コミュニケーション能力を鍛える10の方法

人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えることができるのか、頭を悩ませます。生きていく上で欠かすことができない、人とのコミュニケーション能力の鍛える10の方法を紹介します。

01.
挨拶をしっかりする

Teamwork in action

簡単なこととですが、しっかりとあいさつをすることでコミュニケーション能力を鍛えることができます。毎日会う人とのあいさつでも、いつもより大きな声であいさつをすれば、スムーズなコミュニケーションを測れコミュニケーション能力を鍛えることができます。また初対面の人でも、あいさつをしっかりすれば印象も良くなるのでコミュニケーション能力を鍛えるためにも、ぜひ試してみたいものです。

02.
相手の話に
しっかり耳を傾ける

しっかりと相手の話に耳を傾けることは、相手との円滑なコミュニケーションをするためにも大切です。相手が何を伝えようとしているのかを把握することも、コミュニケーション能力を鍛えるためには重要です。コミュニケーション能力を鍛えるうえで、相手の意見に耳を傾ければ良い印象を与えることにもつながります。

03.
話はより具体的にする

Business meeting

人とコミュニケーションを取る際に、より話を具体的でわかりやすくするよう努力すると、相手にも自分の気持ちが良く伝わります。自分の気持ちが伝わらなければ、相手とのコミュニケーションが上手に行えたとは言えません。日頃から話は具体的にするよう心がけることが、コミュニケーション能力を鍛えるためにも大切です。

04.
相手の気持ちを
より具体的に考える

何気ない会話を含め、普段の会話中でも相手の気持ちをより具体的に考えながら話をすると、コミュニケーション能力を鍛えるのに役立ちます。コミュニケーション能力を鍛えることで、相手の気持ちを察することができれば、その後の会話もスムーズに運んでいきます。

05.
相手に感謝の
気持ちを伝える

_000052200974_Medium

人に感謝をされて、悪い気分になる人はいません。人とのコミュニケーションでも感謝の言葉を口にすれば、会話がスムーズになります。会話の中にありがとうを始め、さまざまな感謝の気持ちを言葉で表すことも、コミュニケーション能力を鍛えるためのテクニックです。

06.
話し方にも一工夫こらす

一つのことを説明するにも何百通りの方法がありますが、実際にコミュニケーション能力を鍛えるためには、常に話し方に工夫を加える必要があります。より相手にわかりやすい話し方は何か?しっかり意識しながら会話を進めることも、コミュニケーション能力を鍛えるためには大切です。

07.
例えを使って話す

Outdoor business conversation

簡単な事柄を伝える会話でも、相手の想像力に任せるのではなく、より具体的な例えをだして話をすればいいたいことはより伝わります。コミュニケーションの際に、どうすればより相手に理解してもらえるのかということを、常に頭の中に入れておくことも大切です。

08.
相手を褒める

大人から子供まで、誰でも自分のことをほめられて嫌な気分になりません。実際に人とコミュニケーションを取る際にも、相手のことを話しの折に触れ褒めてあげるようにすることも、コミュニケーション能力を鍛えるためには大切です。誰でも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

09.
常に人と関わり話をする

Happy Indian Business colleagues walking outside office.

運動でもそうですが、コミュニケーション能力を鍛えるためには練習が必要になります。スポーツで練習試合をするように、コミュニケーション能力を鍛えるためには常に人と話をすることが必要になります。積極的に人とか関われるような場所に出向き、自分から話しかけてみるのも良いものです。

10.
今この瞬間に
理解してもらえるように心がける

日本人はとして特に、以心伝心のように相手の会話からその背景を察することを求められます。国際化の進んだ今の時代で大切なのは、会話をしている今この時に、相手に自分の言いたいことが伝わっているか否かです。常にその場で理解してもらえる会話を心がけることは、コミュニケーション能力を鍛えるためにも役立ちます。

いかがでしたか?人とのコミュニケーションは、相手によってさまざまな能力が求められます。よって、より高いコミュニケーション能力を鍛えるためにも、今回紹介したこれらの方法を早速普段の会話の際に試してみてはいかがですか?

コミュニケーションでは、目に見てわかる感情と本人が実際に感じている感情が違う時、相手に思いを伝えられずに話がこじれたりすることがある。そんな時、エモーショ...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
イチローが前人未到の境地に達したのは、彼が生まれもってアスリートとしての能力を持ち合わせていたからではありません。彼に才能があるとすれば「自らの能力を活か...
デキる大人とは「何かを成功へと導くために必要な能力、知識、スキルを持っている」と定義されていると「i heart intelligence」の中でJust...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。そ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
世にある大半の仕事は、一人でできるものではありません。とくに近年のビジネスでは、コミュニケーションの重要性がますます高まっています。それと比例するように、...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
会社や学校・あるいはスポーツのチーム、十分なコミュニケーションは取れているでしょうか?実はチームワークの生産性を上げるために最も大きな影響を与えるのは、「...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
車の合流で道を譲ってもらった。後続車や歩行者に危険を知らせたい。そんなタイミングはたびたびあります。でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサイン...