イイ意味で裏切られる、ゴールドコーストの意外な3つのコト

海岸沿いにそびえ立つ高層ビルに、エメラルドグリーン色の海でライドするサーフィン。そして、ガッツリとかぶりつくオージービーフのステーキ。

「ゴールドコーストといえば?」と聞いたら、このようなイメージが頭に思い浮かぶのではないでしょうか。だけど、あまりフィーチャーされていないところも、意外とオモシロい。

この記事ではクイーンズランド州ゴールドコーストにフォーカスして、3つのポイントを紹介します。

01.
ゴールドコーストには
「世界最古の多雨林」がある

北から南に、東から西へ、とにかく面積が大きいオーストラリアにはいろいろな気候が存在します。ゴールドコーストから車で1時間30分くらいの場所には、“世界最古の多雨林”と呼ばれる「ゴンドワナ多雨林群」が広がっています。

このレインフォレストは、世界自然遺産にも登録されていて、1億3000万年ほど前からその姿を大きく変えてないといいます。だから、恐竜がいた時代から生息している動植物たちの存在も確認されるほど。

ちなみに、この「ゴンドワナ多雨林群」は先住民アボリジニの伝承における獣人「ヨーウィー」の生息地としても知られています。今でもこうした伝説が語り継がれるのは、太古の自然を肌に感じられるからなのかもしれませんね。

02.
波に乗らないアクティビティも
盛り上がってる

少しでもサーフィンに興味があるなら、ゴールドコーストにはサーフポイントが密集しているというのは知っていますよね。だけど、サーフィン以外のマリンスポーツをはじめにいろいろなアクティビティが楽しめるようになっています。

サーフィンはちょっと怖いという人にピッタリのSUPやビーチでリラックスしながらおこなうヨガ。

また、南半球に位置するオーストラリアでは4月以降が秋となるので、これからのシーズンはトレッキングやハイキングにも注目!例えば、先ほど紹介した「ゴンドワナ多雨林群」の中にある「ウーランビン国立公園(元マウントウォーニング国立公園)」では、大自然を味わいながらゆったりと登れるビギナー向けのハイキングコースもありますよ。ちなみに、ここはパワースポットとしても有名。

03.
お肉の印象が強いけど
オーガニックフードもオススメ

北米や西欧で盛り上がっているオーガニックフード。ゴールドコーストでも、当たり前のようにオーガニック野菜を使った料理やオーガニックワインが楽しめます。もちろんオージービーフのステーキは食べられるのですが、それだけじゃないというのがポイント。

余談ですが、1990年代からオーストラリア流の「和牛」も育てられています。ローカルの人は、よく外食のときにこの肉を食べるんです。

他にも見た目にまで気をつかったコーヒーを提供するカフェが増えてきています。なかでも、オーストラリアならではのフラットホワイトを忘れてはいけません。Billsのようなパンケーキを提供する場所もたくさん!

また、ゴールドコーストが所属するクイーンズランド州ではサトウキビの生産量が多く、ラム酒の製造は100年以上の歴史があります。日本では市販されていないので、お土産としてラム酒を購入する人も増えてきています。

結局、なんでもできる!

この記事ではあまり知名度のないゴールドコーストの一面を紹介しました。ビーチリゾートだけでなく世界最古の森もあり、サーフィンだけでなくトレッキングやハイキングも楽しめて、オージービーフのステーキ店だけでなくオーガニックフード店も増えています。

僕たちが思い浮かべるゴールドコーストよりも、かなり幅広いことを楽しめるのがゴールドコーストの「本当の魅力」なんです。

他の記事を見る
3月1日から、オーストラリアのクイーンズランド州で自動車のナンバープレートに「絵文字」を使用することができるようになります。使用可能な絵文字は全5種類。す...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
オーストラリアでもっとも古い大学である、シドニー大学。ここに今、中国人観光客が殺到しています。
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。