あの「ラコステ」の「ワニ」が生まれ変わった

1933年に、フランスの元テニスプレーヤーが創業したプレミアムカジュアルブランド「LACOSTE」。あの有名なワニのロゴが、明るく楽観的なグラフィックとポジティブな世界観で知られる3組のアーティストたちとのコラボレーションにより生まれ変わった。

アイコニックなポロシャツ、定番のTシャツやスウェット、キャップ、時計、革製品などが、3つの独創的なコラボレーションのもと、ユーモアと優しさにあふれ、そのどれもが独自のアップビートなスタイルで、ラコステの世界を作り出している。

3組のアーティストのうち、ロサンゼルスを舞台に活躍するFriends With You(フレンズウィズユー)のアーティストSamuel Borkson(サミュエル・アルバート・ボークソン)Arturo Sandoval III(アルトゥーロ・サンドヴァルⅢ)は、飾らないペン運びによって、ラコステのワニをミニマルアートの素朴なキャラクターの住む、カラフルで夢のような世界へと誘った。

Friends With Youのデザイナーが手がけるラコステのニューデザイン
©2020 株式会社 ラコステ ジャパン

一方、ストリートアートに根差しコミックカルチャーを取り入れたスタイルで、世界中で活動するJeremyville(ジェレミービル)は、ラコステのために豊かで創造的なジャングルを作り、そのなかでテニスとワニを一体化させた。

Jeremyvilleのデザイナーが手がけるラコステのニューデザイン
©2020 株式会社 ラコステ ジャパン

そして、高級雑誌のページから流行のパリのブラッスリーの壁に貼られたポスターまで手がけてきたフランスのイラストレーター、Jean-Michel Tixier(ジャンミシェル・ティキシエ)は、今回、彼自身や周りの人々をモデルにしたワニを創造。洗練されたヒップスター、アッパークラスのパリのお父さん、仕事に追われるトレーダー、スポーツウェアに夢中なファッション好きのパリのティーンエイジャーなど、さまざまなバックグラウンドのラコステファンの姿を、優しくユーモラスに描いた。

©2020 株式会社 ラコステ ジャパン

それぞれのアーティストが作り出したクリーンなラインにより、新たな装いで新しい時代を迎えるラコステ。アパレルからアクセサリーまで、ラコステの時代を超えた名品を、楽しく、型にはまらない、色彩豊かな新しいスタイルによみがえらせた本シリーズは、ファンならずとも注目度が高い。

この「CROCOSERIES」は、LACOSTE 57店舗および、オンラインブティックにて購入することができる。

LACOSTE

【公式サイト】www.lacoste.jp

Top image: © 2020 株式会社 ラコステ ジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事