おんなだって、強いんだから。

 

ブルックリン在住のアーティストPixy Liao(ピクシー・リャオ)。彼女のフォトプロジェクト「Experimental Relationship」に登場するのは、Pixy本人と、その5歳下の、日本人のボーイフレンド、Moro(モロ)。

一見、よくあるカップル写真のようだけれど、他の作品を見ていくと、ただのそれとはちょっと違うことがわかってくる。

 

Massage Time (tribute to my favorite album cover)

How to build a relationship with layered meanings

Hang in There

Home-made sushi

You don’t have to be my boyfriend

 

テーマは「異性愛の多様性」。Moroが、Pixyの肩をもんだり、ハンガーにつり下げられたり、ワンピースを着たりしている作品たちは、徹底的に女性優位の世界観をつくりあげている。

 

わたしは、もともと「自分を守ってくれる、年上のメンターのような男性としか付き合えない!」っていう中国人女性には当たり前の価値観を持っていたわ。
だけど、
Moroとの出会いが、それを大きく変えた。異性愛のなかだけじゃなくて、社会全体での女性の扱われ方についてももっと深く考えるようになったの。

 

PixyにとってMoroは、「頼れる存在」ではなく「頼られる存在」。多くの中国人女性が持つ理想の男性像とはかけはなれているため、家族や友だちには2人の関係性をなかなか理解してくれもらえなかったという。そこではじめたのが、中国の伝統的な異性愛のあり方に疑問を投げかける『Experimental Relationship(2007〜現在)』だった。

 

中国ではまだまだ家父長制が重んじられているけど、少しずつ変わってきてはいるの。国内のメディアが、その価値観をどんどんバッシングしはじめていて。“直男癌(straight man cancer)”って言葉で揶揄したりね。最近は、「#metoo」のおかげで、女性に対するセクハラが問題視されてきているわ。

 

日本でも、「異性愛のかたち」は多様化が進んでいる。だけどやっぱり、女性優位という男女逆転の考え方はなかなか浸透しづらいと思う。

べつに、女性のほうが強くていいし、女性のほうが収入が高くてもいい。せっかく2人でいるのなら、得意なことでお互いを助け合う関係性を築けたほうが、きっといい。そして、その関係性がどういうかたちであれ受け入れられる社会になると、もっといい。

 

Licensed material used with permission by Pixy Liao
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「マンガを描くことは、私にとってセラピーなんだ」そう語るのは、癌を経験したイラストレーターのMatthew Paul Mewhorterさん。これまで患者...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
友人の娘が癌を患い、何かできることはないか考えた末、手作りのウィッグをプレゼントし、女の子に笑顔を取り戻したHolly Christensenさん。その事...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...