リアーナが手がけるコスメブランドのモデル「その正体」

誰も彼女を知らなかった

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。そこに写っていたのは世にも美しいひとりの黒人女性。長くしなやかな手足と闇のように厳かに黒い肌は、息を呑むほど妖艶。

ヌードで、黄金に輝くアクセサリーを身につけて撮影された写真は彼女がモデルであることを物語っていたが、誰ひとりとしてその名前を知る人はいなかった。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

彗星の如く現れた彼女は「Shudu」と名乗り、世界中の人びとを次々と魅了。瞬く間に莫大な数のフォロワーを獲得した。リアーナがプロデュースするコスメブランドの「Fenty Beauty」のモデルを務める姿もアップされ、彼女はますます注目を集めるようになっていった。

しかししばらくして、衝撃の事実が明かされる——。

彼女は「実在しない」

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

その言葉に多くの人が衝撃を受けた。中には落胆する人も。「Shudu」はイギリスの写真家であるCameron-James Wilsonが手がける、3DCGだったのだ。

とはいえ、巧妙な技術を駆使したドッキリか何か、なんて思ってはいけない。彼女はある深い思いのもと作られていたのだから。

モデル業界の多様化を象徴

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

作者のCameronはこう語る。

残念ながら「Shudu」は実在しない。でも彼女は現代の多くのモデルを象徴する存在なんだ。今ファッション業界には、肌の色が濃いモデルを起用する大きなムーブメントが起こってる。「Shudu」はそういったモデルたちを象徴している、その影響を受けて生まれた存在なんだ。

昔から白人至上主義を指摘されてきたモデル業界。世界的なファッションショー等でもその傾向はまだ根強いといわれる。

『The fashion spot』の報告によれば2017年春のコレクションの299のショーに出演したモデルのうち、74.65%は白人だったという。最近は「モデルに多様性を」という声と試みも目立ってきているし、この数字も以前よりは改善されてはきているが、それでも黒人や黄色人種は以前として圧倒的なマイノリティーだ。

スーダン出身のオーストラリア人モデル、Ajak Dengが白人至上のファッション業界にうんざりしてモデル引退を表明したというニュースもほんの2年前のハナシ。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

そんな業界の動向に注目して、「黒の持つ素晴らしさ」を体現する「Shudu」は作られた。

彼女をリアルな存在として運営するか、フィクションだと公表するか、実のところどうしていいかわからないと感じたこともあった。でも僕は「Shudu」を単なる人気インスタグラマーとか、インフルエンサーにはしたくなかったんだ。彼女はあくまで「芸術作品」なんだ。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

「Shudu」はその秘密を明かした後、現在も「バーチャルモデル」としてInstagramを更新し、魅力を発揮し続けている。彼女にまつわる騒動はモデル業界の多様化を後押しするのか、するとしたらどのような影響を与えてゆくのか、注目だ。

ところで、先に触れたとおりアジア系もいわゆるスーパーモデルの中では少数派。いつかアジア諸国でも「Shudu」みたいなCGのファッションモデルが作られて、名を馳せる日が来るかもしれない。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿 -

Top Photo by Shudu
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
生まれつき右手の一部がないモデルShaholly Ayersさん。現在は広告モデルになったり、ファッション・ウィークでランウェイを歩いたりと大活躍。だけど...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
NYのフォーダム大学で教授をしているLyn Slaterさんは、ニューヨークファッションウィーク中に友だちとランチに出かけたところ、ジャーナリストにパシャ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
この、きりっとした目線のダンディーなお方はPhilippe Dumasさん。モデルとして、それなりのキャリアを持っていそうですよね?ところが、仕事を始めた...
カナダの人気雑誌「NOW」の年始特集『Love Your Body』が巷で話題になっている。母乳を飲ませる母、全身火傷を負った男性、タトゥーだらけの女性、...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
夏のジメジメした暑さはなんとも言えない心地悪さ。シャワーを浴びてもすぐまた汗をかいてしまいどうすればいいのか…。だったら視覚から涼んでみない?水を浴びせら...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?