「なんか」を多用する、リップサービスが多い・・・誰にでもいい顔をする人間4タイプ

世の中には、人から嫌われないで周囲の人から重んじられることを願って行動するあまり、逆に人から軽んじられ、バカにされている人がいます。今回は、書籍『バカに見える人の習慣』(樋口裕一・著)から、こんな4タイプの人を紹介しましょう。

01.
周りから浮きたくない
引っ込み思案

shutterstock_232221151_2このタイプの人は、目立つことを必要以上に恐れる。自分から申し出れば評価が高まる時でも、黙ったままでいる。

会社で「これができる人はいませんか」などと言われても、応えようとしない。発言することによって大きな得をする場合でも、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうのだ。

この中には2種類のタイプがいて、1つは本当に自分に力がないと思っている人。厄介なのはもうひとつのタイプだ。自信は持っているのに、自信があると思われることが恥ずかしい。そのような態度を見せると、周囲から浮きそうな気がする。だから謙虚なふりをする。一度断っても、そのうち無理やりもう一度依頼してもらえないだろうかと期待している。そうして、心の葛藤を抱きながら、積極的になれないのだ。

02.
“いい人”を演じるために
何事にも「Yes」と答える

shutterstock_321420485_2このタイプの人は、単に人の依頼を断れないだけ。今度こそ断ろうと思っても、相手に説得されるとつい引き受けてしまう。論理的に仕事の必要性を説明される場合もあるだろうし、泣きつかれる場合もあるだろう。強く命令されるだけの場合もあるだろう。

だが、相手は「あの人に頼めば、はじめのうちは渋っていても、最後には必ず引き受けてくれる」と思っているから、一度や二度断られてもひるまない。そうこうするうちに、「便利な人間」として使われるようになってしまう。

03.
キチンと説明できないから
「なんか」を多用する

shutterstock_179854181_2「なんか◯◯な気がする」という表現を多用する人がいる。ぼかして曖昧に語る用法として使う場合もあるが、たいていは、何かを批判したいのだが自分でもはっきり言えない時に、これを用いる。

「なんかおもしろくない」「なんか退屈」「なんか物足りない」などだ。しかし、非難されている方からすると、「なんか」で済まされたのではかなわない。ほめられるときには「なんか」でもいいだろう。しかし、批判するときには、「なんか」ではあまりに無責任だ。これでは、他者を非難する資格はない。非難するときには、きちんとどこがどのようによくないのかを明確にする必要がある。それができなければ、非難してはならない。

04.
行動が伴わず、口だけの
リップサービスをしてしまう

shutterstock_343352249_2「安心してください。私が最後まで責任を持って面倒を見ますから」「悪いようにはしません。大丈夫ですよ。私がやりとげます」などと言う。

先のことを考えないで、きっと心からの善意によってそのように言っているのだろう。だが、覚悟を持ってそのようなことを語っているわけではない。実際に責任を持つとなると、多くの労力、多大な資金力が必要だ。後になって、そのようなことを約束できないことに気付くのだが、つい言ってしまうのだ。

このような行為は、二重の意味で知性を疑われる。

第一に、責任を取れないことを言ってしまっている。第二に、このように口にするということは、普段責任を取る必要のある仕事につかず、安易なことを口にしても構わない仕事をしていることを、自ら告白していることを示している。ふだんから責任ある地位にいたら、このようなことを口にできるはずがない。

バカに見える人の習慣

バカに見える人の習慣~知性を疑われる60のこと~(著:樋口 裕一)

本人も気づかないうちに、その人の“知性”を損ねていた「バカの素(もと)」は何か? 小論文指導の第一人者にして、250万部のミリオンセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』の著者が教える、近ごろ目立つ「バカに見える行動」から逆説的に学ぶ知的習慣のヒント。

〈savex(サベックス)〉のリップクリームは、ストック買いにオススメ。まず値段が安い。自分は1つ110円で買いました。最近国内では店頭販売で取り扱いがな...
"アニメ『魔法の天使 クリィミーマミ』に「魔法のステッキ」をそのまま小さくしたようなリップクリーム。実際のステッキと同じようにハートモチーフがくるくる回る...
コスメって機能も大切ですけど、見た目も大切!ラブリーなパッケージやアイテムは気分も上がるし、もっとキレイになれる気がしますよね。そんな女心をわしづかみにす...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
「人間は中身」とは言っても、見た目からその人がどんな性格なのか、なんとなく見えてくるのも、事実。人それぞれこだわりがあるメイクのなかでも、顔の印象をがらっ...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
「Elite Daily」で紹介された記事を読むと、心理学的にいうと、タイプAとタイプBと性格別で分けたとき、タイプAの人は、仕事熱心で出世欲が強いとされ...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...
ひし形、おも長、タマゴ型。人によって、顔の輪郭はじつにバラエティに富んでいます。顔の形を見ただけで、その人の「性格が言い当てられる」と豪語するのは「Lit...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
人によって性格はまったく異なるので、一緒に仕事をしているとどうしても衝突する場面って出てきますよね。あの人はどうしてあんな考え方をするんだろう、と思うこと...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
「知能は単一ではなく複数である」。そう説くのはハーバード大学ハワード・ガードナー教授。曰く、人間は誰でも8種類の知能を持って生まれており、その組み合わせに...
サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型惑星...
人それぞれの個性と同じように、「知性」にもいくつかの種類があります。文学的才能に長けている人もいれば、芸術肌も。こうした知性を「I Heart Intel...
葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をリップに描いちゃうなんて斬新。「Girl Grey Beauty」名義で活動する、1991年生まれのカナダ人メイクアップアーテ...
仕事でもプライベートでも、あらゆる場面で魅力的な人になるために。
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...