この10のサインがある人は、自分が思っている以上に「ストレス」を抱えているかもしれない。

仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。

Elite Daily」のライター、Trisha Millerさんは、気づかないうちに「ストレス」を溜め込んでいないか、を確認するための10項目をまとめました。以下、紹介します。

01.
睡眠パターンが
大きく変わった

Medium b0242d62ac176ba7a00ab70c389812f3a14adf3c

ストレスの影響の表れ方は、人それぞれです。一日中眠ってしまう人もいれば、不眠に悩まされる人もあります。

どちらのパターンだとしても、自分のいつもの睡眠のリズムと極端にズレる日々が続いて、睡眠のパターンが大きく変わってしまったようなら医師に相談するのがオススメです。

02.
なぜか、体の調子が
「ずっと悪い」

歯を噛み締めて顎が痛くなる、流行りの病気に毎回かかってしまう、発疹やじんましんが出る、不安やパニックに襲われる…。これらの症状は、いずれもストレスが原因で起こる可能性があるでしょう。

病院にかかったり、ストレスの原因を解決することを感がたほうがいいかもしれません。

03.
頭痛や肩こりが
長く続いている

肩こりや頭痛は疲れたときにもよく出る症状として知られていますが、薬でごまかしながら働くことは、もちろんおすすめできません。もしも症状がずっと続いているのなら、放置せずに原因を探し始めたほうがいいかもしれません。

04.
大好きなはずのものに
興味を持つことができない

Medium daeaa0b5b1a52e16989e944ed928aba5ec61dfc7

大好きなことをしていても、以前のようにキラキラした気持ちになれなくなってしまったら、要注意。この状態が悪化して、ただの「ストレス」では済まなくなってしまうことも。

05.
身だしなみに
気をつかえなくなった

ときどき楽チンな服装で出かける…といった程度ではなく、今まで自分がやっていた、最低限の身だしなみすらできなくなってしまったら、危険信号かも。

ルーチンをこなすことも難しくなってしまうほど、過度のストレスがかかっているとも考えられます。

06.
怒りや悲しみでしか
心が動かない

最後に笑ったのっていつだろう?誰かと楽しくおしゃべりしたのって…。そんな気持ちになっていたら、抱えているストレスをすぐに対処したほうがいい段階に来ているかもしれません。

07.
食習慣が大幅に変わった

Medium 7d8484d4772191e2ac5ea2a44f0f4783a079a452

ストレスを抱えていると、食生活に影響が出るパターンは多いもの。普段より食べる量がものすごく増えた、ものすごく減ったという場合は、深刻なストレスを抱えているサインかもしれません。

食習慣が乱れると、体も心もうまく働かなくなり、さらなるストレスを抱えるという悪循環に陥ってしまう場合も。

08.
いつも気だるい感じが
つきまとう

過度のストレスがかかっていると、脳自体に負担がかかってきます。そうなると、脳は休む暇がなく、多くのことを処理するのも難しくなってしまうため、「やるべきことが全然終わらない」「自分のための時間がない」と感じることが多くなります。

忙しい毎日の中にこそ、楽しみや安らぎの時間が必要なのです。

09.
不健康な方法で
ストレスをなくそうとする

過度のタバコや、やけ酒、暴飲暴食など、ストレスを紛らわすために不健康な手段が使いたくなったときも要注意です。とくに、一回で済まなそうだったら、専門家の助けを借りたほうが良いでしょう。

10.
今までにないくらいの
孤独を感じる

Medium 8abf460a58893f855ca126571260832015d49aa3

あまりにストレスが強いと、自分の抱えている気持ちを家族や友だちに話す気力さえもなくなってしまうかも。「孤独を感じている、だけど外に出たくない」。あまりよくないサインかもしれません。

ストレスは度を超えると、自分で気づくことすら難しくなってしまいます。そうなる前に、心の声に耳を傾けてあげたいですね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...
大人は、1日平均7~9時間の睡眠をとったほうがいいと言われていますが、世界の中でも「睡眠時間が短い」と言われる日本人は、きちんと休めていないのではないでし...
この記事のライターDanielle Fagan氏は、ブロガーとしての活動の他、スピリチュアルカウンセラー、占い師、瞑想コーチなどマルチに活躍する女性。「C...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
いつの時代も、ストレスと感じる一番の原因は“仕事”ですよね。任されている案件がうまくいかない、嫌な上司や人間関係、そして通勤中の混雑した電車など、仕事と関...
ストレスで毎日イライラ。心穏やかにする、手軽な方法があればいいのに…。なんて思ったことありませんか?「I Heart Intelligence」のライター...
ポケットの中でスマホがブルブルッ!メールかな?と思って見てみたら、誰からも連絡はなし。そんな経験はありませんか?ジョージア工科大学のロバート・ローゼンバー...
毎日、たくさんの人と関わっていくなかで、相手は自分のことをどう思っているのか、どのような結果を求めているか、と揺るがされ、自分の軸を見失ってしまうときもあ...
仕事にのめり込むのも、好きな人にアプローチするのも、ストレスが溜まった状態ではうまくいかないもの。そこで参考にしたいのは、「Elite Daily」のライ...
最近、なんだかイライラしたり、気分がすぐれないことが多くなったという人は、ストレスがかかり過ぎているかもしれません。ストレスをためる人とためない人の違いに...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
自分の「疲れのサイン」に気づいていますか?疲れは知らない間にたまってしまうもの。自分ではまだ大丈夫、と思っていても、予想以上にたまっていることだってあるん...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
将来の明暗を分けるのは、正しい習慣を身につけるか、間違った習慣を身につけるかにかかっています。概して日本人は控えめに自己表現をしてしまいますが、言葉とはお...
毎日の生活のなかで、明確な理由はないのにストレスを感じてしまうことがありますか?自分では常識だと思い込んでいることが案外、気持ちや行動の自由を奪い、疲弊す...
寝ながら無意識にしちゃう行動。身に覚えのある人も多いかもしれません。なかには友達に指摘されて恥ずかしい思いをした行動や、まずい発言で恋人に責められた…なん...
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。ライターSa...