大人になってからの片想いって、ほんとうにツラい。

気が多い女の子」の記事でもありましたが、大人になってから、ついつい、うっかり、人のことを本気で好きになってしまったときって、改めて恋愛の苦さを思い知ります。

お互いに恋人がいないものの、「ぜんぜん脈ないよね」って分かりきってるとき、ほんとうに、その人だけを一生懸命に想いつづけることって、意味があるんでしょうか?

男性って、捕まえたくなるような女性が好きって言うし。

辛くなってしまうくらいにまっすぐ想ってしまったら、もう『うまく転がすこと』なんて、できないです。つぎ会える保証もないのに、誘いを断るとか。わざと既読無視とか。

 

もちろん、こんな恋愛ばかりしてきたワケじゃありません。だからこそ、こういう片想いって勝ち筋が見出せないことも気付いてます。

 

たいして好きじゃない人の心は、思った以上に掴めたりするのに
うっかり堕ちる恋こそ、うまくいかなくて、ドツボ行きなんて人生は手厳しいですよね。

 

「あ〜あ、ズルい女になりたい」。

一喜一憂に疲れて、片想い仲間にポロっと弱音を吐いたら
「いや、それは思わないわ〜」って言われてしまいました。

え、今まで散々この苦さに共感してくれてたのに?

「だって、ズルくなるのなんて簡単じゃん」

 

はっ……。

刺さりました。グサって。

 

社会に出て、自分で稼いで生活している20代半ばにもなって、まだ中学生みたいな片想いをして、うまくいかない現実を夕暮れ時に嘆いている。

放課後の教室で食べていたポッキーの代わりに、ビールとおつまみにはなったけれど、確かにそう言われてみれば、あの頃に比べて「ズルくなる」ことは容易になったはず。

テキトウな恋愛を楽しむ機会だってそれなりにあったし、大人になったということを言い訳に、下心をむき出しにして『遊び』と称することだって。

 

 

でもいま、私たちは苦しい恋愛をしている。恋をしている。片想いをしている。脈なしを認めたくないくらいの。

うまくいかない片想いに、みっともないくらい嘆くことができるのは、人生であと何回だろう。

 

──この先、ずる賢くなるチャンスはいくらでもあるかもしれないけれど、その逆は、確かに、もう、ないのかもしれない。

 

たったひとりのことを想って、心をエグられたり、悩んだり、「おはよう」だけで喜ぶような時間を過ごすこと自体を、何より大事にするべきなのかもしれない。

 

だから、「もっと遊んだら?」とか、「うまくいかないなら次行きなよ」とか、「時間がもったいない」って言われるたびに、この恋心をないがしろにしてやりたくなるけれど。

まだ苦しいと思えるうちはグッと堪えて、馬鹿だと知りながら、まっすぐ大事にしてみようと思うのですが、ご一緒にどうですか、片想いに悩めるみなさん。

 

片想いは苦手です。だって辛いし、ハラハラするし、楽しむ余裕なんてない。駆け引きできるほど、大人じゃない。こんな想いを抱えているあなたは、きっと、ううん、絶...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
この4種類をデスクに常備しています。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
愛情を出し惜しみすることは、人生史上、もっとも無駄なことです。
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
好きな人と両思いになるには、彼との距離を縮める必要があります。話したことがなければ、まずは「話すきっかけ」を作りましょう。また、既に友人の関係にある場合は...
実家を離れて、一人暮らしも順調。家賃もなんとか払えているし、部屋もそこそこ綺麗。でも、その生活スタイルを深く掘ってみると、案外まだ「子ども」な部分が見え隠...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
楽しいこともあれば、誰もが苦しんだ時期もあろう青春時代。「The School of Life」によると、その苦しみは、その後の人生である重要なことにつな...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
成長って、自分ではなかなか実感しにくいものですよね。自分の意識としては、昔と全然変わっていない、まだまだ子ども、なんて気がするものです。でも、誰だって自分...