「ららぽーと豊洲」に約360㎡の「スケートリンク」登場

都心で楽しめる本物の氷を使用した本格的な屋外アイススケートリンクが、2020年も登場。

東京・豊洲にある「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」では、明日12月4日(金)〜来年2月14日(日)まで期間限定で、海を望む絶好のロケーションに約360㎡の広さのスケートリンク「Sea Side アイススケートリンク」がオープン。

平日は時間制限なしも、混雑が予想される休日は45分間制を採用。なお、5本指手袋の着用が必須なので、忘れずに持参を!

期間中はスケートリンク横で、フランスの自動車メーカー「シトロエン」の人気車種も展示。滑るように走る快適な乗り心地の各モデルをスケートしながら間近でチェック可能。

大人から子どもまで一緒に、スケートリンクで過ごす冬らしいひと時を楽しめるだろう。

©三井不動産商業マネジメント株式会社

三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲「Sea Side アイススケートリンク」
【住所】東京都江東区豊洲2-4-9
【日程】2020年12月4日(金)~ 2021年2月14日(日)
【時間】平日/14:00~21:00、土日祝/11:00~21:00(最終受付は20:15)
【利用料】大人:1500円、小人(4歳~小学生):1100円、ペア(大人+小人)2400円 (すべて税込み料金)※マイシューズ持込の場合300円引き
※12/21(月)~25(金)、12/28(月)~31(木)の営業時間は休日扱い
※混雑状況により早期受付終了の場合あり
※悪天候の場合や気温の上昇によりリンク状態が悪い場合は中止

Top image: © 三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事