刺激いっぱいの毎日を送る「7つの裏ワザ」を、米・女性起業家がオススメ!

踏ん張らなきゃーー。そう感じたときは、情熱に陰りが見えてきた頃。そう書いたのは、米・金融機関「LexION Capital」の創設者エレン・カプランCEOです。

インスピレーションを刺激するアクションが必要だとアドバイスを送る彼女。自身が尊敬する人々を参考に、いくつかの方法を紹介しています。以下、彼女の記事を転載します。

01.
黒歴史を額縁に飾る!?

7f39a049284fc2c1afcdd2d650a66bddb3a0fc6c

調査機関「Pacific Square Research」のHerb Greenberg氏は、10年も前に受け取った解雇通知をいまだに保管している人物。それが、日々邁進するための活力となっているようです。職を失った過去を憂うのではなく、そこに書かれた文言が頭のなかで反響し、刺激になるのだとか。

苦水を飲んだ想い出を振り返ることは、成長するために必要なリマインダーの役割を果たします。もしも、心を奮い立たせるものが見当たらずに困ったときは、ショック療法だと思って試してみてください。

02.
ビジョンボードを描こう。

『オプラ・ウィンフリー・ショー』の司会者兼プロデューサーで知られるオプラ・ウィンフリーは、俳優であるほか、慈善家としてもよく知られており、国民的な人気タレントです。彼女は、ビジョンボードを毎日眺めているそう。

また、レシピ本のベストセラー作家で、テレビ番組の司会を務めるデビン・アレクサンダーも同じく。2枚のボードを個人用、プロフェッショナル用にそれぞれ用意しています。

では、なぜ夢や目標を描いたビジョンボードが必要なのか。これもリマインダーです。常に、自分の目標がなんであるのかを再確認できます。もちろんボードに描く以外の方法はあるでしょう。もし明確な目標が描かれているならば、きっとスグ行動できるはず。

03.
情熱に従うように意識する!

0d2756c091dfde673c69feb052e1d0c42021d600

リチャード・ブランソンは過去にこんな発言をしていました。

「情熱を持たずに生活や仕事をしても、何の意味もない」。

あなたが踏んだ第一歩も、きっと何かに突き動かされてのことでしょう。でもそれは、毎日苦労を重ねてビジネスを回そうと歯を食いしばれば、自然と蔑ろになりやすいものなのです。時には、誰かを頼ることも大事でしょう。それがたった数分の作業だとしても。

04.
子どもっぽく振る舞ってみる。

もし冷めた毎日を送っているなら、7歳児になったかのように振る舞ってみてください。ウソのように情熱がスパークするかもしれません。「The Wall Street Journal」に掲載されたテストによれば、子どもっぽさと大人っぽさをそれぞれイメージさせたグループを比較、前者の成績が高かったそうです。新鮮な感覚で、物事を見ましょう。

05.
関係ないことを試そう。

スティーブ・ジョブズが、点と点は事前に繋げられないと語ったように、それは、あとになってわかること。彼自身、目標に関係があるかどうかに関わらず、新しいことに挑戦し続けた人物です。

やったことのない経験を積むことで、習慣の外にあるインスピレーションに触れられます。だからこそ、思いもよらなかったようなアイデアを思いつくに至るのです。

06.
メンターに頼るべし。

A98e8b2baff97aa2cc12276a7431e470089e2c33

最年少ノーベル賞受賞者であるマララ・ユスフザイの例を紹介します。彼女にとって最高の相談役は父親でした。そのほかにも母親や家族からいつも刺激を受けては、自らの弱点をことごとく打ち倒していったそうです。彼女が持つ自信の強さは、その結果の表れだとか。

インスピレーションを感じる誰かと過ごせば、前進するきっかけが得られます。そのチャンスを掴みましょう。

07.
刺激の宝庫!
経験談を調べてみて。

起業プロモーターのAmy Applebaumが、「Ambitious Woman Success」でオススメしたのは、なんと言っても誰かの経験から刺激を受けること。例えば、J・K・ローリングの成功談はよく知られていますけど、彼女だけではありませんよね。

Licensed material used with permission by Elle Kaplan
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
え!と思うものもありますが、使えるアイデアもチラホラ。今スグ試してみたくなる裏ワザを「10 Life Hacks You Need To Know For...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
職業や役職によってセックスに違いがある、なんてにわかには信じがたい話ですが、今回その「7つの理由」を教えてくれたのは、「Elite Daily」の人気ライ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
ベンチャー起業家は投資家への交渉にエレベーターを使っていた。扉が閉まり、もう一度開くまでの約10秒間でアイデアを売り込む。シリコンバレーでは「エレベーター...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
あなたの周りに、何をやっても「うまくいく人」がいるかもしれません。彼らは、どうして成功を収めることができるのでしょうか?きっとそれは、心の中に持っているい...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...