「なんで今時iPod shuffleを使っているのか考えてみた」TOKYO HEALTH CLUBのトラックメーカー。

「モバイルしているアイテムを紹介してください」

そう言われた時、思い浮かんだのが「iPod shuffle」でした。大抵どこ行く時も、これだけは持ち歩いています。

そして僕が〈iPod shuffle〉ユーザーだと知った人の反応は、毎回みんな同じです。

「「iPhone」で音楽聴けるのに、どうしてわざわざプレーヤーを使ってるの?」

その通りです。

あまりに自分にとって当たり前のことなので、普段「なんでコレ使ってるんだろう?」なんて考えることはありませんが、せっかくここで紹介するので、自分で整理してみました。

第一の理由は、〈iPhone〉の容量不足を避けるため。

僕はTOKYO HEALTH CLUBというグループでトラックを担当しており、自分の作った音を何十回も聴いてチェックします。それはオフィスにいる時だけでなく、移動時間などにも。その際、一般的なMP3のようにデータを圧縮した形式ではなく、wavという圧縮する前の形式で試聴します。wavは音質はいいけれど、〈iPhone〉に保存しておくにはデータが重いので、プレイヤーを分けているんです。

仕事上の理由ですね。

第二の理由は、音楽を聴くという行為を大切に扱いたいから。

仕事だけでなく、当然いちファンとして、いろんな音楽を聴きます。その時も〈iPhone〉ではなく、わざわざ〈iPod shuffle〉を使っています。

なぜなら、〈iPhone〉を使うという無意識な行為と音楽を聴くという意識的な行為を分けたいからです。

例えば「本はハードカバーで購入する」って決めている人っていますよね? Kindleでも、文庫本でも、書いてある内容は同じです。むしろハードカバーは一番扱いにくい。でも、それで持っておきたい。それで読みたい。それってパッケージされたモノとしての魅力もあるし、ズシリとした本を開くという行為をやりたいっていう欲求もあると思うんです。

僕も同じような感覚です。

手軽に、カジュアルに聴くっていうのは魅力的だけど、ちゃんと聴こうと思って音楽を楽しみたい。そのスイッチの切り替えみたいなことのために、専用のプレイヤーで聴くんです。

ちょっとしたことだけれど、大好きな音楽を聴くことを大切に扱いたいのかも。

便利とか簡単とか、そういうこととはちょっと違う話です。好きなコト・モノって、好きの深度や強さがあればあるほど、理屈じゃない姿勢とか行為が生まれてきますよね。

うまく説明できているかわかりませんが、自分にとって〈iPod shuffle〉をわざわざ使っている理由は、こんな感じです。

TSUBAME/OMAKE CLUB主催、TOKYO HEALTH CLUB
インターネット踏み台レーベルOMAKE CLUBを運営し、自らもHIP HOPグループTOKYO HEALTH CLUBでトラックを担当。最新の情報はコチラから!

Photo by 元家健吾

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

野球カード、スターウォーズグッズ、超合金。この3つの共通点は、超がつくほどのコレクターが世界中にいることですが、ここにiPodが加わるかもしれません。実は...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
「TOKYO BINZUME CLUB」は、週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、可愛くパッケージされたジャムやジュースを販売。年内にはEC...
クラブにきているお客さんにセルフィーを撮ってもらう企画「club snap」。渋谷・円山町のクラブ「WOMB」におじゃましてきました。ご想像の通り、かなり...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
クリスマスの夜は、カップルで特別なディナーを…なんて過ごし方ももちろん素敵。でも、その裏側で大きな盛り上がりを見せている、あるホテルディスコイベントをご存...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「ルーフトップは、野外シネマの王様だ」コレ、ほとんどの日本人の頭の中には「?」が浮かびそうですが、アメリカ、イギリスの人にとっては当たり前の謳い文句なのか...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。