【洗剤を使わずに】梅雨の匂いや台所汚れをごっそり落とす「5つの裏ワザ」

多忙な人ほど、家の中のことを疎かにしがち。「掃除する時間もなかなかなくって・・・」なんて声が聞こえてきそうです。

そんな人たちにオススメなのが「重層+クエン酸」の最強タッグ。このふたつを使えば、家の中の気になる部分が一気にキレイになります。

mitui_150519_07

どうして「重曹+クエン酸」?市販の洗剤を使用しない、エコな掃除方法として注目されている「重曹+クエン酸」。このふたつが汚れに効くのは、重曹がアルカリ性、クエン酸が酸性という性質を持っているから。家庭の汚れの多くは、同じくアルカリ性か酸性のもの。ゆえにその反対の性質を使うことで、汚れを中和することが可能です。また、ふたつを合わせることで、いわゆる“中性洗剤”に!ちなみに、重曹もクエン酸も薬局などで一般的に販売されていますが、クエン酸に関しては、台所にあるお酢で代用するのも可です。

ぬめりが気になる
シンクも、ピカピカに!

mitui_150519_06

ぬめりや水垢によるくもりなどなど。キッチンのなかでも、シンクはとにかく汚れやすい場所。とくに夏は、汚れをそのままにしておくと、ニオイも発生してきたり…。
そんな時は重層を適量シンク全体にまいて、そこにクエン酸水(水100㎖に対してクエン酸小さじ1/2が目安)をかけて、スポンジでこするだけ。
これだけで、シンクが見違えるほどキレイになります。

■ワンポイント:重曹をまいた後、数分でいいので時間を置くと、より汚れが落ちやすくなります。

玄関のいや〜なニオイは、
靴の消臭で解消!

mitui_150519_04

梅雨の季節。ジメジメした家の中では、いつも以上にニオイが気になるもの。とくに玄関の扉を開けた瞬間の湿っぽいニオイはなんとかしたいところです。
その主な原因は、1日履き続けた靴にあります。湿気の多い季節は、靴の中の湿気や悪臭がとれにくくなっています。汗などのニオイは酸性なので、アルカリ性の重曹が効果的です。
古くなったストッキングに重曹を1/2カップ程度入れて、口を結びます。それを靴の中に一晩置いておくだけ。これだけで、ニオイの発生がかなり抑えられます。もちろん、シューズボックスにそのまま入れておくだけでも効果アリです。

■ワンポイント:ストッキングの電線には注意!重曹が裂け目から落ちてしまいます。

タオルが臭う・・・
柔軟剤よりも、
洗濯槽のお手入れを!

mitui_150519_05

洗濯したばかりのタオルがなぜか臭う…。その正体は、もしかすると洗濯槽のカビかも。そうなると、いくら柔軟剤を入れて洗っても駄目。なんせ洗濯槽自体が汚れいるわけですから。
洗濯機によっては「洗濯槽洗い」の機能がついているものもありますが、頑固な汚れとニオイには重曹+クエン酸で。お手入れは簡単で、洗剤の代わりに重曹+クエン酸を入れて、洗濯機を回すだけ。分量としては、お水40ℓで重曹2カップ、クエン酸大さじ6が目安になります。
汚れがたまっている場合は、洗いの途中で洗濯機をとめて、3時間〜半日程度放置するのが◎。汚れが浮き出てきますよ。

■ワンポイント:とくに子どもがいる家庭では、市販のカビ取り用洗剤よりも、重曹+クエン酸のほうが、安心・安全!

こする必要はナシ!
吹きかけて、流すだけで、
お風呂の床がツルツルに

mitui_150519_03

キッチンと同じく、この時期に気になるのが、お風呂の床。湿気が多いため、乾きが悪くなりがち。水アカでちょっとヌルヌルした床は気持ち悪いですよね。ひどい時は、悪臭やカビの発生にも。
ここでも役立つのは重曹です。まず、お水約1ℓに重曹を1/2カップほど加えて、鍋で沸騰させます(重曹を沸騰させることで弱アルカリ性になり、より汚れを落とす効果が!)。それを冷まして、スプレーボトルで、床にシュッと一吹き。気になるコーナーや湯船との接点には、シュッシュッと二吹き程度。それを半日〜1日放置してシャワーで洗い流せば、お風呂の床がツルツルに。

■ワンポイント:市販の洗剤でも「流すだけ」のものはありますが、やはり洗剤の残留が気になります。その点、重曹なら安心ですよね。

鏡のウロコ汚れは、
クエン酸で落とすのが正解!

mitui_150519_01

お風呂や洗面所の鏡に見られるウロコ汚れ。主に水あかや石鹸かすなどが正体ですが、これらはすべてアルカリ性の汚れ。酸性のクエン酸を使えば、ピカピカにすることができます。
まずは、クエン酸水(水100㎖に対してクエン酸小さじ1/2が目安)をスプレーボトルに入れ、鏡にまんべんなく吹きかけます。その後、クエン酸が浸透しやすいように、鏡全体にラップをぴったりかぶせて半日ほど放置。
その後、雑巾やタオルで水拭きとから拭きをしっかり行えば鏡はピカピカに変身! この効果、ヤミツキになります。

■ポイント:クエン酸水に精油を入れてアレンジすると、ほのかに香りも! ぜひ試してみてください。


じつは、ここで紹介した掃除術は「みんなの住まい」というサイトで紹介されているお掃除ハックの一部。同サイトはただの情報サイトではなく、分譲住宅を手掛ける三井不動産レジデンシャルが「住まいについて、暮らしについて、街の魅力のついて」をテーマに運営するwebメディア。
お掃除術からホームパーティーの裏技、あるいは住まい探しのコツまでを紹介しています!

btn_mitsui_150519_13

Sponsored by 三井不動産レジデンシャル

先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
お菓子づくりやお掃除に、何かと役立つ重曹。それだけでなく、消臭やお肌の角質ケアとしても効果が期待されるなど、ひとつで何役もこなすツワモノなのです。「Lit...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
もう秋になったけれど、夏に蓄積された"カバンの汚れ"って、ちゃんとリセットできていますか?「Littlethings」の、ライターChristin Per...
洋服に付着、繁殖したバクテリアを99.98%も殺菌してくれる洗濯ガジェット。必要になる時間は20分程度とのこと。
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
たぶん、史上最高のバスタイム。
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
濃淡のあるタッチで描かれた動物たちは、どれも生き生きとして見える。こんな車とすれ違ったら、振り返ってじっくりと眺めてしまう。なんて、最初はそう思っていたん...