【動画】やり始めるのに遅いことはない。「77歳のDJ」による挑戦

やりたいことを始めるのに年齢は関係ない。それを証明してくれる、77歳の女性がいる。

Wirginia Samytさん(77歳)は、世界最高齢DJ。ポーランドの首都ワルシャワにあるクラブでDJ Wikaとして親しまれている

「いくつになっても好きなことができる」。

そう信じる彼女にとって、DJになるのは自然な流れだった。彼女がDJを務める「Bolek Club」には、もう一度若さを感じ自分を解き放ちたいと思う年配者が、毎週踊りにくる。

「私の役割は、音楽とダンスを通して年配者と若者をつなげることなのよ」

普段は、サルサやディスコ、ルンバをかけることが多いが 、客を楽ませるためには曲のジャンルを選ばない。最新のポップミュージックから懐メロまで、横断的なセレクトが信条だ。そして、大事なことだが、DJをやる前には必ずリップを塗り、最高のオシャレをする。

彼女が他のDJと違う点は、プレイするだけでなく、オーディエンスと共にダンスすること。音楽に一体感を求めているのだ。

「フロアの雰囲気をつくり、お客さんとのつながりをつくる。どっちも私の仕事だと思っているわ」
「人生はこれ以上変らないって言う人もいるけど、私はそうは思わない」

DJ Wikaは、そのDJプレイを通じて、何事も始めるのに遅いことはない、不可能なことはないということを私たちに教えてくれる。

Reference:YouTube