私が子どもを望まない「5つのワケ」。何に価値を置くかは、人それぞれな時代

果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?
否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。
mindbodygreen」に掲載されたのは、出産を望まない一人の女性の等身大の意見。自身の子よりも、世界の諸問題の解決を優先する彼女は、ひとつの新しい生き方を示しているのかもしれません。

Sweet anticipation


01.
環境保全のためには
人口の減少もやむを得ない?

Sweet anticipation

「アメリカの国民全員が、トイレを流す回数を1日1回少なくするだけで、1.6キロ四方で深さ1.2メートルの湖の水量を、毎日節約することができる」という統計を読んだことがある。でも、私はそんなことが重要なのではなく、人口を減らすことが必要だと思う。

02.
海面の上昇にも
悩まされ続けることに・・・

もし、私に子どもがいたら、100年後には7メートル以上も上昇すると予想されている海面上昇の心配もしなければいけない。孫はさらに悪い環境に苦しむかもしれないのだ。

03.
自由で刺激的な旅が
できなくなる

子どもがいれば、自由に旅をすることは難しくなる。若く、好奇心が旺盛で、順応性が高い今だからこそ、旅に出たいと思う。

04.
自分の子どもを育てるよりも
寄付に使いたい

Sweet anticipation

アメリカで子育てにかかる平均コストは約3,000万円とされている。1人の子どもを育てる代わりに、12人の子どもたちを学校に通わせ、マラリアから身を助け、きちんとしたヘルスケアを提供することができるとすればどうだろうか?

05.
出産以外の価値も
現代では尊重される!

そんな私がニューヨークに住んでいることにはメリットがある。ここは女性の生き方を尊重してくれる街。私は、出産ではないことに価値を置く時代と場所に生きているのだ。
この選択ができることを嬉しく思う。今後も私自身と地球のための選択をしていきたい。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...