号泣注意。母への感謝を改めて感じる「5つの瞬間」

今年ももうすぐ「母の日」がやってきます。まずは、こちらの動画をご覧ください。きっとあなたの中にしまわれている、母親に対する「ある想い」が胸に込み上げてくるはず──

この動画を見て、何を感じたでしょうか?あなたがこの世に生まれ、初めて歩けるようになった時、初めての発表会の時、父親と喧嘩をした時、失恋した時、結婚をむかえたとき・・・・・・振りかえると、いつも支えてくれていたのは「お母さん」ではありませんか?

それだけではありません。大人になって、初めて気づくことも。これを読めば、思わずお母さんへ感謝の気持ちを伝えたくなるでしょう。

他人に「何気ないこと」
を褒められた時

「◯◯さんって、言葉遣いちゃんとしてるよね」「お箸の持ち方綺麗だよね」「気が利くよね」──自分では無意識だったけれど、ふとした仕草や言動を友人や同僚、得意先からほめられた時。

「そう言えば、お母さんがいつもしつけてくれてたのは、私のためだったんだな、昔は『うるさいなぁ』としか思っていなかったのに・・・・・・」

仕事の「愚痴」を言って
後悔した時

仕事が忙しくて残業続き、上司にも怒られる。一生懸命がんばっても、時間だけがただ過ぎていってる気がする・・・飲み会の席で同期と愚痴って憂さ晴らししてみたけれど、残るのは空しさばかり。何だか余計にイヤな気分になって後悔。

「でも、そういえばお母さんの愚痴って聞いたことないなあ・・・きっと仕事と家事の両立で『自分の時間』なんてなかったはずなのに・・・」

なんてことない時に
心配して連絡をくれる時

親元を離れて暮らしていると、よくお母さんから電話が来る。「エアコンつけすぎてない?」「風邪ひいてない?」「ちゃんと食べてる?」そんなに心配しなくてもいいのに──たまにこちらから電話したときは私の声を聞いただけで、何があったのかお見通し・・・「悩んでるんでしょ?」「やけに嬉しそうじゃない」──

「一緒にいる時は気づかなかったけど、こんなに私のことを分かってくれて、気にしてくれる人なんてお母さんだけかも・・・」

久しぶりに
実家に帰った時

shutterstock_322658858+いいよ、って言ったのに駅まで迎えに来てくれて、家に戻れば私の大好きないろんな種類の料理が食卓を飾っている。部屋は綺麗に片付いていて、トイレもお風呂もピカピカ。

「今だからわかる。これらがどれだけ大変なことなのか。やっぱりお母さんってスゴイな・・・」

自分の「やりたいこと」が
できていると感じた時

大変なこともあるけれど、仕事も順調、プライベートも少しづつ充実してきた。ふと思うと、今やりたいことができている気がする。やっとここまでこれた。こうやってやりたいことができて、何よりも健康に毎日を過ごせているのはいつもあたたかく見守ってくれる人=お母さんがいたから。

「『あなたがいいと思ったことをやりなさい』『いつもあなたの味方だから』『失敗したっていいじゃない』『大丈夫、なんとかなる!』──お母さんの言葉に何回励まされたことか・・・」

ふとしたことで母への感謝の気持ちを感じる瞬間は、他にもまだまだたくさん。本当は、その時その時に気持ちを伝えたほうがいいのはわかってる。でもいざとなるとなんだか照れくさい・・・だからこそ、今年こそは「母の日」にこれまでの感謝を伝えてみませんか?

「母への感謝」を
伝えたいあなたへ

感謝の気持ちを形にして伝えたいけれど、本当に喜んでもらうためには何を贈ればいいんだろう?お母さんのことは何でも分かっているつもりだったけれど、いざとなると難しい・・・と悩んでいるあなたにオススメしたいのが『SK-II』母の日限定フルライン トライアルキットです。

SK-IIで1番人気の化粧水「フェイシャル トリートメント エッセンス」を中心に、フルラインでお試しできる魅力的なセット。しかも「SK-II」は4年連続で「贈られたいギフトNo.1*」にも選ばれています。きっとあなたの大切な人も喜んでくれるはず。
*消費者テスト1066人/2012年2月実施、消費者テスト1104人/2013年2月実施、消費者テスト728人/2014年11月実施、消費者テスト312人/2015年10月実施、および消費者テスト572人/2015年11月実施(マックス ファクター調べ)

160327_sk2_006btn_novarese_160325_03

大切な人の
「肌の運命」を変えよう

実は、冒頭で紹介した動画は運命を、変えよう。〜#changedestiny〜というキャンペーンを展開中の『SK-II』が制作したもの。美しい肌は明るく前向きな気持ちや自分への自信をもたらし、「運命を変える力」を与えてくれる。「SK-II」は、そう強く信じています。

「生まれつき綺麗な人にはかなわない」、「もう歳だから・・・」そう思い込んでいる人だって、じつは日頃のケアや環境次第でいつからでも肌の運命は変えられる。大切な人が「肌の運命を変える」一歩を踏み出すために、今年はクリアな素肌をプレゼントしてみませんか?

Sponsored by SK-II

先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
フォトグラファーのAnna Pawletaが撮影するのは、出産直前から小さな命が誕生する感動の瞬間。今の自分が、幸せに暮らしていられるのは、お母さんが分娩...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
最近、何かと話題の年下彼氏。頼りない? そんなことはありません。かわいくて一緒にいるとドキドキして、同い年や年上の男性よりも振り回されちゃう。恋を楽しむに...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
一生懸命生きていればいるほど、挫折して落ち込んでしまうこともあるもの。「Higher Perspective」 で紹介されていたのは、そんな時にこそ成長の...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...
屋根裏部屋で娘が見つけたのは、当時の政府に反対した写真家の母がのこした記録。
吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
わからないなりに、すこし考えてみました。