スッキリした!と相手にいわせる「愚痴の聞き方」

長々と続く「女性の愚痴」にうんざりしてしまい、つい空返事をして怒らせてしまう。なんてことありませんか?
愚痴を聞くという行為は、一種のセラピーです。ここはひとつ、相手に「スッキリした!」と言わせるような、愚痴の聞き方を習得してみませんか?

愚痴を言いやすい環境を整える
「おもてなし精神」

shutterstock_254372797_2

誰だって愚痴をこぼさない生活を送りたいはず。それでも、愚痴が出てしまうのは、日頃無理をしてがんばって、ストレスをためているからです。疲れている女性をいたわるつもりで、彼女たちの愚痴を聞いてみましょう。

彼女が愚痴をこぼし始めたら「おもてなしの心」をフルに発揮。話しやすい環境を整えてみてください。自宅ならば、彼女がリラックスできるよう、お気に入りの紅茶を入れてみたり、甘いお菓子を出したり。ゆったりソファで横になりながらもアリかも。
カフェならケーキを追加で頼んでみると、甘いものを食べて彼女も落ち着くかもしれません。

肝心なのは「とことん吐き出してね」、というスタンスで愚痴を聞いてあげること。自分を受けとめてくれるあなたに信頼をおいて、気持ちよく愚痴をいうことができるでしょう。

ともかく共感。
彼女の心理と同化する

愚痴を話し始めたら、その途中で否定したり、解決策を提示するのは避けましょう。まずは、相手に話しきってもらうのが大事。愚痴を全部吐き出すことで、悩みの50%は解決する。なんてこともあるでしょ?ここは、愚痴を話しきってもらうことに注力しましょう。

彼女に共感し、相槌は「なるほどね」「そうだよね」「わかる」など、発言を遮るのではなく、促す言葉を使うこと。彼女の心と同化し、鏡になることを心がけると◎。彼女の言葉をオウム返しするだけでも、話を聞いてくれていると思われ、愚痴を話しやすくなるはずです。

愚痴が済んだあとが肝心
もう一歩踏み込んで聞きだす

話

愚痴を聞いただけで、何にもアドバイスや解決策を提案しないでいいの?と思うかも。ですが、解決策は彼女の中にしかありません。話が一通り終わった後が、聞き手の本領発揮です。もう一歩踏み込んで、彼女の愚痴の本質を紐解いてあげること。

キーワードは「最悪のケースは何?」です。彼女は自分が一番恐れる状況はなにか、それはなぜなのかと考えるはずです。その「なぜ」が見えてくれば、愚痴の発端を捉えることができるという訳。
たとえば、「人に低く評価をされるのが、プライドを傷つけられていやだった」や「相手に嫌われたくない。みんなで仲良くしたい」など本音が出たら、それに共感して、「じゃあどうするのがいいんだろうね?」と解決策を引き出してあげましょう。そのお手伝いをするのが、正しい愚痴の聞き方なのです。

愚痴に登場する
人物相関図を把握する

今回話した愚痴の解決策が見えたとしても、それですべてが解決されるのは稀です。また、前も同じようなことを聞いたなというような愚痴を聞くことがあるでしょう。ここでうんざりするのではなく、前回の愚痴で出てきている人物相関図、状況を記憶から引っ張り出し、彼女が愚痴を話しやすいようにサポートしてあげましょう。

●●という人物が出てきたら、「前に△△した●●さんだね」など自分が知っている情報を補足すると、彼女は自分の状況を理解してくれている、自分の話を聞いて覚えていてくれると安心でき、あなたを誠実な人だと信頼してくれるでしょう。
また、前回の話を覚えていることで、最後に彼女の本音を引き出す際に、さらに掘り下げることができるはず。

このような愚痴の聞き方のコツを取り入れて、聞くときは「自分はカウンセラー」になったつもりで臨んでみては?

付き合っている人との間で何か問題が発生すると、友達に話したがるのは女子の悪い癖かもしれない。でもそれ、肝心な恋人との関係に亀裂をいれているかもしれない。知...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
失恋したら辛いものですが、いつまでも悲しい気持ちであふれた状態ではいたくはないものです。どのように過ごしたら恋の痛手から、早く立ち直ることができるのでしょ...
女性と男性では、価値観が微妙に違ってきます。どんなに長く付き合った恋人同士であっても、気持ちがすれ違ってしまうことだって珍しくありません。この記事は、男性...
幸せとは、毎日の小さな習慣によって大きく左右されるものです。いま、もしもあなたが幸福感を得られていないとしたら、それはひょっとしたら悪習慣が生活の一部にな...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
「Elite Daily」に母親と喧嘩することなく、恋愛相談をする方法が掲載されていた。読んでみると自分よりもずっと愛を知っている、一人の女性としてのアド...
愚痴ばっかり言っていると暗い顔になる、間食ばかりしているとデブになる、愛されることを諦めたらブスになる。そんなこと言ったって、気持ちは晴れない時があるし、...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
相手の行動を先回りして準備するのはおもてなしの基本。しかし、実は先回りのし過ぎも相手に負担をかけてしまうことがあるのです。ここでは、拙著『「また会いたい!...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
CAの仕事ではたくさんのお客様にお会いします。接客に正解はありませんが、相手の方の気持ちを考え、人や場に合った気くばりをすることはとても大切。それはサービ...
友だちに相談を持ちかけても、曖昧なまま返される…それはひょっとしたら、相談に適した「星座」に声をかけていないせいかも。「Elite Daily」のAlex...
将来についての悩みや不安を誰かに相談したいとき、脳裏に浮かぶ人たちの中に両親の顔が思い浮かぶことでしょう。でも、子どもの幸せを誰よりも考えているはずの彼ら...
出会うことはカンタンな時代。だからこそ、その先に思いが通じ合って、心を通わせられる相手を見つけることは、本当に特別なことだと思う。相手が外国人であればなお...