うわべだけでない「優しい彼」の見極め方。

恋人に求める条件……「やさしさ」。

多くの女性がそれを挙げるけれど、このやさしさ、単なる「言葉」だけでなく、「行動」がともなってはじめて本物。甘い言葉に誘われて肝心なことを見落としては、それこそ本末転倒。

さて、この女性の求める「やさしさ」ですが、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn Luce Christensenによる、いい人と偽善者の見分け方。つまりは、ただやさしさを求めてばかりいるようでは、損をするのは女性の方。目利きが問われる訳ですよ。

「言葉ではなく、行動」で見極める

C6df5bbe2870f24b444fac25b6f77563495cc0b1

カリスマ性のある人の眩しさは私たちを盲目にさせる、これは、恋愛カウンセラーのクリス・アームストロングの言葉。彼らが持つ自信、満面の笑み、それから人を気持ちよくさせる力。ここまでプラスな特徴が揃っていると、イチコロになっても無理はありません。

ですが、重要なのは言ったことをちゃんと行動に移せているかどうか

「カリスマ性は満点なのに、努力をほぼしない人がいます。でも言ったことがを行動に移せていないと、その言葉は意味を持ちません」

たとえば「キミは綺麗だね」と口では言うけど、暇さえあれば他の女性のご機嫌ばかりとる男性。「大好きだよ」なんて言いながら、本当にそばにいて欲しいときには時間をつくってくれない男性。甘い言葉でその場をつくろって、大事なときには支えてくれない男性の習性です。

本当の意味でやさしい男性とは、言葉足らずかもしれませんが、必要なときにはちゃんとそばにいてくれるはずですよ。

「人との接し方」で見極める

65ca605d91472343ba49bdfef3c9446768a64bd5

本当にいい人とは、あなただけでなく、誰にでも誠意を持って接することができる人。愛と友情だけを注ぎ、変に期待させたり、見返りを求めたりしません。アームストロングに言わせると、あなた以外のヒトやコトに無関心な人間は要注意なのだとか。

「レストランのスタッフに対して冷ややかな態度をとったり、ご近所さんや同僚について平気で愚痴を言ったり、世間を取り巻く問題にまったく関心を持たない。こんな特徴に聞き覚えはありませんか?」

こういった態度は、少し会話をしただけで見えてくるもの。彼が偽善者なのかを確かめたいのなら、時事ニュースを振ってみるのも手だとアームストロング。本心とは砕けた会話にこそ現れるそうですよ。

「気の配り方」で見極める

D714ee51549e1c12f528e8c0df8258b5c3af9c45

彼が本当にいい人なら、純粋にあなたに興味を持ってくれるはず。気になることがあれば、深掘りできる質問であなたの殻をどんどん壊してくれるでしょう。

「彼はあなたを笑わせようとしてくれますか?思いやりを持って、ちゃんと話を聞いてくれますか?」

アームストロングの質問に対して「Yes」と答えられたのなら、彼は純粋にあなたに興味を抱いているはず。でも気づいたら自分の話ばかり、余裕がなく、あなたに興味を持ってくれないようなら、彼は見せかけのやさしさを悪用するナルシストかも。

「『何を考えているかわからない』なんてよく聞きますが、誰かとちゃんと向き合う努力さえすれば、人間とは見えてくるものです」

あなたの彼は「純粋にやさしい人」?ならば、おめでとうございます!(この手の人は思いのほか多いもの)もう彼を疑わなくてOK。残念ながら恋愛とは、やさしさだけあればいいってものじゃありませんが、それさえあれば「意味のある関係」は必ず育めるはず

そしてそのやさしさに触れておくと、今後のパートナー選びの基準も健全なものへと磨き上げられるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
「良い人であること」なんて、最低条件にすぎない。決定要因となるのは、その他にどんな魅力があるか。魅力的かつ、優しい男性を見つける選択をできるってことを忘れ...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
世の中の女子は男性にとって、どういう理想像を持っているのでしょうか?恋愛ドラマや映画ではそんな女子の願望が如実に表現されていることもありますが、実際はどう...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
これができていれば、大体上手くいくそうです。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
世の男子たちは自分が付き合う彼女について、どのような理想像を描いているのでしょうか?今回は理想の彼女に求める条件を幾つか紹介してみます。女子の読者の方々は...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
理想の彼氏の一つに「優しい」というポイントを挙げる女子はたくさんいます。では、実際にそんな人と付き合えたら、彼は彼女に対してどんなことをしてくれるのでしょ...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
ただ愛してくれるのは当たり前。でも、それだけでは、だんだん関係がマンネリ化してきてしまって、なんだか物足りないと感じてしまう。そんなあなたに「Elite ...
恋人ができたのはいいけれど、思えば近頃仕事と恋人を行き来してばかり。あれ?友人と最後に会ったのはいつだっけ?そんなバランス維持に苦戦する人たちに「Elit...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
付き合っている女性を満足させるためには、あれもやって、これもやって…。あなたは、彼女のわがままが過ぎるように感じてしまったことはありませんか?でも実際は、...
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...