お金が貯まらない人に共通する「6つの習慣」

Sponsored by NTTドコモ

貯金ができない…と嘆いている、あなた。その原因は、必ずしも収入が少ないからとは限りません。こんな6つの習慣のせいかもしれませんよ。

01.
貯まらないのは、
無駄遣いが原因だと
勘違いしている

無駄遣いがどんな支出のことか、知っていますか?
高い買い物をしたこと、あるいは、冷暖房を使いすぎて電気代が高くなったこと。

いいえ、違います。無駄遣いとは値段以下のリターンしか望めないものや、 得たい結果を設定せずに使ったお金のこと。
たとえば1枚1万円のTシャツを買ったとしても、それが5年着続けられるとしたら、1年2,000円。さらに1ヶ月で換算すると数百円です。これ、決して無駄ではなく「いい買い物」ですよね。その支出が無駄か否かは、お金を使った時に判断できるものではなく、将来的に起こる結果なのです。

02.
「お金の話は人前ですべきでない」
と考えている

お金の話を敬遠しがちなのも貯金ができない人の特徴。無理やりオープンにする必要はありませんが、クローズし過ぎるのもよくありません。なぜなら、お金に対して壁を作ってしまっている証拠だから。

貯金が上手な人は、たいていお金に対してポジティブなイメージを持っています。たとえば、大好きな彼女と旅行にいけるとか、自由になんでもできるとか。一方、お金が貯まらない人にとっては「お金=汚らわしいもの」。つまり、お金を稼いだり使ったりすることは良くないことだと思っているのです。

03.
どちらかと言うと
恋愛では尽くすタイプ

恋愛と貯金って関係あるの? じつは、関係“大アリ”です。

パートナーに尽くしてしまう人は、嫌われたくないという心理が強いタイプ。ゆえに、お金を使うときも「自分の価値を高めてくれるか」ではなく「人にどう見られるか」が判断の基準になってしまいがち。そうなってくると、お財布事情などお構いナシ。後先を考えず、周囲に合わせてお金を遣ってしまうのです。

04.
相手によって、
態度をコロコロと変える

上司の前ではいつも笑顔でハキハキ喋るけど、同僚や部下の前だとダルそうにする。ここまではっきりしていなくても、「確かに、人によって変えちゃってるかもな〜」といった心当たりはありませんか?

気分や体裁を取り繕うため、その時々で態度が違うってことは、支払い方法もバラバラの可能性が。例えば、ちょっと見栄を張りたいからカード払い、カードを持っているのに面倒くさくて現金払い、など。それでは支出の管理も一苦労です。

そんな人は、今話題の「dカード」を使ってみるのはどうでしょう? ドコモユーザーはもちろん、他キャリアに登録している人でもOK。
毎月のケータイ料金(ちなみに、ドコモユーザーならdカード GOLDで1,000円につき100ポイントも貯まってお得!)や、公共料金、普段のお買い物などすべての支払いがこれ1枚でできるうえに、いつでもどこでもポイント(=dポイント)を貯められる!加盟店でのお買い物もお得。dポイントが倍になる、カードを利用するだけで割引される、といった特典があります。

btn_dpoint_151225

05.
「投資」はするが、
リターンを計算できない

読書や美術鑑賞で教養を身につける、美容院やジムに行って身なりを整える、といった自分磨きは大いに結構。でも、それによって得られるリターンを考えて行動していますか?「行きたいから」「見たいから」「読みたいから」「やりたいから」といった直感だけで行動するのはNG。うまく使いこなせなければ、その投資は成功と言えません。

せっかくですから、買った後のことを慎重に考えてお金を使いたいものですね。

06.
貯金は「攻め」ではなく、
「守り」だと思っている

「あと3ヶ月でマンションの更新だ。まとまったお金を貯めなきゃ…」

例えば、こんなネガティブな気持ちでは、貯金も継続しづらいですよね。貯金だって、勉強や仕事と同じ。これを使ってなにができる、なにをしようか、といったポジティブな目標がないとモチベーションの維持が難しく、すぐに挫折してしまいます。

お金は貯めて終わりではなく、あくまで使うのがゴール。苦手だと思っている人も、「将来のため」と考えを切り替えれば、お金を貯めることにもポジティブになれます。

上で紹介した「dカード」はクレジット契約が必要でしたが、dポイントだけ貯められる「dポイントカード」もチェックを!
登録するだけでコンビニやファストフード店でdポイントを貯めることができます。

dポイントは、街のお店やオンラインショップ、ドコモユーザーなら利用料金の支払いにも使用可能。dポイントって、つまりは「お金」のような価値があるもの。「dポイントカード」を1枚持っていれば、知らず知らずのうちに貯金ができると言っても過言ではありませんよね。

btn_dpoint_151225_02

Sponsored by NTTドコモ

「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...
どれだけ頑張ってもお金が貯まらない人。一方で、何もしなくてもお金が集まってくる人。この両者の違いは何でしょうか?お金持ちの人たちを調査する中で、ある共通点...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
周りを引き込む、自然と好かれる人がいると思います。こういう人たちはなぜに好かれるのか、そしてどんなことをしているのでしょう。そこには、11つの共通点があり...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
運がいいかどうかは、もともと決まっているのではなく、努力や習慣によって変えられることも多いようです。運がいい人に共通する特徴や習慣を知り、それらをマネして...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
金は天下の回りもの。自分のところで引き留めようとすればするほど、出て行きたがります。CAから税理士に転身した八島依子さんはこう語ります。「お金を上手に旅に...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
講師や作家としての顔を持つTamara Starさん。彼女のブログ「Daily Transformations」では、不幸な人に共通している7つの習慣とい...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
僕たちは「人の価値がお金で決められる社会」を生きている、とThe School of Lifeの動画は説明します。年収と社会貢献度の関わりが、人の価値にど...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...