【動画】やり始めるのに遅いことはない。「77歳のDJ」による挑戦

やりたいことを始めるのに年齢は関係ない。それを証明してくれる、77歳の女性がいる。

Wirginia Samytさん(77歳)は、世界最高齢DJ。ポーランドの首都ワルシャワにあるクラブでDJ Wikaとして親しまれている

「いくつになっても好きなことができる」。

そう信じる彼女にとって、DJになるのは自然な流れだった。彼女がDJを務める「Bolek Club」には、もう一度若さを感じ自分を解き放ちたいと思う年配者が、毎週踊りにくる。

「私の役割は、音楽とダンスを通して年配者と若者をつなげることなのよ」

普段は、サルサやディスコ、ルンバをかけることが多いが 、客を楽ませるためには曲のジャンルを選ばない。最新のポップミュージックから懐メロまで、横断的なセレクトが信条だ。そして、大事なことだが、DJをやる前には必ずリップを塗り、最高のオシャレをする。

彼女が他のDJと違う点は、プレイするだけでなく、オーディエンスと共にダンスすること。音楽に一体感を求めているのだ。

「フロアの雰囲気をつくり、お客さんとのつながりをつくる。どっちも私の仕事だと思っているわ」
「人生はこれ以上変らないって言う人もいるけど、私はそうは思わない」

DJ Wikaは、そのDJプレイを通じて、何事も始めるのに遅いことはない、不可能なことはないということを私たちに教えてくれる。

Reference:YouTube

「音楽を通して国境を超えた元気な世界を作る」をテーマに掲げて活動する「一般社団法人 日本DJ協会」は12月1日、新たなDJ文化を生み出すべく「DJ検定」を...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
何じゃそりゃ!とツッコミを入れたそこのあなた。マンガ大賞2016にもノミネートされ、音楽好きの間で超絶話題になっていた作品『とんかつDJアゲ太郎』を知って...
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
3日間で9万人の動員を記録し話題になったEDMフェス「ULTRA JAPAN」にも出演していた超大物DJ「アーミン・ヴァン・ブーレン」のインタビューが「N...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
15歳のトラックメイカー“SASUKE”。6歳からガレージバンドで作曲を始めていて、これまでにつくった楽曲数は1000を軽く超えています。作曲だけでなく、...
その才能の秘密を教えて!
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
スキューバダイビング指導団体「PADI」が、エコフレンドリーなアクティブウェアを生産する企業「Rash'R」と協力し、海から回収されたプラスチックボトルを...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。