私が彼を好きなワケ

誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
まだ本気じゃない。大丈夫って、思っていたけど。
「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われた...
通りすがりの犬を見かけては立ち止まり、「よしよし」と頭を撫でる。動物が好きな人に悪い人はいない、なんてよく言われますが、彼氏候補として条件付けたいのは、さ...
最後、ってことだったのかな。
彼の気持ちがわからない、そう悩む女性がたくさんいます。もしかして私のことが嫌いだからそんな態度をとるの?女性としてはそう思ってしまいがちな男性の態度。しか...
こんな人とだったら、人生楽しく過ごせると思います。
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
あなたのことを大切にしてくれる彼。あまりにも優しいからって勘違いして、それが当たり前だと思うようになっていませんか?「Higher Perspective...
エシカルジュエリーの日本での第一人者である白木夏子さん。中南米などの鉱山から素材を自ら調達するという行動力、そしてジュエリービジネスを通じて途上国鉱山での...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
「出会えたよろこび」、「離れてしまったかなしみ」の中にいる人へ。
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
これからは言葉ではなく、彼氏の態度に注目しましょう!Lauren Martin氏が「Elite Daily」に書いたこの記事には、チェックすべき彼氏の行動...
どれだけ一緒に時間を過ごしてもなかなか「恋人」と呼んでくれない相手と一緒にいるあなたへ。「恋人」になれないのは、あなたに何かが欠けているわけではなく、彼ら...
元彼の気持ちを、もう一度自分に向けたいと考えている方必見です。復縁につながる効果的なメールの内容を、シチュエーション別にご紹介していきます。電話とメールど...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
しし座の彼と付き合っている、そこのあなた。ここで紹介する「YourTango」の記事は、あなたのためにライターSarah Fader氏が書いたもの。彼をも...