「起業家はセックスが上手い!」異性を惹きつけてやまないその魅力とは

ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、そのままセックスにも当てはまりそう。

Elite Daily」に、仕事のできる起業家が夜においても魅力的な理由について書かれている記事があります。
人が人を惹きつけるものとは一体何なのか。考えるきっかけになるかもしれません。

340d040bedb2ccca2ca0ca610a25579961450dcd

ここだけの話、起業家はとってもセクシーです。

彼らは信頼できる性格と野心を持ちあわせており、クリエイティブで革新的なアイデアを現実のものにできる力があります。時にはリスクさえも厭わない、とても稀な存在と言えます。希少であることとセクシーであることは、とても似ています。

起業家はどうして私たちを惹きつけてやまないのでしょうか?経済的に決して安定しているわけではありません。その意味では、ダンサーや役者と同じくらい安定性に欠ける職業と言えます。

その理由は、彼らはお金のためだけに動いているのではなく、野望があり情熱があるからです。彼らがベッドルームでセックスが上手な理由について、詳しくご紹介します。

01.
「リスクを厭わないDNA」
スリルたっぷりのセックスが上手い

65aa6dd448633e202571c9eba5d8f7006268267f

起業家はビジネスに対し、冒険をすることを嫌がりません。自分で考えたアイデアに自信を持っており、驚くほど根性があります。セックスに対しても同じで、単調に同じことを繰り返すようなつまらないことはしません。

彼らは、愛し合うこともスリリングで危険なものと考えています。生まれながらにして荒々しいほどリスクを愛するDNAの持ち主である彼らは、今までに体験したことのない冒険へと連れだしてくれることでしょう。

02.
「飽くなき野望を持っている」
満足するまで諦めない

起業家は役員室の中だけでなく、ベッドの上でも大きな野望を持っています。それはあなたを満足させること。

時が止まらない限り、その戦いは終わることを知りません。あなたが最高の場所にたどり着くまで、彼らはそれを止めないのです。

03.
「伝えあうことを恐れない」
相手のことを第一に考える

855912458153d496d975f626007aa00aa462ac1d

黙っていても誰かがあなたの望むものを運んできてくれるほど世の中生易しいものではありません。

起業家は、人は皆一人であることを知っています。欲しいものを何も言わずに持ってきてくれる人なんて、どこにもいません。ですから、本当に望むものがあれば、勇気を持ってはっきりと言う必要があります。

仕事のできる起業家は、2人がどうしたら快楽を得て、喜びの絶頂を味わうことができるのかについて、きちんとあなたに話します。セックスは、パートナーとともに行う共同作業です。お互いの気持ちを話して理解し合い、素晴らしいチームワークを発揮することで、夢のような作品を作り上げることができるのです。

04.
「結果への道のりを愛する」
プロセスを楽しむ

会社を設立する過程や、ビジネスの世界で力を発揮することは、とても疲れる作業です。仕事の上での成功は、一夜にして成し遂げられるものではありませんが、起業家は事業が発展していく途中の段階でさえも楽しむことができます。セックスは時に、同じことの繰り返しになることもあります。彼らと愛し合うときに、オーガズムに早く達することができなかったり、意味のない行為が続くこともあるかもしれません。

それでも彼らは性的なゴールに達するまでの長い道のりを愛し、素敵な時間をパートナーとともに過ごすことができるのです。

05.
「まわりからの信頼を持っている」
絶対的な自信がある

E7c9b74a02b82f5501fb7e9fc8c0cbe4fc05c789

自分に自信があまりない人とは、すばらしいセックスをすることはできません。人は、心の深い部分から本当に自分を信じられることができなければ、根性や野望を持つことはできません。起業家は誰よりも確固たる自信を持っています。内側からにじみ出る自信は、何よりも強く輝くセクシーなエッセンスです。

あなたは部屋に入ると彼らのきらめく魅力に誘惑され、気づくと洋服を脱いでいることでしょう。

06.
「1つのことに固執しない」
チャレンジ精神に溢れている

絶えず変わり続ける市場において事業を成功させるには、子どもみたい頑固になっていてはいられません。

成功している起業家は素晴らしいビジネスプランを持っている一方で、市場は時に予想外の動きをすることを知っているので、状況に合わせて計画を柔軟に変更することができます。

セックスに対しても同じです。パートナーが燃えるようなひとときを得られるよう、様子を見ながらフレキシブルに対応してくれます。

07.
「嫌な役でも、買ってでる」
いろんな顔を持っている

944b76e953c8278190e672e4d9eeb4af260e2fa9

彼らは仲間を引っ張っていく強いリーダーです。決しておとなしく誰かに従うタイプではありません。時には悪役になって周りをコントロールし、組織を牛耳る方法も知っています。また時には、笑顔でふるまって信頼を勝ち得ます。彼らには、さまざまな顔を持っています。一緒に寝るときも、同じ日はなく毎回あたらしい一面を発見できるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
職業や役職によってセックスに違いがある、なんてにわかには信じがたい話ですが、今回その「7つの理由」を教えてくれたのは、「Elite Daily」の人気ライ...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
ヨガとセックスで最も関係ありそうなことといえば…柔軟性?もちろん、あるでしょう。でも、それ以外にもたくさんの関係性が見つかりそうです。自身もヨガをやってい...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
知的な人、賢い人に性的魅力を感じるのが「サピオセクシャル」と言います。頭脳の良し悪しとその魅力に関して様々な研究において、関連性がある事が判明されています...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。