最近「傷みにくいブリーチ」が流行ってるけど、どうなの?

街を歩いていても、インスタ見ていても、なんだか最近ブリーチしてる女の子、増えてない!? たしかに「ハイトーンカラーやってみたいなぁ〜」って思うんだけど、髪が傷みそうだしどうしようかな〜って躊躇していたら……。

そのブームのかげに「傷みにくいブリーチ」があることに気づいたんです。

「ファイバープレックス ボンディングブリーチ」は、100年に一度の大変革! とも言われるくらい、ゲームチェンジャーな存在なんだとか。

そもそも、なぜ今
ブリーチがブームに?

「メイクと同じように、髪でも自分を表現したい!」と、2018年あたりから徐々に増えていたブリーチオンカラーですが、とくに2020年はマスク美容習慣としてヘアデザインを楽しむ人や、第4次韓流ブーム、アニメブームなどの影響もあり、一気にブースト。

とくにミレニアル世代やZ世代を中心に「ブリーチオンカラー」の人気に火がつきました。

そのムーブメントを支えていたのが、約34,000軒のサロンが愛用していて、すでに150万人が体験した「傷みにくいブリーチ」だったんです。これまでのように “髪のダメージ” を我慢する必要がなくなっていたんですね。

ブリーチした後も
くしがスルスル!

おそらく多くの人がブリーチに対して「枝毛、切れ毛、ツヤ低下、ごわつき、パサつき」といったイメージがあると思うんですが、それらを覆したのが「ボンディング・テクノロジー」という最新の技術。髪の毛の構成要素であるフィブリルという繊維体をつなぐ結合(ボンド)に働きかけて、ブリーチやヘアカラーなどの酸化ダメージから保護してくれているんだとか。

この効果で、枝毛や切れ毛を98%削減*、かつ色持ちも◎。

髪がダメージを受けてから補修するのではなく、ダメージしないように保護して、かつ強化してくれるというオンリーワンの技術だそうです。

どんなにいいトリートメントをしたとしても、ベースが傷んでいてはどうしようもありません。

実際、ブリーチ後にくしがスルスル通ったのには驚きました〜。

* ドイツ本社研究所にて、ブリーチ剤+ファイバープレックス No.1 ボンド ブースター、No.2 ボンド フィクサーとブリーチ剤で比較した際の研究データ(最大値)

傷みにくいから
ヘアカラーを楽しめる!

ぜひ「#ファイバープレックス」でハッシュタグ検索してみてください。35万件以上もいろんな方のヘアカラーデザインを楽しむことができますよ。

ハイトーンでもしっかりツヤのある仕上がりの人や、くせ毛やパーマでもブリーチを楽しんでる人もいて、なんだか今までのブリーチへの偏見が変わってすごくワクワクしてきます。

最近では、サロン予約サイトで「ファイバープレックス ボンディングブリーチを使用しています」と掲げるお店も増えていますね。

「ファイバープレックス」や「ボンディング」で検索すると、オーダーできるサロンもすぐ見つかります。ファイバープレックスを取り扱っているお店の一部では、認定サロンの盾が飾ってあるところもあるようなのでチェックしてみてくださいね。

実際にサロンでハイトーンカラーをやってみたんですが、ファイバープレックスでお願いします、とオーダーしたら本当に傷まなくてびっくりです。

もっと早く試せばよかった(笑)。

 

あなたも「#ファイバープレックス」で自己表現してみては? 傷みを気にせず、ヘアカラーやヘアデザインがもっと気軽に自由に楽しめる世の中になるといいですよね。

→気になる

Top Image:©︎ _.fyuucat._k.e.y_shoyoyuki.1221.yuki

関連する記事

スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
「イオン」の限定商品として5月に登場したヘアケア商品「VEGAN STYLE」は、「ヴィーガン認証」「ハラール認証」の両方を取得したヘアケア市場初のアイテム。
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘...
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
靴下を使ってできるヘアスタイリングが手軽&おもしろいと話題に。その出来上がりは靴下で作ったとは思えないクオリティだ。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
iHerb(アイハーブ)で買える、髪の日焼けダメージをケアできる「ヘアオイル」を3つピックアップ。太陽に照らされて痛んでしまった髪を集中ケアしていきましょう!
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
お母さんのヘアカラーを間近で見ているせいか、自分も「ピンク色の髪に染めたい」と、前から言っていたおませな2歳のFelicityちゃん。念願叶って、お母さん...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
「読む」、「書く」、「なにもしない」の3つの過ごし方を軸に、自分のために時間を使う贅沢を味わう"RETREA Healing Lounge"(リトレア ヒ...
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。