『Maki'n Moves』細胞がよろこぶ、説明のつかない快感。

映像を使った多様な表現が気軽に楽しめる時代。でも、そこに何か意図を見出そうとするは、ユーザー側の勝手な都合なんだろうか。

物理的な法則を完全に無視した“ダンサー”たちが、シニカルな笑みを浮かべながら、細胞分裂をくりかえし、増殖していく。ナニこれ?

「細胞分裂」がクセになる。

ビジュアルアートディレクターKouhei Nakamaによる、モーショングラフィック作品『Maki'n Moves』は、きっと精神を解放させて、深く考えずに感じるが正解。氏もひと言、「難しく考えちゃダメ。ただ観て楽しんでくれたら」というテンションだ。

ようし、ならばもう一度。 

Cf7a49bf21e46982c8c13e4dd8434efb3554753f3bc1adb39ee86a377854f470f0ea06bd6b4b6cc140a9c597a7e3dc4df41dd0f225beeabda6af7e17Abeef57e95b3859ce03eb97fcf003522a568af84B2ec4be5167c70f07dfe1b051f3d82e6828e05be3ade601f4629fb64e3673dce836156f5b650717e4ca89d5855c9919dfba8488b58aaca49581281c6

頭を空っぽにして何度でも再生してみよう。映像を分析しようというんじゃなくて、ただ音が流れる空間に浸るように、自分の細胞の反応を確かめてみるように。

4回目、5回目、6回目……

これはもう、説明のつかない「官能」に近いものなんじゃないだろうか。

Licensed material used with permission by Kouhei Nakama
もしも、彼らとバッタリ会ったら、強烈なビジュアルにおののいてしまいます。でも、踊っている姿を見てからは、“陽気なヤツ”だなって近しく感じるようになったから...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
オランダのイラストレーターかつグラフィックデザイナーであるIvo van de Griftさんによる「Big City Lights」という作品は、真夜中...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
グラフィックデザイナーValeria Prietoさんは幼い頃から自然が大好き。気に入った落ち葉を見つけては家に持ち帰り、本に挟んで大切に保管するような女...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
何だ・・・このダンスは。謎の青年がダンスバトルで見せた「新しいジャンル」の動きが今世界中で話題になっている!斬新すぎてちょっと奇妙な動きではあるけれど、そ...
野球カード、スターウォーズグッズ、超合金。この3つの共通点は、超がつくほどのコレクターが世界中にいることですが、ここにiPodが加わるかもしれません。実は...
フランスのグラフィックデザイナーJade Dalloulが手がけるプロジェクトは、マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズを紙幣の肖像画...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていったそう。それぞれの化...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
鮮やかな色彩とグラデーションが特徴的なパントンカラー、つまり「色見本」。デザインや建築の現場でよく利用されていますよね。イタリア出身のグラフィックデザイナ...
ダンサー兼振付師として活躍するMarisa Hamamotoさん。誰でもダンスを楽しめるという考えのもと、車いすダンスの魅力を伝えようと、新しい取り組みを...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...