にはバケツで川へ水汲みに行き、牛が近づけば追い払う。そして、いつも樹のそばにいて、最大限の愛...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...