「世界最高」の呼び声高いケーキ

いま、世界最高の呼び声高いケーキがあるのを知ってますか?なんでもノルウェーではあまりにファンが多いことから、“国民的ケーキ”扱いになっているとかいないとか。

実際のところどうなのよ、そんな疑念を抱いたSarah Jampelが“最高”の芯部に迫った「Food52」の記事を紹介します。最高かどうかを確かめるために甘〜いケーキを食べるだなんて、それこそ“最高”の言い訳だなぁ。

最高を“最高”たらしめるもの

©James Ransom

「世界最高の〇〇」といった形容はいいけれど、その信ぴょう性を過小評価してはいませんか?

ここ数週間で思ったことは、白黒のクッキーであろうと、アイスクリームトラックで買うアイスだろうと、ベーグルとクリームチーズの比率だろうと、“最高”と呼ぶのは、おでこに牛の目のタトゥーを入れてそれをいい!と言っているのと同じようなもの。

何が言いたいかって、何を思って“最高”とするかはさておき、中にはそれを否定する人も少なからずいるということ。ならば負けを認めたほうが話は早い。だって、リベラルアーツ目線から言えば、それでは確実な勝者を見つけるどころか、「最高の〇〇」の意味をただ複雑化しているだけだから。

©James Ransom

論理的に考えれば「最高の〇〇」が主観でしかないと理解できるものの、クリックベイト(釣りタイトル)のために、ネット上で多用される「最高の〇〇」に私たちユーザーはつねに騙されているのだから。

でも、なんでかこう言われると分かっていても、やっぱり気になっちゃうんですよね。「トーストにのせる最高の具材はコレだ!」とか、「夏にぴったり極上のサラダ」とか、「ニューヨークで最も人気のあるバーガー屋」などなど。

人生と同じように資源にも限りがあるわけだから、私たちはいつ何時も、最高を求めてしまうのかもしれない。だって、一生のうちで食べられるピザの枚数に限りがあるわけだから、そこそこ生ぬるいような一枚に時間をかけたくなんかない。

だから私はSweet Paul Magazineで「世界最高のケーキ」の話題を目にしたとき、やっぱり試してみるほかないと思ったんです(ちなみにノルウェー生まれのこのケーキ、2002年には同国の国民的ケーキになったんだとか)。

というのも、Sweet Paulに掲載されるケーキ(例えば塩アーモンドプラリネケーキレモンハニーシロップ漬けポレンタケーキカルダモン揚げケーキ)には、以前から心酔しっ放しで。でも、“最高”の冠がついたのは、これが初めてでした。

では、いったいこのケーキの何が彼らに“最高”と言わしめ、ノルウェー国民の心を奪ったのでしょう?

メレンゲとホイップクリーム、
パウンドケーキの重層的な幸せ

©James Ransom

レシピを見る限り、たしかにこのケーキのつくりはテクニカル。なんせ生地にメレンゲを載せて、全部一緒に焼いてしまうんだから。30分もすればメレンゲは黄金色にふくらみ、ケーキ自体も完成。

それを冷ましてから、真ん中にナイフを入れると長方形のスライスがふたつ。ソフトなホイップクリームをひとつのスライスの表面に塗りたくり、上にもう片方のスライスをどんと載せ、冷蔵庫で約1時間。すると、幾重にも重なるバターたっぷりのパウンドケーキの層が、ふんわりとしたメレンゲ、ホイップクリームとともにしっかりと固まってくれるんだそう。

このレシピを用いれば、メレンゲを焦がす心配も、タワーケーキを均一にするため層を端折ったりする必要もなし。コーティングが粉々にならず、ボウルを2つ以上使う必要もありません。

けれど、欲張りな私は“最高”では物足りず(この件についてはおいおいセラピストにでも相談します)、さらにもうひとアレンジ。スライスしたバナナ、トーストしたココナッツ、挽いたシナモン、さらにはカルダモンで味と食感をグレードアップさせてみました。

Sweet Paulではフレッシュないちごを薦めていましたが、私はクリーミーでやわらかなバナナがお気に入り。ココナッツとスパイスはと言えば、これほど大きなケーキを食べる至福にちょっとだけエンタメをプラスしたという程度。

これが果たして世界最高?正直、そうは思えなかったんですが、それを否むこともまたできませんでした。ということで、決めるのはアナタ。

©James Ransom

Sweet Paul Magazineのレシピをオリジナルに改編した「世界最高のケーキ」〜バナナ&ココナッツ入り〜。詳しいレシピはこちらからどうぞ。

Written bySarah Jampel
Licensed material used with permission by Food52
Top image: © James Ransom
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
SNSで人気が拡がり販売開始とともに毎回売り切れると話題の、人生最高のチーズケーキ「Mr.CHEESECAKE」の生みの親、田村浩二に迫るドキュメンタリー。
かつて著名人のヘアメイキャップアーティストであった小澤高志氏が銀座のバーで日曜日だけ間借りしてスタートさせた小さなケーキ屋「ミラーケーキストア」。グルテン...
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
東京「自由が丘スイーツフォレスト」が「シルバニアファミリー」とコラボレーションしたクリスマス限定のケーキを発売する。注目は、3Dシュガーアートクリエイター...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
すでに世界各地で活躍しているバーテンダーロボット「Makr Shakr」は、世界最高のカクテルを提供してくれる。話し相手にはなってくれないが、多少のわがま...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...