「世界最高」の呼び声高いケーキ

いま、世界最高の呼び声高いケーキがあるのを知ってますか?なんでもノルウェーではあまりにファンが多いことから、“国民的ケーキ”扱いになっているとかいないとか。

実際のところどうなのよ、そんな疑念を抱いたSarah Jampelが“最高”の芯部に迫った「Food52」の記事を紹介します。最高かどうかを確かめるために甘〜いケーキを食べるだなんて、それこそ“最高”の言い訳だなぁ。

最高を“最高”たらしめるもの

5822770931826688
©James Ransom

「世界最高の〇〇」といった形容はいいけれど、その信ぴょう性を過小評価してはいませんか?

ここ数週間で思ったことは、白黒のクッキーであろうと、アイスクリームトラックで買うアイスだろうと、ベーグルとクリームチーズの比率だろうと、“最高”と呼ぶのは、おでこに牛の目のタトゥーを入れてそれをいい!と言っているのと同じようなもの。

何が言いたいかって、何を思って“最高”とするかはさておき、中にはそれを否定する人も少なからずいるということ。ならば負けを認めたほうが話は早い。だって、リベラルアーツ目線から言えば、それでは確実な勝者を見つけるどころか、「最高の〇〇」の意味をただ複雑化しているだけだから。

6087912298905600
©James Ransom

論理的に考えれば「最高の〇〇」が主観でしかないと理解できるものの、クリックベイト(釣りタイトル)のために、ネット上で多用される「最高の〇〇」に私たちユーザーはつねに騙されているのだから。

でも、なんでかこう言われると分かっていても、やっぱり気になっちゃうんですよね。「トーストにのせる最高の具材はコレだ!」とか、「夏にぴったり極上のサラダ」とか、「ニューヨークで最も人気のあるバーガー屋」などなど。

人生と同じように資源にも限りがあるわけだから、私たちはいつ何時も、最高を求めてしまうのかもしれない。だって、一生のうちで食べられるピザの枚数に限りがあるわけだから、そこそこ生ぬるいような一枚に時間をかけたくなんかない。

だから私はSweet Paul Magazineで「世界最高のケーキ」の話題を目にしたとき、やっぱり試してみるほかないと思ったんです(ちなみにノルウェー生まれのこのケーキ、2002年には同国の国民的ケーキになったんだとか)。

というのも、Sweet Paulに掲載されるケーキ(例えば塩アーモンドプラリネケーキレモンハニーシロップ漬けポレンタケーキカルダモン揚げケーキ)には、以前から心酔しっ放しで。でも、“最高”の冠がついたのは、これが初めてでした。

では、いったいこのケーキの何が彼らに“最高”と言わしめ、ノルウェー国民の心を奪ったのでしょう?

メレンゲとホイップクリーム、
パウンドケーキの重層的な幸せ

4951895193944064
©James Ransom

レシピを見る限り、たしかにこのケーキのつくりはテクニカル。なんせ生地にメレンゲを載せて、全部一緒に焼いてしまうんだから。30分もすればメレンゲは黄金色にふくらみ、ケーキ自体も完成。

それを冷ましてから、真ん中にナイフを入れると長方形のスライスがふたつ。ソフトなホイップクリームをひとつのスライスの表面に塗りたくり、上にもう片方のスライスをどんと載せ、冷蔵庫で約1時間。すると、幾重にも重なるバターたっぷりのパウンドケーキの層が、ふんわりとしたメレンゲ、ホイップクリームとともにしっかりと固まってくれるんだそう。

このレシピを用いれば、メレンゲを焦がす心配も、タワーケーキを均一にするため層を端折ったりする必要もなし。コーティングが粉々にならず、ボウルを2つ以上使う必要もありません。

けれど、欲張りな私は“最高”では物足りず(この件についてはおいおいセラピストにでも相談します)、さらにもうひとアレンジ。スライスしたバナナ、トーストしたココナッツ、挽いたシナモン、さらにはカルダモンで味と食感をグレードアップさせてみました。

Sweet Paulではフレッシュないちごを薦めていましたが、私はクリーミーでやわらかなバナナがお気に入り。ココナッツとスパイスはと言えば、これほど大きなケーキを食べる至福にちょっとだけエンタメをプラスしたという程度。

これが果たして世界最高?正直、そうは思えなかったんですが、それを否むこともまたできませんでした。ということで、決めるのはアナタ。

6444162186477568
©James Ransom

Sweet Paul Magazineのレシピをオリジナルに改編した「世界最高のケーキ」〜バナナ&ココナッツ入り〜。詳しいレシピはこちらからどうぞ。

Written bySarah Jampel
Licensed material used with permission by Food52
Top image: © James Ransom
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがま...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
この、美味しそうにデコレーションされたチョコレートケーキが、いまからクルクルと回転していきます。すると…メチャクチャ不思議!楽しい仕掛けがぎっしり詰まって...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
色とりどりのお菓子で溢れるRaymondさんのInstagramアカウント。見ていると幸せな気分になってくる。驚きなのは、このクオリティーの高さで独学だと...
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
どこか有名店のクリスマスケーキをあらかじめ予約するのも楽しみのうち。ですが、手づくりで誰かをもてなすのもいいですよ。オーブンがなくても、ケーキ型がなくても...