美髪

いつもなんとなく髪がサラっとしない。飛び乗った満員電車で、ムッとしたニオイを放っていないか気になる……蒸し暑くなってきたこの季節、頭皮に密かな悩みを抱えて...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」によると、美脚に一番おすすめのトレーニングはスクワット。海外では、30日間行う...
露出が増える夏。足のむくみが気になる人も多いのでは?むくみの原因のひとつには「塩分の過剰摂取」があります。ここでは、引き締まった美脚に近づくために取り入れ...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
明日のため、寝る前にするヘアセットの下準備。三つ編みをして寝ると、朝にはパーマをかけたようなカールができている、いわゆる「貧乏パーマ」が有名ですが、これか...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...
こんなにも人のお尻をじっくりと見たことはなかった。アタマはすっぽりと隠れているんだけど、肝心なところが隠れてない女性たち。ちょっとマヌケな感じが、妙にチャ...
体を鍛えるにも、女性らしくしなやかでいて、細くて強い身体というのが理想的だとは思います。こんな身体を実現しているトレーナーの山口絵里加さん。トレーニングな...
例えば、好きな人ができたとき。20代前半の頃は、美意識をグッと上げるために変えていたのは、メイクと洋服だった。「最近、かわいくなったな」って思われたいから...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
初対面の人と会う機会が増えるこれからの季節。第一印象を良くするには、普段よりも見だしなみに気を使わなければいけません。メイクや洋服をピシっと決めるのは当た...
パンテーンが手がけるキャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則。一人ひとりが本音を打ち明けながら...