ちょっとお得に旅する「京都・大阪 2日間」

関西旅行といえば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)をメインに計画を立てる人も多いのでは?USJでの利用でときめきポイント*が基本の10倍になるイオンカードセレクト(ミニオンズ)はそんな時に嬉しいカード。

ただ1泊2日でUSJへ旅行するとき、意外と困ってしまうのがその周辺での観光です。そんなあなたには1日目を京都で過ごすことをおすすめ。

大阪へのアクセスも良く、伝統を大切にしながらも“今っぽい”スポットも多い京都。1泊2日の京都・大阪旅はこんな風に過ごしてみてはいかがでしょうか。

土曜日
昔ながらと今の京都を感じる

11:00 京都らしさを感じるランチでスタート!

©2019 TABI LABO

京都に到着して向かうのは綾小路通にある「満月の花」。昔から近隣より様々な食材が集まってくる場所であった京都。「満月の花」では近隣府県から仕入れた食材を使い日替わりランチを提供しています。

©2019 TABI LABO

京都の伝統的なお漬物であるしば漬けをアレンジした「しば漬けのタルタルソース」で食べる鶏かつ御膳は人気メニューのひとつ。しば漬けの酸味でさっぱりといただくことができます。またカリカリとした食感が、鶏かつのサクッとジューシーな食感と相性抜群!

※「満月の花」はイオンマークのカードの優待施設です。
イオンマークのカードのご提示で抹茶ミニスイーツをプレゼント。

13:00 「かわいい」を探して街散策

©2019 TABI LABO

ランチでお腹いっぱいになったら、せっかくなので数時間着物をレンタルして、京都の街を散策。

まず向かうのは、祇園の中心を通る花見小路通。“粋”をテーマに和の要素を取り入れながらも本格的な洋菓子を作るパティスリー「ぎをんさかい」に立ち寄ります。種類が豊富で悩むけれど、食べ歩きができるように「京さんど」をチョイス。

©2019 TABI LABO
©2019 TABI LABO

京都宇治・森半の抹茶を使用したバタークリームに小豆を合わせ、サブレでサンドした「抹茶」。バタークリームにラム酒に漬け込んだレーズンを合わせ、サブレでサンドした「ラムレーズン」。和を感じる上品なサブレはまさに”粋”!

©2019 TABI LABO

さらに散策し、休憩で立ち寄りたいのが河原町にある「喫茶 ソワレ」。

まるで宝石のようなカラフルに輝くゼリーがたっぷり入った「ゼリーポンチ」がここの人気メニュー。1948年創業で、店内のインテリアはレトロで可愛らしく、外観も趣のある佇まい。人気店なのでちょっと並ぶかもしれないけれど、ここだけでしか味わえない空間とスイーツです。

16:00 「京都に来たー!」と全身で感じる

©2019 TABI LABO

定番の観光地ですが、嵐山まで足を延ばしてみましょう。サラサラと風に揺られる竹の葉の音や、その合間からキラキラとこぼれる太陽の光。「京都に来たぞ!」と感じられる場所です。

17:00 渡月橋を眺めながら、コーヒータイム

©2019 TABI LABO

竹林散策の後は、渡月橋のすぐ近くにある「% Arabica Kyoto Arashiyama」でひと休み。全面ガラス張りの店内からは目の前に流れる桂川を眺めることができます。

日本だけではなく香港、中東にも数店舗を構えており世界中にファンが多く、ここ嵐山店も観光客でいっぱい。どのコーヒーも美味しいですが、おすすめはラテ!2014年にラテアートの世界チャンピオンに輝いたヘッドバリスタ監修のラテを楽しむことができます。

19:00 京野菜を使った「京イタリアン」に舌鼓

©2019 TABI LABO
©2019 TABI LABO

和のイメージが強い京都ですが、フレンチやイタリアンのレストランも多いのが京都。夜は地元の人にも人気の「Obase(オバセ)」へ。ローカルな食材を使って料理するのがイタリア料理の原点だというオーナー小長谷シェフは、京都の地野菜にこだわり、自ら農園に足を運び仕入れています。

©2019 TABI LABO

メニューは月替わり。京都やその周辺で仕入れた食材を、和の技法や調味料も取り入れたクリエイティブな「京イタリアン」で一日を締めましょう。

21:00 伝統美 x 現代デザインの上質ステイ

©2019 TABI LABO

宿泊は「京都グランベルホテル」。風情漂う祇園の中心に佇むデザイナーズホテルで、和と洋を融合した半地下のエントランスラウンジは思わず腰を下ろして寛ぎたくなる快適な空間。大人な雰囲気たっぷりです。

©2019 TABI LABO

畳にベッドが置かれた和室は、思いっきりくつろげる空間。今日撮った写真を眺めながら思い出を振り返り、のんびり過ごしましょう。

※「京都グランベルホテル」はイオンマークのカードの優待施設です。
イオンマークのカードのご提示で、(1)京都グランベルホテル内のBAR「KONJIKI 金色」にてミックスナッツを1皿無料サービス。(2)京都グランベルホテル内のBAR「KONJIKI 金色」全メニュー10%OFF

日曜日
早起きしてUSJへ!

朝は「京都グランベルホテル」の和洋食ブッフェでスタート。日本各地の有名旅館やホテルも兼任する総料理長監修で、地元の食材を使ったおばんざい料理も頂けます。

お腹を満たしたら、いざUSJヘ出発!

™ & © Universal Studios

お待ちかねのUSJ。乗りたいアトラクションもたくさんあり、意外と歩き回るので、すぐお腹も空いてきます。フィネガンズ・バー&グリルのシーフードのパイ包み焼きセット、三本の箒のロティサリー・スモークチキンはランチとして食べておきたいし、ハリーポッターのバタービール、スパイダーまん、ミニオンまん、スヌーピーまんはインスタに収めておきたい。

何かとお金を使う園内では「イオンカードセレクト(ミニオンズ)」が大活躍。もちろんお土産だってときめきポイント*が基本の10倍です。これがあるだけで、お得に、そして賢くUSJを楽しむことができますね。

*ときめきポイントはカード利用で貯まるポイントです。基本は200円(税込)ごとに1ポイントが付与されます。

※イオンカードセレクトのクレジット払いのご利用代金はイオン銀行口座からのお引落しとなります。
※イオンカードセレクトお申込み完了後、イオン銀行投資信託口座も同時にお申込みいただけます。
※お申込み前に「ご入会特典に関する注意事項」をご一読ください。
※カード発行には所定の審査がございます。
※すでにイオンカードセレクトをお持ちのお客さまはイオンカードセレクト(ミニオンズ)をお申込みいただけませんが、イオンカード(ミニオンズ)のお申込みは可能です。
※すでにお持ちのイオンカードやイオンカード(ミニオンズ)、イオンカードセレクトからのイオンカードセレクト(ミニオンズ)へのお切替えはできません。

昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...