フランスでも大人気 黒ずみ毛穴がスッキリする「ホットジェル」って?

毎日メイクをする女性にとって、クレンジング&洗顔はとっても大切。
最近ではメイクを落とせて洗顔もできる、ダブル洗顔不要のクレンジング剤も多数発売されています。

ここで紹介する『skinvill』のホットクレンジングジェルは、メイク落としと洗顔で肌の汚れを落とすだけじゃなく、肌の保湿効果も期待できるというスグレモノ。これ、ホントに便利です!!

温かいジェルが、
メイクを落として
毛穴汚れもケア

160111_skinvill_005

美肌で有名なモデル・芸能人にも愛用者が続出!アメリカ・フランス・日本の世界3ヶ国で楽天市場スキンケア部門の売上No.1*(注1)になった商品です。

最初のポイントは、メイクを落とすと同時に、毛穴の汚れや角栓までスッキリ取り除いてくれるってこと。じんわり温かいジェルが、毛穴をくっきり開いてケアするから、奥に詰まった汚れもしっかりキャッチ。

肌に必要なうるおいは守る

160111_skinvill_004

さらに汚れは落としつつ、うるおいは保ってくれるのがこの商品のスゴイところ。

洗顔の際、肌をこすりすぎるとうるおいが失われてしまいます。ですが、この商品。ジェルなのにとろっとし過ぎず、スッと肌に浸透し、こすらずにメイクを落とせます。だから肌を傷つけることなく、パサつくこともないので、うるおいをキープできるんです。

90%以上が「美容成分」

『skinvill』のホットクレンジングジェルは、肌に負担をかける成分を一切使っていません。敏感肌の人でも使えるように、肌にやさしい成分のみを配合しているんです。

90%が美容成分でできていて、オイルはココナッツやホホバ等の天然由来の植物性のみ。また、従来のクレンジング剤に含まれていたシリコンや合成香料などは使っていません。

メイク落とし、洗顔、保湿が
これ1本で

洗いあがりはスッキリ&うるおいたっぷり。『skinvill』のホットクレンジングジェルが優秀なクレンジング剤ってことはよ〜くわかりましたよね。
小ネタですが、これ1本でメイク落としから、洗顔、保湿まで担保してくれるから、お風呂上がりに慌てて化粧水を塗らなくても大丈夫。PLAZAで絶賛発売中なので、試してみたいって人はぜひ店頭へ。

ちなみに、LINE@で『skinvill』のアカウントを友だち追加すると、プレゼントやクーポンがゲットできます。ネット通販限定ですが、通常2,036円(税込)のところ、まとめ買いで最大1,000円オフで買えるチャンス!詳しくは下のボタンから♪

注1)
■アメリカ(2015年10月調べ)

楽天アメリカ|洗顔料部門月間ランキング1位
日本(2015年10月調べ)
楽天市場|スキンケアランキング1位
■フランス(2015年10月調べ)
楽天フランス|美容&健康、衛生月間ランキング1位

Sponsored by 株式会社Tenderly

6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
『ジョルジオ アルマーニ ビューティ』のポップアップストア「ARMANI BOX」が、12月1日から9日までの間、表参道にオープンします。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
くびれ&スッキリとした下っ腹を手に入れることができるという「バイシクルクランチ」。この記事ではその効果やトレーニング方法についてご紹介していきます。
フランス南部サント・マリー・ラ・メールのビーチでトップレスで日光浴を楽しんでいた女性グループに対し、訪れていた家族連れからの苦情を受け、警官が服を着るよう...
フランスにある本屋さん「mollat」のInstagramアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり...