TECHNOLOGY

テクノロジーの進化は日進月歩。いつの間にか、私たちの生活に溶け込んでいることも。最新の研究や未来予想に想いを馳せてみましょう。
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
「Bye Bye Camera(バイ バイ カメラ)」というカメラアプリの編集機能が面白い。このアプリで撮影すると、写った人を自動的に“削除”できる。名称...
アメリカのニュースメディア「New York Post」によれば、ノースカロライナ州に暮らすカップルが270万円を支払って、愛猫のクローンをつくってしまっ...
イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが、スマホをかざすと食べ物が腐っているかがわかるセンサーを開発中だと発表。これまでにも似たようなセンサーは開発さ...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
「Winetales」というアプリは、エチケットに載せられる情報を拡張することができます。AR技術を駆使して、エチケットをスキャンしたら画像や動画が表示さ...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
音を奏でる壁ができてしまう「Interactive Wall Kit」という名のキットがあります。開発したBare Conductiveが、類似品をKic...
オーストラリアとニュージーランドのドミノ・ピザでは、お客さんの満足度を上げるために、ピザの出来栄えをチェックするマシン「DOM Pizza Checker...
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
タイヤメーカー「ミシュラン」と自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」がタッグを組み、エアレスタイヤ「UPTIS」を開発しました。
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。
7月からアメリカ国内で利用可能になるNIKEアプリの新機能。スマートフォンのカメラで自分の足をスキャンすると、幅や高さなど両足のデータが収集されます。保存...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...