世界一快適なスニーカー「Allbirds」の履き心地って、どーなんよ?

サステイナブルなことに興味を持ち始めたももかです。

今回は今年1月にオープンしたばかりの「Allbirds」。

アメリカのTime誌が「世界一快適なシューズ」と紹介したブランド。しかも、履き心地の良さだけでなく、環境に優しい素材が使われている点でも評価が高い。

そんな素敵なスニーカーは気になる!っちゅうことで、さっそくお店に行ってみました!

allbirdsの外観
©2020 NEW STANDARD

場所はJR原宿駅から徒歩1分のところ。

allbairdsの内観1
©2020 NEW STANDARD
allbairdsの内観2
©2020 NEW STANDARD
allbairdsの内観3
©2020 NEW STANDARD

店内は広々としていて、空間がめっちゃおしゃれ〜♡

Allbirdsのスニーカーはメリノウールを使った「Wool」・ユーカリの木の繊維を使った「Tree」など、5つのシリーズにわかれています。その中でも特に人気の「Wool Runners」を実際に履いてみたで!

allbairdsのサスティナブルな靴
©2020 NEW STANDARD

なにも履いていないような感覚になるくらい、めっちゃ軽い!!!!!一度これを知ってしまうと、普段履いている靴が重く感じられてしゃあないわ……。

そして、歩きやすい。かかとの部分が柔らかく、伸縮性があるのでストレスなく歩ける。一回履いてみないとこの感動はわかれへんで。ウールのおかげで暖かさもあるし。

allbairdsのWool Runners
©2020 NEW STANDARD

それに加え、汚れてもそのまま洗濯機で丸ごと洗えます。これはありがたいよな♡

インソール部分には石油ではなくヒマシ油が使われていて、炭素排出量を抑えることにも寄与しているそう。

allbairdsのサスティナブルなインソール
©2020 NEW STANDARD

ソールの部分にはサトウキビから抽出したエタノールが使われています。「allbirds」の文字もかわいい♡

allbairdsのサスティナブルなソール
©2020 NEW STANDARD
allbairdsのスニーカー
©2020 NEW STANDARD

カラーバリエーションはベーシックな色味が多いので、普段使いにはもってこいやな。

スニーカーはあまり履かないという人には、バレーシューズがおすすめ。かわいい〜♡

allbairdsのバレーシューズ
©2020 NEW STANDARD

ダンボールも90%再生可能なものを使用。中に描かれているグラフィックまでキュンとくるやん♡

再生紙を使ったダンボール
©2020 NEW STANDARD

このダンボールに靴紐を通して、バッグみたいに肩にかけて持って帰れるんやで!

allbairdsで記念写真
©2020 NEW STANDARD

そうそう、この靴紐もペットボトルをリサイクルして作られてます。ペットボトル一本につき靴紐一本ができるそう。感動や〜。日本をイメージして作られたという限定カラーの中から選べます♡

ペットボトルから出来た靴紐
©2020 NEW STANDARD

ほんまにかなりサステイナブルな一足なんやな。めっちゃ勉強になりました!

いま地球で起きている気候変動や環境汚染。これから生きていくうえで、私たちの手でできることを少しでもしていかないとあかんよな。どうせ靴を買うんやったら、サステイナブルな靴を買うことから始められそう♡

TABI LABO GOでも紹介されています♡ぜひごらんあれ♡

以上、ももかでした!

サスティナブルなスニーカー
©2020 NEW STANDARD

Allbirds

 

【住所】東京都渋谷区神宮前1丁目14-34

【最寄駅】JR原宿駅

【営業時間】11:00〜20:00

【公式Instagram】https://www.instagram.com/allbirdsjapan/

Top image: © 2020 NEW STANDARD
ももかの記事はまだまだあるで〜