ベットに寝るだけで180万円?世界の「おいしすぎる仕事3選」

え・・・こんなのでお金がもらえるの?

世界にはありえない仕事でお金をもらえる人たちがいる。ベットに眠るだけで180万円をもらえる人や、リゾートアイランドに住むだけで1000万円がもらえる人。そんな仕事を3選、紹介しよう。


 

 ■海辺でできる「最高の仕事」

2009年に公募されたオーストラリアのハミルトン島の「管理人」をご存知だろうか。半年間、ビーチリゾートの島を堪能し、SNSで発信するだけで約1000万円の報酬が出た。条件らしい条件もなく、豪華な家も支給され、生活費や交通費もタダ!

2013年にも同様に、オーストラリア国内6カ所の半年間「観光地レポーター」が公募され、全世界から60万人が応募したという。

■山に登るだけで、350万円?

イングランド北西部・湖水地方は、多くの湖と山が存在する風光明媚な場所。そこにそびえるヘルヴェリン山で募集される仕事は、「山の天気予報士」だ。

採用されれば、2014年12月から2015年4月までの間、1週間間隔で毎日、ヘルヴェリン山に登る必要がある。(つまり7日間の休暇が定期的にある。)報酬は最高350万円ほど。もちろん、氷点下の極寒の日も例外ではない。そこで得た山の天気や現場の情報を、一般の登山客に提供する。この山のシーズン中の需要は、毎日500万人ほどになるので、責任は大きい。ただし「山の天気予報士」には、高い登山スキルが必要とされているようだ。山好きには、たまらない。

■ベッドに70日いるだけで、180万円!

NASAが提供する仕事は「ベッドの上に70日間いる」というもの。ベッドから離れなければ、何をしてもいいという。報酬は約180万円。ただしベットは頭部が傾いており、しだいに身体の水分が頭に集中するようになる・・・。なんでも、無重力状態に晒される宇宙飛行士が受ける身体的影響を調べるためだとか。

条件はアメリカの永住権と、とてつもなく健康な心身の持ち主とのこと。もちろん、仕事終わりにはとてつもなく不健康になっていることに、ためらいがない人でないといけない。グータラ好きには、天国のような仕事。


世界では、こういった仕事が時々募集されている。ぜひ、チェックしてみてはいかがだろうか。

世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
リゾート地でよく見かけるハンモック。木と木の間にセッティングされたソレは、まさに非日常の代名詞。本を読むも良し、ビールを飲むも良し、もちろん何もせずただ眠...