「ボトル交換が不要」なウォーターサーバーがすごい・・・

ウォーターサーバーを選ぶ際、これまで比較対象になってきたのは価格と見た目。つまり、配達してくれる水の安さとインテリアとしての外観がとにかくキモでした。でも、ここで紹介するのは、ほかのウォーターサーバーとまったくの別物。

購入を検討している人はもちろん、そうでない人も欲しくなっちゃうかも!?

 配達も取り替えも必要なし!
なぜなら、ボトルが不要だから

ウォーターサーバーは宅配水なんて呼ばれているけれど、『CoolQoo(クール・クー)』は違います。ウォーターサーバーではありますが、宅配水ではありません。なんせボトルがないんです!

そのカラクリを明かすと『クール・クー』は、ピュアウォーターを精製する工場で使われている「ROろ過」というフィルターを備えたシステム。見た目こそ普通のウォーターサーバーですが、よく見ると、サーバー上部にボトルがありません。水道水を「RO ろ過」することでピュアウォーターを作り出し、冷水と温水がいつでも飲める仕組みです。

当然、ボトルを補充する必要がないので、配達されてくるボトルを受け取る必要も、重いボトルの取り替えも不要です。

月々のコストは
定額&低額

ただ、ボトル配達の受け取りと取り替えの手間が省かれただけじゃありません。メリットは料金にも!

普通のウォーターサーバーの宅配サービスと違って、ボトル代がかからない分、コストは抑えられます(もちろん、水道代は別途かかりますが、ボトル代に比べれば微々たるもの)。追加でボトルの配達を頼むこともないので、完全に月々のコストが定額というのもうれしいポイント。

新規設置費用は通常18,000円(税別)のところ、今なら無料でOK。月定額4,200円(税別)のみというコスト感は、ウォーターサーバー設置を真剣に検討したり、ネットで検索したことがある人ならわかるはず。かなりオトクです!

放射性物質までを除去する
安心の水質

気になる水質ですが、『クール・クー』に採用されている「ROろ過」は、海水を真水に変えてしまうほど強力なフィルター。イオン、塩類、さらには放射性物質までを除去してくれます。

じつは、このフィルター自体は珍しいものではなく、宅配水の精製工場などで使用されているもの。それを小型化し、家庭でピュアウォーターを精製可能にしたのが、『クール・クー』というわけです。

話題の水素水を楽しめる
スペシャルプランまで!

『クール・クー』には、ふたつのプランがあります。ひとつは、家庭に『クール・クー』を設置して、日々ピュアウォーターを楽しむプラン。もうひとつは、それを各所で話題の水素水にするというプラン!

『クール・クー』内でピュアウォーターに水素を混ぜ、水素水にするーーこの技術は『クール・クー』の完全オリジナル。月額9,000円と少し割高になりますが、毎月定額で水素水が味わいたい放題。普通に販売している水素水がかなり高価であることを考えれば、健康志向の人は食指が動くのでは?

ちなみに、どのプランでもメンテナンス(有人)は、完全に無料というのも、安心ですね。
btn_CoolQoo_160217_03

Sponsored by キスリー株式会社



サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
「Mitte」はドイツのデザイナーによって開発された浄水器。これを“洗練”とか、“スタイリッシュ”なんて強調する気はないんです。それよりもこっちにグッとき...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
ウォータースライダーに観覧車の要素を取り入れるというナナメ上の発想。製作を手がけたドイツ企業「wiegand.maelzer」によれば、滑る人は無数の動き...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
スリムなボディが特徴のステンレス製ウォーターボトル「It's Logic」の紹介です。
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
スウェーデンブランド「aarke(アールケ)」から、キッチンで見るたび胸踊りそうな美しいソーダサーバーが誕生した。
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
コカ・コーラが展開するミネラルウォーター「Dasani」が9月からアルミ缶での販売をはじめる。まずはアメリカ北東部で販売を開始し、2020年には全米規模に...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
フルーツや野菜を水につけて楽しむデトックスウォーターの進化系とも言える「フォンダンウォーター」人気の韓国。生ではなくドライフルーツを使うのが特徴ですが、こ...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。