好みの顔じゃないのに、なぜか好きになっちゃう男性の特徴

 

あくまで女性目線の話をします。「好みのタイプ」、つまり「見た目が好きな人」は紛れもなく存在します。そう、どの女性にも。

で、ここからが本題。「見た目が好きな人を、本当に好きになるとは限らない」んです。逆に言えば、「好みのタイプじゃないのに、なぜか好きになってしまう人」も紛れもなく存在する、っていうことなんです。

よく思い出してみてください。あなたの周りにも「決してイケメンっていう訳じゃないのに、なぜかモテる男性」が一人や二人いるでしょう?そんな彼らをよく観察すると、モテるのも納得!の共通点が見えてきます。

01.
男友だちが多い

同性の友だちが多い男性にはちょっとした安心感を覚える。それは単なる「性格の保証」というだけではなく、紹介してくれる男友だちが、その彼の良いところをたくさん教えてくれるから。そう、会う前から評価がプラスになりやすいんです。すると当然、恋に発展する可能性も高まります。

「そんなに多くないかも…」という人はまず同性だけの集まりにも積極的に参加すること。もちろん、異性がいなくても場を盛り上げる努力を忘れずに。自分はその場で聞き手にまわるのか、話し手にまわるか、その見極めを磨くことが、いずれモテへと繋がるでしょう。

02.
気取った会話で
カッコつけようとしない

モテる男性は女性に対してガツガツした態度を取らず、余裕があるように見えます。たとえタイプの女性が現れても、下心を見せず、出会ってすぐのアプローチは避ける。 最初のうちはあえて恋愛の話は振らず、仕事や趣味、時事ネタといった会話に重点を置く。しかも、時々ちょっと熱っぽく語ったりもする。

まず男ではなく人間として信頼を得ようとします。彼らはそれが実は近道であることを知っていて、いつでも理性的にその順番を守れるのでしょう。

03.
「意外性」をアピールポイントに

印象に残る人というのは、他人から見て意外性を持っていることが多いです。それは言い換えればちょっとした「刺激」であり、恋愛のドキドキへと変化しやすいのです。

「体育会系っぽいのに料理が上手」「チャラそうに見えて字が綺麗」「無口なのに歌が上手い」など、些細なことでもOK。自分にどんな意外性があるかわからないという人はまず、自分の第一印象を把握することからはじめてみて!

今は趣味から出会えるマッチングアプリもあるので、上手に活用すれば「意外性」を能動的に作り出すことができるかも。

趣味から出会うなら…

サイバーエージェントが運営するマッチングアプリ『タップル誕生』がオススメ。セキュリティにはかなり配慮されたアプリで、毎日3000人規模で登録者数が増えているのも安心感の証と言えるかも。

いろんなカテゴリーの趣味が網羅されているし、プロフィールアイコンも見やすいので、アプリ上でもあなたの「意外性」を演出しやすそうです。

※ボタンをタップすると、App Store/Google Playのページがひらきます。

04.
一回目のデートは
あえて早めに解散

女性はなかなか初めてのデートでは素の自分を出せません。だから盛り上がらないこともあります。モテる男性はそのことを知っているので、たった一度のデートで相性を決めたりしないし、あえて早めにお開きにすることで、相手にも再チャレンジしたいと思わせ、「二度目のお誘い」で本当の相性を探るのです。

去り際には「緊張しちゃったけど楽しかった」など、自分が普段とは違ったことをアピールされると、また会いたいと思ってしまいます。

05.
コンプレックスを笑いに変える

「卑屈な男はモテない」というシンプルな話でもあります。もちろん容姿に限らず、抱えているコンプレックスは人によってさまざま。積極的にアピールする必要はないけれど、誰かに話を振られた時に、コンプレックスを笑いに変えられる強さと優しさ。その器の広さに女性はグッとくるのです。

現に、コンプレックスを笑いに変える芸人さんたちって、人々を惹きつけていますよね。あれって、ある種の努力で手に入れられる才能だと思いますよ。

06.
出会いのカタチにこだわっていない

恋人に求めるポイントはいくつかあっても、「出会い方」そのものにこだわりを持たない男性には好印象を抱きます。変なプライドが邪魔をしないので自分から積極的に出会いの場に顔を出す。

そういったタイプの人は友だちからの経験談を聞くことも多く、「○○が主催の街コンは良かった」「○○という恋活アプリで付き合った」など、成功率の高い出会いの情報を得ては、持ち前の柔軟性で恋の可能性をぐんぐん広げていくのです。

出会いの可能性を広げたいなら…

趣味から出会える恋活アプリ『タップル誕生』。サイバーエージェントグループが運営する同サービスは、グルメや映画、スポーツなど好きなことが同じ相手を探すことができるのが最大の特徴です。

最初から趣味が同じと分かっていれば話題に困ることもなく、仲良くなるのもスムーズ。200万人を超える利用者の中に、あなたの運命の人がいるかもしれません。

※ボタンをタップすると、App Store/Google Playのページがひらきます。

「包容力がある男性が好き」という女性は多いもの。包容力のある男性は、何も話さなくても、身体全体から醸し出される雰囲気により、とても安心した気持ちになれるも...
「草食系男子」の進化系?「奥手男子」という言葉が使われるようになってきました。そんな男性を相手に恋愛まで発展するとなると女性側は一苦労ではないでしょうか。...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
こんな理想的な男性に巡り合えたら、確かに手放したくない。歳をとってもずっと愛情を持って、あなたのことを大切にしてくれる男性の特徴をまとめました。
最近巷で「塩系男子」なる言葉を耳にします。昔から「しょうゆ顔」、「ソース顔」・・・などはよくいわれますが、「塩系男子」とは、どんな人を指すのでしょう?1....
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
犬系男子が好き!という意見はよく耳にしますよね。ですが、犬系男子って実際どんな人?マメだよねという人も多く、彼氏にするにも最適に思えます。が、本当のところ...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
意中の男子はAB型?もしそうなら、まずはその特徴からチェックしてみて。1.あっさりした恋愛が好み常に冷静で落ち着いたスタイル。ドラマティックな激しい恋愛は...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
クールなイメージのある猫系男子ですが、実際にどんな特徴があるのでしょうか? 集団に属することなく、一人でいることも多いため誤解されることも多い猫系男子です...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
気になる女性がいたら、自分からあらゆる手段でアプローチをかけて口説き落とす。女性からすれば、ちょっと暑苦しい(?)なんて思うかもしれませんが、「肉食系男子...
近年では「文系男子」「理系男子」それぞれへの恋愛攻略法をまとめた書籍が多くでています。それだけ、文系か理系かで恋愛傾向が違っているからでしょう。今回は文系...
恋愛に関して奥手と言われている草食系男子よりも、さらに恋愛への興味関心が薄い男性。巷では、「仙人系男子」と呼ばれています。あたかも自らの力で悟りを開いたか...
◯◯系男子にも色々ありますが、絶食系男子という言葉を知っていますか?恋愛に積極的なのは肉食系男子、女性になかなかアプローチしてこないのが草食系男子ですが、...
一人っ子男子の恋愛には、独特の特徴やスタイルがあるため、不思議に思ったり、悩んだりすることがあるかもしれません。彼らに共通する恋愛傾向を知り、どうするのが...
近年増加傾向にあると言われる草食系男子。実は彼らには、ある共通した特徴があることをご存知ですか?今回は草食系男子についてよりよく理解するために、その特徴を...
文系男子と聞くと、あなたはどんな男性を思い浮かべるでしょうか。文系の学問には、法学や経済学のように論理思考が必要な分野もありますが、そこには人間の行動や社...
今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...