9月4日は「世界性の健康デー」。日本でもオンラインイベントが開催

「世界性の健康デー」とは、普段見過ごしてしまっている“性の健康”をあらためて見直し、“性の権利”の大切さを考える日のこと。

2010年から毎年9月4日に世界各地でイベントが開催されており、今年のテーマは「コロナの時代のセクシュアルプレジャー」。日本でもオンライントークセッションが実施される。

登壇するのは、「東都大学」のヒューマンケア学部の准教授をはじめ、ラブライフアドバイザーやフェムテックベンチャー「fermata(フェルマータ)」と、セクシュアルヘルスにさまざまな視点を持つゲストたち。ソロセックスを通じた自己との対話やカップルコミュニケーションを中心に、コロナ時代の性の健康とパートナーとの関係性を考えていく。

さらに性教育者のあり方を考えるプログラムの開催も。通常なら数日間に渡っておこなわれる内容だが、今回は2時間のダイジェスト版になっているので、性教育活動をしたいと思っている人には効率よく学べるいいチャンスかも。

イベントの申し込み締め切りは9月2日!興味のある人はお早めに!

『第11回世界性の健康デー東京大会』
【日時】9月6日13:00〜18:00
【会場】オンライン配信
【参加費】1500円
【詳細ページ】https://wshd.jp/

Top image: © iStock.com/lechatnoir
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事