国営「海の中道海浜公園」に来年3月、自然に調和する滞在型レクリエーション拠点オープン

福岡市東区の国営「海の中道海浜公園」に、パーク・ツーリズムをテーマにした滞在型レクリエーション拠点が2022年3月開業する。

同計画を、「三菱地所」が代表となり「積水ハウス」「公園財団」「オープン・エー」の4社で構成する「海の中道パーク・ツーリズム共同事業体」が今月17日(月)に発表された。

©三菱地所株式会社、積水ハウス株式会社、一般財団法人公園財団、株式会社オープン・エー

東西に約6km、面積約300haになる自然豊かな国営公園に、高さ17mのアスレチックタワーをはじめ、球体型のテントや博多湾を一望できるヴィラなどの宿泊施設が新設。ほかにも浴場施設やレストラン、屋外BBQスペース、休憩施設も整備される。

各種施設とともに、海浜部を活用したカヌーやSUP、ホーストレッキングなどの多様なアクティビティも展開される予定だ。

©三菱地所株式会社、積水ハウス株式会社、一般財団法人公園財団、株式会社オープン・エー

公園という日常の空間に長期滞在することで、あらゆる世代が「憩う」「学ぶ」「遊ぶ」といった非日常感も体験でき、公園そのものが旅の目的地となる「パーク・ツーリズム」を実現するとのこと。

「どこか遠くへ」が制限される昨今、この施設のオープンは身近な公園や周辺地域の魅力を再発見するいい機会のひとつになるだろう。

『海の中道海浜公園』
【所在地】福岡県福岡市東区西戸崎18-25
【アクセス】JR九州香椎線「海ノ中道」駅(公園内徒歩15分)
【全体敷地面積】約300ha
【滞在型レクリエーション拠点施設計画】
宿泊施設(球体テント13棟・アウトドアリビング12棟・シーサイドキャビン3棟・ヴィラ1棟(2室))、レストラン、駐車場、ドッグラン、アスレチックタワー、厩舎(ホーストレッキング)、屋内子どもの遊び場、屋内休憩所、サニタリー棟

Top image: © 三菱地所株式会社、積水ハウス株式会社、一般財団法人公園財団、株式会社オープン・エー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事