ロンドンの街路樹に添えられた「Dear Everyone」から始まるメッセージ

ロンドンのオックスフォード・ストリート。クリスマスが近づくと色とりどりのネオンがきらめく街路樹、その一角に1本だけ背の低いカエデの木が植わっています。いま、この木が道行くロンドナーたちの心をほっこり温めているんだとか。

細い幹にくくりつけられたメッセージを読むと、その理由が分かるはずです。

お小遣いで買った植木の成長を
みんなで見守って!

2ee2b079fade21e4c6f710048c57198e245d187a
Dear Everyone
 
My name is Arrabella Cornelius, I am 7.
 
I have planted this tree here for everyone to watch it grow and enjoy. 
Please respect it as I bought it with my own money. Plus my Daddy risked getting arrested planting it!
 
Arrabella xx
 
みなさんへ
わたしは7歳のArrabella Corneliusです。
街行くみんなに成長を楽しんでもらおうと思い、おこずかいの中からこの木を買い、ここに植えました。パパも逮捕されちゃうかもしれないリスクを冒して、木を植える手伝いをしてくれました。だから、みんなもやさしくしてください。
 
Arrabellaより
 
B7608a4706a755720afa467905155be56a11a316

つけひげをしておどける、この子がArrabellaちゃん。お父さん(Neil Cornelius)と一緒にカエデの木を植えた張本人です。彼女のいてもたってもいられない気持ち、分かるなあ。

ある日、仕事帰りに暴漢たちによって、街路樹がいたずらにポキンと折られるのを見かけたNeilさん。オックスフォード・ストリートといえば、世界屈指のショッピングエリアです。無残に折られた木は、やがて市が撤去したものの、その後一向に新しい街路樹が植わる様子なかったんだとか。

Arrabellaちゃんにこの話をしたところ、「パパ、私たちで植えよう。夜暗いうちにやちゃおう!」7歳の子どもらしい発想。だけどNeilさんは「パパ、捕まっちゃうかもしれないよ」と、いったんは娘の提案を退けました。

ところが、Arrabellaちゃんの正義感は本物。

翌日、父親を引きずるように車に乗せホームセンターへと走らせ、自分のおこずかいでカエデの苗木を購入。そして、人通りが少なくなった夜、Neilさんに手伝ってもらいながら、空いたままになっていた道の脇にこの木を植えてしまいました。

もしかしたら、また誰かに悪さをされてしまうかもしれない。そこでArrabellaちゃんは、まだか細いカエデの幹に前述のメッセージをくくりつけた、という訳です。

街の美観をまもる
“ゲリラ・ガーデナー”親子

じつはこの親子、ゲリラ的な植樹はこれが初めてではないんです。以前にも同じウェストミンスターのメリルボーン地区の枯れた木の根元にヒマワリやトマトの寄せ植えをしたことも。

父と娘の植樹が街行く人達の目に止まり、それがSNSで拡散される。いつしか親子についたあだ名が「ゲリラガーデナー」。じつにうまい言い回し!

人々の反応も上々のようでThe Telegraphは、「とっても励まされる」、「この親子がウェストミンスターの美観を守ってくれている」といった声を紹介。地域のコミュニティはこういうところからも広がっていくんでしょうね。

Licensed material used with permission by Neil Cornelius, Gemma O'Brien
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...