完全貸切で楽しむ大人のバーベキュー「REALBBQ」に行きたくなる6つのワケ

非日常的な空間で、ホンモノのバーベキューが楽しめる「REALBBQ PARK(リアルバーベキューパーク)」は、2時間半、1組限定の完全予約制。そう聞いただけでも行きたくなっちゃいますが、まだまだ魅力がたくさんあるので一つひとつ紹介しましょう。

01.
手ぶらで行けちゃう

4fc7bd25eae395419ff55f14f482d39a118d56d9

仕事が忙しい人や、毎日の家事に追われている主婦の人でも大丈夫。BBQグリル機材はもちろん、食材や食器もバッチリ用意されていて、調理だけやればOKのスタイル。片付けなどもすべてスタッフさんがやってくれます。

02.
開放的なスペースで
眺めも最高!

8c38d60e5647b2fe7819b877b84d3c4c6fbd684d

写真は「みなとみらい」。開放的なプライベート空間を貸し切って、夜景を楽しみながらのBBQ…最高です。

03.
本格的なメニューを
手軽に味わえる

「REALBBQ」という店名からも分かるように、本格的なフードメニューが大きな魅力のひとつ。サーロインステーキやタンドリーチキン、豚のコンフィまで、バーベキューのプロがこだわったオリジナルのレシピが存分に味わえます。

A788a1bc71a172e83006a7121c7faca9ed2ef615

Tボーン派もLボーン派も大満足な「骨つきステーキ」がたまらん!

3c626773bf3f9462fa30bfd6ad46d299c3dd9d94

生ハムとワイン…想像しただけでクラクラきます。

47b431767bd4e3009ae65d6ad9f60e1d01cb8af7

ケバブやタンドリーチキン、ガイヤーン、スブラキなど世界各国のBBQ串もあり。

89fcdbd768a611a44db337751f37621d8dd8f814

燻しベーコンや鴨コンフィ、イベリコ豚のサルシッチャ…。お肉の美味しさを存分に引き立たせています。

6bdfc13a9b496fe3fa5ef5d342a83d59d4b8f32d

季節の野菜も新鮮で色鮮やか!ディップやバーニャカウダで味わいましょう。

04.
小学生以下はタダ

休日の家族サービスや、ママ友の食事会にも嬉しい「小学生以下無料」。貸切なので「騒いだら他のお客さんに迷惑が…」という心配もいりません。料金は時間帯や場所によって変わりますが、大人1人あたり4,000〜5,000円。

05.
お酒やドリンクも
持ち込み放題

なんと持ち込み可能!しかも無料です。バースデーケーキやお気に入りのワインも用意できちゃいます。

06.
表参道や秋葉原にもOPEN
首都圏8ヶ所から選べる

D5ddd3257de017b09bb90058aded4deac2169fd1

3月11日には、上の写真の秋葉原に加え、表参道にも新たにオープン。千駄ヶ谷、代官山、大塚、みなとみらい、銀座、神田を合わせると、全8ヶ所から選べます。さらに2016年の間に東京・神奈川で20店舗をオープン予定だとか。

Licensed material used with permission by REALBBQ PARK
Meathead Goldwynさんは、世界で最も有名なバーベキューサイト「Amazing Ribs」の編集者で、科学的な観点から調理法などを紹介する『M...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
手ぶらで行けるスポットが続々オープンするなど、日本でも人気が定着した感のあるバーベキュー。「grubstick」で料理の幅を広げてみませんか?5つのアタッ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
ここで紹介する「AQUA VILLAGE・REN VILLAGE」は、西伊豆にあるプライベートなキャンプ場。どれほどプライベートなのかというと、なんと船で...
アウトドアの季節、外で何を食べますか?バーベキューでお肉?カレー?お決まりのメニューももちろんおいしいですが、さらに本格的な料理ができたらもっと楽しいと思...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
一風変わったグランピングが楽しめるこの施設は、2017年3月に幕を閉じた少年自然の家(静岡県・沼津)をリノベーションし、10月にオープンしたばかり。大人の...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”...
実家を離れて、一人暮らしも順調。家賃もなんとか払えているし、部屋もそこそこ綺麗。でも、その生活スタイルを深く掘ってみると、案外まだ「子ども」な部分が見え隠...