答えはあなたの中にある。 幸せを引き寄せる「6つの行動」

幸せになるのは、特別な能力だとか、資格がある人って思ってしまう。これって、自信のない人が陥りがちな罠。そんな思い込みを払拭する方法を自著『幸せなことしか起こらなくなる48の魔法』から紹介します。じつは、意外に簡単なことだったんです。

01.
自信のなさに
飲み込まれそうなときには
力を抜く

Enjoying the sun

例えば、誰かに「お前は何の取り柄もないな」と馬鹿にされ、尋常でないほど怒りが込み上げてきたとします。と同時に、「高卒という学歴がコンプレックス」や「見た目がカッコよくなくて、自信がもてない」といった、別の感情までもが沸き起こってくる。

そんな時は、力を抜いてみてください。すると「自分はよくやってきたなぁ」と思えてきます。自分を受け入れていいのだと深く腑に落ちると、人は堕落するどころか、むしろ輝き出します。その人にしか出せない魅力があふれ出るようになるのです。

02.
「何となくこっちの方がいい…」
に従ってみる

iStock_000045844692_Medium

私は大学四年の時に、東京都と地元の青森のどちらで仕事に就くか、相当迷ったことがあります。結局、故郷に戻って小学校の教師に。ところが、たった一年で辞めて、コピーライターになるために上京することになったのです。

結局、自分のやむにやまれぬ気持ちに従った方が、条件で選んだ道よりもずっと人生が面白かったし、幸せにもなれました。あなたの本当の答えは、頭の中以外のところにあると思います。「何だか分からないけど、何となくそう思う」ーーそれでいいんです。

あなたという魂は、どう考えても論理を超えています。科学などでは到底解明しきれない、無限の叡智であり神秘の結晶です。

03.
あれこれ考えてもダメ!
挑戦することを恐れない

iStock_000060738280_Medium

挑戦してみたいけど、怖くてなかなか飛び込めないって経験ありませんか。でも、いざやってみると、意外とその楽しさや面白さがわかるもの。そして、そのうち何が怖かったのか思い出せないほど、楽しめるようになってしまったり。

挑戦できた人は、何もしなかった人よりも、ずっと人生を楽しめ、自分を信頼できるようになります。だって、挑戦できたんだから。結果がどうであれ、そのプロセスの中に、大きな学びと成長があり、人間としてもスケールが大きくなります。だから自信を持つには、挑戦することが一番手っ取り早いんです。

04.
一人前でなくても
職業や役割を言い切ってしまう

Me and my new moustache

とあるミュージシャンのこんなエピソードを耳にしました。「『音楽をやりたい』と自分の希望を言うと、『そうか、頑張ってね』で終わるけど、『音楽をやっています』って言うと、『ちょっと演奏してみて』とか『今度イベントに出てみるか』とか話が広がっていくんです。それで気付いたらプロのミュージシャンとしてデビューしていました」。

今、その仕事でお金を稼いでいなくても、「私は◯◯だ!」と、名乗れば、道が開け、チャンスを引き寄せるってこと。自分にたくさんの条件を突き付けていたあなた。この際、肩書きを許可してみませんか。ちょっと勇気がいりますが、幸せを後押しをしてくれますよ。

05.
外に向かって
「波動」を発していく

Touching nature

美人やイケメンの部類に入っていないのに、とっても魅力的で、結構モテる人っていると思います。さて、なぜでしょう。話が面白いから?マメだから?駆け引きが上手だから?でもそれだけじゃな〜い!そういった人は「自分はイケてる」と思っているからです。多少目鼻立ちがスーっとしなくても、ちょっとぽってりしていても、すべて受け容れていれば、波動が「I’m OK!」になり、魅力的に。

つまり人って、必ずしも目だけで判断しているのではないということ。どちらかというと、波動の方が強く伝わっているんですね。だからみなさん、いろいろ格好悪いところがあっても、そのことも含めて、自分はユニークで素敵な存在なんだと認めましょう。

06.
幸せになるための
選択権を行使する

Girl take care of puppy

「もう、またやっちゃった!ダメじゃないの」「いつまで経っても、そんなことじゃあ」。自分にこんなことを言っていませんか?これって、親や先生から言われてきた言葉かもしれません。でも、何かに失敗したら、そこから学べばいいだけで、自分を責めたり、腐したりする必要はないのです。責めるということは「私は自分を自分であるとは認めません。受け入れません」ということ。このサイクルに入ると、ものすごく消耗します。

大人になったあなたは「選べる存在」になりました。自分で自分をどう扱うかはあなたが自由に選べるんです。幸せになるための選択権を行使してください。

幸せなことしか起こらなくなる48の魔法
コンテンツ提供元:ワニブックス

大木ゆきの

小学校教師、コピーライター、国家的指導者育成機関の広報を経て、スピリチュアルの世界で仕事をスタート。ブログ「幸せって意外にカンタン!」は開始と同時に「超実践的、かつ深く気付ける」と評判となり、各種人気ランキングで1位となった。

幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
Jess Livelyさんは、コーチングや自己啓発のエキスパート。そのJessさんが大事にしているのは、頭で考えるだけではなく、自分の直感を信じて決断して...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
誰でも幸せになりたいものですが、なぜか“不幸”を呼び寄せてしまう人っています。でもそれには、“幸せではない人”のやりがちな行動や特徴があるからです。アメリ...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
結局のところ、幸せを得るためには何も壮大なことにチャレンジする必要なんてない。そう気付かせてくれたのが、「Becoming Minimalist」ライター...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
日本人は幸福度が低い。このことは国連や内閣府などいろいろな公的機関の調査で明らかになっています。なぜ豊かなはずの日本人が幸福を感じられないのか?答えは簡単...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
あなたが幸せになりたくてもなれない原因、何かわかりますか?それは「あなた自身」にあるのかもしれません。あなたの中にある欲やプライド、さまざまなことが幸せを...
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
最近いい事が全然ない…。どうしたら幸せになれるの?幸せになれる人とそうじゃない人との差って?原因となるキーワードは「思考のクセ」にあるのです。ここでは、自...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...