髪とアタシ

『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
明日のため、寝る前にするヘアセットの下準備。三つ編みをして寝ると、朝にはパーマをかけたようなカールができている、いわゆる「貧乏パーマ」が有名ですが、これか...
いつもなんとなく髪がサラっとしない。飛び乗った満員電車で、ムッとしたニオイを放っていないか気になる……蒸し暑くなってきたこの季節、頭皮に密かな悩みを抱えて...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
白と黒、男と女、既婚と独身…。二項対立で考えることは、物事を単純にわかりやすくするという利点があります。メディアでは二項対立による議論が取り上げられること...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
初対面の人と会う機会が増えるこれからの季節。第一印象を良くするには、普段よりも見だしなみに気を使わなければいけません。メイクや洋服をピシっと決めるのは当た...
パンテーンが手がけるキャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則。一人ひとりが本音を打ち明けながら...
旅支度のひとつとして、ヘアカラーをするのはもう珍しくない。だからこそ提案したいのが、“自分” を引き立たせるカラーを選ぶこと。すれ違った人が、ゆっくり瞬き...
2年ほど前に手に入れた、クシ型のクリップです。物をなくしがちな私が、唯一なくさないものです。世田谷の『D&DEPARTMENT』で買いました。3本セットで...
お母さんのヘアカラーを間近で見ているせいか、自分も「ピンク色の髪に染めたい」と、前から言っていたおませな2歳のFelicityちゃん。念願叶って、お母さん...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
なんかもう、「すっきり」したくないですか?
梅雨・・・雨が続くのも気が滅入りますが、クセっ毛の人にとっては、この時期毎朝うねったり広がったりしてうまくまとまってくれない髪の毛のほうがもっともっとユウ...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
「うつ」になる理由は様々かもしれませんが、ケガのように外から見てすぐに気がつくものじゃないからこそ、周囲の理解を得るのが難しいことも…。ここで紹介するのは...