マイナス20℃にも達する韓国で話題の「あったか銅マスク」

冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのが、マスクブランド「GOGO789」の銅マスク「StarMASK」だ。

「銅のマスク?」って思ったアナタ......ちょっと待った。マスクに銅の繊維を使うと、こんなメリットが!

まず、速暖性。銅の高い熱伝導性によって熱が早く広がり、口元をすぐに温めてくれる。肌に触れる部分が大きく設計されているので、温かさをより感じることができそうだ。

銅は抗菌性も高いので、除菌のためにマスクを洗う必要がない勝手のよさもナイス。そのまま置いておくと除菌されていくため、汚れがついたときだけ洗えば大丈夫とのこと。

さらに消臭効果もあるので、臭いの強く残る物を食べたあとにマスクをしても気になる臭いを抑えられるのだとか。

価格は1枚880円(税込)。まだまだ厳しい寒さが続きそうな冬の防寒対策にいかがだろうか。

©株式会社A Holdings
©株式会社A Holdings

Stat Mask
【購入ページ】https://limeshop.theshop.jp/items/33566565

Top image: © 株式会社A Holdings
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
ホッケーマスクを連想して少し怖い印象もある「LEDマスク」だが、あのスポーツブランドとコラボレーションした画像が公開。韓国のデザイン学校「PDF HAUS...
「オークリー」が、アイウェア着用時も顔にぴったりフィットするマスク「MSK3」を発売。空気が上側から出るのを防いで、アイウェアのレンズが曇ることを防ぐ。
マスクにつけるアクセサリー「マスクチャーム」のおすすめ5選です。マスクチャームのタイプやお気に入りが見つからないときのヒントもご紹介します。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。