30歳になる前に、「曲線美」でエロくなるって決めた。

例えば、好きな人ができたとき。

20代前半の頃は、美意識をグッと上げるために変えていたのは、メイクと洋服だった。「最近、かわいくなったな」って思われたいからこそ、一番変化に気づいてもらいやすい部分への投資。

なによりその頃は、好きな人には色気の有無よりも、「かわいい子だな」って思われたかった。ほどよく無知で、守ってあげたい、って思われるコトこそ、若さの特権だと思っていたから。

「かわいい」だけじゃ、もう満足できない。

4739916579733504

女の子は欲張りなもの。

20代も数年を過ぎると、もはや赤ちゃんからクマのぬいぐるみまで形容する、安直な「かわいい」では喜べない。それよりも、ほらもっと、こう、女性として意識されてる!って感じられる響きが欲しい。

「色っぽい」とかね。

20代の前半と後半では、興味関心の矛先がまるで違う。

1,000円もしない化粧水じゃ肌のハリがキープ出来なそうだし、生活の節々で体力の衰えだって感じてしまう。自分に使えるお金も増えたし、コスメや洋服だけではなくて、カラダのメンテナンスに気を配っている女性にこそ、魅力を感じるようになったの。

だから20代後半は、
“曲線美を仕込む”って決めた。

5962452311212032

「かわいい」を単純に褒め言葉として受け取れなくなったいま、それ以上の魅力がほしい。幼さ混じりのエロかわいいってニュアンスでもなくて、「なんだかあの人色っぽいよね」って、ただよう感覚。

大胆に露出をしているわけでもなく、メイクだってどちらかといえば控えめ。だけど目を惹かれてしまう、『品のある色気』をまとった女性。

ふんわり微笑んだ時に「色っぽい」と思われる要素って、一体なんなの???

【包容力 × メリハリ】は、
最強にズルい女。

見つけました、ズルい女性。

ポロっと愚痴をこぼしても、仕事がうまくいかなくて凹んでいても、優しくいつも包み込んでもらえると、心をキュッと掴まれてしまう。もっと、そばにいたいなって。

だけど、柔らかい微笑みから視線を下に移すと、意外と大きいバストが形良く並んでいて、スキニーを着こなす後ろ姿にはプリッと上向きの丸いお尻。

体のラインにメリハリがあると、雰囲気とのギャップに「ドキッ」としません?居心地のいい友達では、終わらせない。

5485483710742528

丈の短いスカートや、オフショルダーで見せるより、体のラインをはっきりさせて、あえて「見せない」攻め方。

そんなカラダに仕込んでくれるのが、『DAY&ALBY』の「リフトアップガードル」。骨盤の位置を正しくサポートして、いつでもリフトアップした丸尻をキープしてくれる。

ピンとした姿勢も、垂れないバストも、美しい体型を求めるときに、一番大切なのがやっぱり骨盤補正をすること。過去にもガードルで、骨盤矯正を試みた人もいると思う。私もそのうちのひとりなのだけれど、この骨盤ガードルは、着圧がほんとうに気持ちいい!

しっかりフィットするけれど、通気性があるから長時間つけていても不快にならない。

お尻や太ももはもちろん、お腹周りもすっきりさせてくれるから、スキニーを履いた時の後ろ姿がすごく綺麗なの。

66113836175851525994047432818688

───自信を 整えよう。

『DAY&ALBY』の大切にしているコンセプトが、これ。

体を整えることは、あなたの自信を整えること。いつもより背筋がピンとして、くびれやリフトアップを履いているだけで感じられるから、自信は“綺麗な後ろ姿”が体現してくれるはず。

これからは、見せるエロさはうなじくらいかな。

かわいいよりも、オトナの『曲線美』で勝負したい。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
ていうか、そもそも「エロい」ってなんだっけ!?
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
約5,000円から支援可能です。
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
こんなにも人のお尻をじっくりと見たことはなかった。アタマはすっぽりと隠れているんだけど、肝心なところが隠れてない女性たち。ちょっとマヌケな感じが、妙にチャ...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」によると、美脚に一番おすすめのトレーニングはスクワット。海外では、30日間行う...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
年を重ねたから「色気」が出るというわけではありません。また、ビジュアルが整っているから「色気」があるというわけでもありません。お酒を飲んでいるからでも、シ...