日焼け止めも、虫対策もこれ1本で。For famの「アウトドアUVミルク」がすごい・・・

海山川、いよいよアクティブにレジャーを楽しむ機会が増えて楽しみな季節ですね。しかしその一方で、強過ぎる紫外線や虫対策に頭を悩ませることに・・・

そんな人にこの夏オススメしたいのが、アメリカと日本で1位になり、ペアレンティングアワードも受賞し、雑誌にも掲載され話題のファミリーブランドFor fam(フォーファム)』『アウトドアUVミルク』

「アウトドアUVミルクって?」──気になったら以下をチェック!

アウトドアに手放せない
「1本3役」!

160415_forfam_003アウトドアUVミルクとは、簡単に言うと肌にやさしく、保湿ケアや虫除けまでできる日焼け止めのこと。つまり「1本3役」、その名が表す通りアウトドアでレジャーを楽しむにあたって欠かせない機能が詰まっています。ひとつずつ見ていきましょう。

01.
白浮きしない肌にやさしい
日焼け止めとして

 アウトドアUVミルクは、有機化合物で肌への負担が大きい紫外線吸収剤を使っていないのにUVA波、UVB波をしっかりブロック。SPF30、PA+++で、日焼け止めとして充分なパフォーマンスを発揮してくれます。白浮きしにくいので塗っている部分が目立たず、石けんで簡単に落とせるのに、汗や水にも強いのも特徴です。btn_bglen02

02.
天然由来で肌にやさしい
虫対策として

 虫刺されが原因の病気は怖いから虫対策は万全にしておきたいところ。でも日焼け止めを塗った肌に、さらに刺激の強い虫除けスプレーを吹きかけることに抵抗がある人にピッタリなのがFor famのアウトドアUVミルクです。化合物のディート*を一切使わず、ユーカリやレモングラス、グレープフルーツなど「虫が嫌う」100%天然由来の精油配合で虫を寄せ付けません。通常の虫除けに比べて格段に香りがいいのも嬉しいポイント!
*忌避剤(虫除け剤) btn_bglen04

03.
刺激が少ない肌にやさしい
保湿ケアとして

日焼け止めで紫外線を防いでも、日焼け止め自体の刺激で乾燥肌を悪化させては本末転倒です。その点、アウトドアUVミルクは5種類のセラミド配合で肌の水分を繋ぎ止めるので保湿性能が抜群。さらにヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、ヨーグルト液など肌にプラスな美容成分が贅沢に使われています。

赤ちゃんにも使える!
「肌へのやさしさ」への
こだわりがスゴい

その他にも注目すべきなのは、無香料、無着色、パラベンフリーなど、肌への優しさに対するこだわり。その優しさは、皮膚の薄さが大人の半分の赤ちゃんにも安心して使えるほど。そのこだわりのワケは、For famのブランドコンセプト、赤ちゃんから大人まで家族全員で使えるファミリーコスメ」にありました。

WHOでも子どもの紫外線対策の必要性を訴えているように、子ども時代の日焼けは皮膚がんのリスクを高めると言われています。For famは、子どもの紫外線対策を真剣に考えるとともに、赤ちゃんでも使えるほどの肌へのやさしさを追求しているのです。

また、For famのアウトドアUVミルクは育児に関する「ヒト」「モノ」「コト」を表彰するペアレンティングアワードを受賞*。

(出展:http://parentingaward.com/award_mono.html#M16)

btn_forfam_160414

だから
こんな人にピッタリ

160415_forfam_001だからこそ、For famアウトドアUVミルクは肌がデリケートな人を中心に、以下のような人にはピッタリ。

「赤ちゃんや子どもにもUVケアをしてあげたいけどどれが良いか分からない・・・」「肌が弱い、敏感肌で毎年日焼け止め選びに困っている・・・」「日焼け止めと虫除けは同時に塗りたくない・・・」「日焼け止めの白浮きが気になる・・・」「普段から肌にやさしい日焼け止めがないと感じている・・・」

紫外線対策も虫対策も厳重に行いたいこれからの季節に、手放せないアイテムになりそうですね! btn_bglen04

 

先月第2子を出産した
東尾理子さんが
イメージキャラクター

20160127_For fam19585タレントにも愛用者の多い『For fam(フォーファム)』。2月からイメージキャラクターとして起用されたプロゴルファーの東尾理子さんもその中の一人。

「赤ちゃんから大人まで家族皆で使えるということは低刺激でやさしいという証拠。」とお子さんと一緒に使えることにとても魅力を感じているそうです。

東尾理子さん以外にも山田優さん、小原正子さん、くわばたりえさんなどが愛用しています。こだわりの強いタレントさんの間でも話題になっている事からFor famの実力をうかがえますね。

btn_bglen02

Sponsored by For fam

日差しが強くなっていくこれから、手放せないのが日焼け止め。SPFが高くても、きちんと塗れていなければ、なかなか効果が得られませんよね。そこで役立つのが「S...
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
これさえあれば、もう焼き過ぎてシャワーで痛い目を見ることもないかも?健康的な日焼けを簡単手軽にサポートしてくれるウェアラブルデバイスが登場しました。つけて...
すでに強い紫外線が地上に降り注いでいる昨今。日焼け止め、どんな基準で選んでいますか?個人的な観点では、べたつかない、落ちにくい、そしてもちろん焼けない+重...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
虫に刺された後のかゆみを熱と振動で癒してしまうという魔法のようなデバイスが登場。スイッチを入れると、じんわり熱と振動が発生。あ、もちろん熱といってもデリケ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
紫外線が気になる季節に気をつけたいのが、日焼け止めを塗る順番。メイク前に日焼け止めを塗ると、人によっては白がグレーに出てしまったり白すぎたりという結果に。...