フランスでも大人気 黒ずみ毛穴がスッキリする「ホットジェル」って?

毎日メイクをする女性にとって、クレンジング&洗顔はとっても大切。
最近ではメイクを落とせて洗顔もできる、ダブル洗顔不要のクレンジング剤も多数発売されています。

ここで紹介する『skinvill』のホットクレンジングジェルは、メイク落としと洗顔で肌の汚れを落とすだけじゃなく、肌の保湿効果も期待できるというスグレモノ。これ、ホントに便利です!!

温かいジェルが、
メイクを落として
毛穴汚れもケア

160111_skinvill_005

美肌で有名なモデル・芸能人にも愛用者が続出!アメリカ・フランス・日本の世界3ヶ国で楽天市場スキンケア部門の売上No.1*(注1)になった商品です。

最初のポイントは、メイクを落とすと同時に、毛穴の汚れや角栓までスッキリ取り除いてくれるってこと。じんわり温かいジェルが、毛穴をくっきり開いてケアするから、奥に詰まった汚れもしっかりキャッチ。

肌に必要なうるおいは守る

160111_skinvill_004

さらに汚れは落としつつ、うるおいは保ってくれるのがこの商品のスゴイところ。

洗顔の際、肌をこすりすぎるとうるおいが失われてしまいます。ですが、この商品。ジェルなのにとろっとし過ぎず、スッと肌に浸透し、こすらずにメイクを落とせます。だから肌を傷つけることなく、パサつくこともないので、うるおいをキープできるんです。

90%以上が「美容成分」

『skinvill』のホットクレンジングジェルは、肌に負担をかける成分を一切使っていません。敏感肌の人でも使えるように、肌にやさしい成分のみを配合しているんです。

90%が美容成分でできていて、オイルはココナッツやホホバ等の天然由来の植物性のみ。また、従来のクレンジング剤に含まれていたシリコンや合成香料などは使っていません。

メイク落とし、洗顔、保湿が
これ1本で

洗いあがりはスッキリ&うるおいたっぷり。『skinvill』のホットクレンジングジェルが優秀なクレンジング剤ってことはよ〜くわかりましたよね。
小ネタですが、これ1本でメイク落としから、洗顔、保湿まで担保してくれるから、お風呂上がりに慌てて化粧水を塗らなくても大丈夫。PLAZAで絶賛発売中なので、試してみたいって人はぜひ店頭へ。

ちなみに、LINE@で『skinvill』のアカウントを友だち追加すると、プレゼントやクーポンがゲットできます。ネット通販限定ですが、通常2,036円(税込)のところ、まとめ買いで最大1,000円オフで買えるチャンス!詳しくは下のボタンから♪

注1)
■アメリカ(2015年10月調べ)

楽天アメリカ|洗顔料部門月間ランキング1位
日本(2015年10月調べ)
楽天市場|スキンケアランキング1位
■フランス(2015年10月調べ)
楽天フランス|美容&健康、衛生月間ランキング1位

Sponsored by 株式会社Tenderly

6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。