もうマフラーはいらない!「暖冬マスク」

コロナ禍のなかファッションアイテムになりつつあったマスクだが、今度は防寒対策アイテムとして広まるか。

発熱素材を使用したあったかマスク「3D抗菌暖冬マスク」が、応援購入サービス「Makuake」にて先行予約を受け付けている。

発熱の仕組みはというと、特殊繊維が汗などの水蒸気を吸収し、熱エネルギーへと変換。それによってマスクの温度を上昇させ、まるで顔だけストーブに当たっているかのような温かさを感じられるという。コレはもうマフラーがいらないかも。

適度に加湿しつつ、余分な水分は外に発散する放湿効果もあるので、肌荒れの原因になる乾燥マスク蒸れの軽減も期待できそうだ。

サイズは大人用と子どもの2サイズ展開、価格は1セット3枚入りで1280円(税込)〜

今年は厳しい寒さとなりそうだが、マスクをしている顔だけでもポカポカになって欲しいものだ。購入はコチラから。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

「オークリー」が、アイウェア着用時も顔にぴったりフィットするマスク「MSK3」を発売。空気が上側から出るのを防いで、アイウェアのレンズが曇ることを防ぐ。
マスクにつけるアクセサリー「マスクチャーム」のおすすめ5選です。マスクチャームのタイプやお気に入りが見つからないときのヒントもご紹介します。
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。