『Maki'n Moves』細胞がよろこぶ、説明のつかない快感。

映像を使った多様な表現が気軽に楽しめる時代。でも、そこに何か意図を見出そうとするは、ユーザー側の勝手な都合なんだろうか。

物理的な法則を完全に無視した“ダンサー”たちが、シニカルな笑みを浮かべながら、細胞分裂をくりかえし、増殖していく。ナニこれ?

「細胞分裂」がクセになる。

ビジュアルアートディレクターKouhei Nakamaによる、モーショングラフィック作品『Maki'n Moves』は、きっと精神を解放させて、深く考えずに感じるが正解。氏もひと言、「難しく考えちゃダメ。ただ観て楽しんでくれたら」というテンションだ。

ようし、ならばもう一度。 

頭を空っぽにして何度でも再生してみよう。映像を分析しようというんじゃなくて、ただ音が流れる空間に浸るように、自分の細胞の反応を確かめてみるように。

4回目、5回目、6回目……

これはもう、説明のつかない「官能」に近いものなんじゃないだろうか。

Licensed material used with permission by Kouhei Nakama
もしも、彼らとバッタリ会ったら、強烈なビジュアルにおののいてしまいます。でも、踊っている姿を見てからは、“陽気なヤツ”だなって近しく感じるようになったから...
ユニクロのTシャツブランド「UT」がアートギャラリー「NANZUKA」とコラボレーション。日本の現代アートを牽引するキーマンたちのデザイン&グラフィックセ...
オランダのイラストレーターかつグラフィックデザイナーであるIvo van de Griftさんによる「Big City Lights」という作品は、真夜中...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
「GLAMOS」は、どこにでも仮想のタッチスクリーンが設置できるモーションセンサー。
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
1月6日、バーガーキングが20年ぶりとなるリブランディングを実施。ロゴを皮切りにパッケージやオリジナル商品、制服などがその対象となっているようだ。
新潟県妙高市とダイハツ工業株式会社、株式会社NTTドコモ、青山社中株式会社は、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を1月12日から妙高...
グラフィックデザイナーValeria Prietoさんは幼い頃から自然が大好き。気に入った落ち葉を見つけては家に持ち帰り、本に挟んで大切に保管するような女...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...